東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 タウンウォーキング

佐野 イメージ

佐野|ハイキング&ウォーキング

※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。

歴史の深さ、伝統の技に、ドキドキ、
名物に出会ったうれしさにカンパイ!

万葉集に、三毳山(みかもやま)が取り上げられていることからも分かるように、この地は古代から開拓されていましたが、歴史に名が登場するのは、延暦元年(782)、藤原藤成が、現在の城山公園に春日明神を祀ったことからです。その後、藤原秀郷の時代を経て、江戸時代には、日光例幣使街道の宿場町として栄えました。明治時代になると、織物の街として、市内には職工が多く住んでいたといいます。日本からの代表的輸出品であった織物の工場は、昼夜を問わず忙しく、職工たちの夜食店として、ラーメン屋が軒を連ねるようになりました。今では、青竹打ちで知られる麺と、澄んだスープが県外からも来る多くの観光客を魅了しています。

ウォーキング コースマップ

佐野コース

  • 01佐野市駅
  • 徒歩 15分
  • 02佐野市観光物産会館
    惣宗寺
  • 徒歩 35分
  • 03朝日森天満宮
  • 徒歩 15分
  • 04城山公園
  • 徒歩 45分
  • 05観音山公園
  • 徒歩 40分
  • 01佐野市駅
佐野 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成27年11月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

佐野厄除け大師の惣宗寺

佐野厄除け大師の惣宗寺

惣宗寺(そうしゅうじ)

佐野厄よけ大師の名で知られる関東三大師のひとつです。平将門を討伐したことで知られる藤原秀郷が天慶7年(944)に、今の城山公園の地に春日岡山惣宗寺を完成させたのが惣宗寺のはじまりです。その後、佐野信吉が佐野城を築城するに伴い、現在の地に移りました。厄よけの祈願者が多く訪れ、特に年始の頃は大賑わいとなります。
■拝観自由。TEL 0283-22-5229

星宮神社

星宮神社

朝日森天満宮(あさひもりてんまんぐう)

佐野市の守護神として、京都より天満宮を勧進し、佐野の天神様として信仰を集めています。

星宮神社(ほしのみやじんじゃ)

天明宿の総・氏子によって奉納された明神鳥居は天明鋳物師の製造で、近県には同形式の鳥居は数基のみで、当時の勢力範囲がうえがえます。また、盛大に行われる節分祭でも知られています。

城山公園の桜

城山公園の桜

城山公園(しろやまこうえん)

標高55mの平山城であった佐野城址にあります。佐野城は延暦元年(782)、藤原藤成が春日明神をここに祀ったのがはじまりです。その後、藤原秀郷が春日岡山惣宗寺をこの地に建立しました。以後、子孫の佐野氏がこの地方を700年の長きにわたり治めましたが、戦乱うち続く中、居城は唐沢山城に定められていました。しかし、慶長7年(1602)、徳川家康の山城禁止令により、佐野信吉がこの地に本格的に築城を開始しました。
慶弔12年(1607)、唐沢山城を廃してこの地に移りましたが、幕府の権力争いに巻き込まれたためとか、豊臣家に通じたためとかの諸説ありますが、慶長19年(1614)佐野氏は改易、信吉は信州に配流されました。そのため佐野城は築城後わずかで廃城となってしまい明治維新を迎えます。明治時代になって城跡は公園となり現在に至っています

万葉の里城山記念館

城山公園の中にあり、明治42年に佐野市の電話開設を記念して建てられた城山記念館が前身。その後、昭和63年からの佐野城発掘調査などの資料を展示するため、平成5年に現在の記念館に建替えられました。
■9:00~17:00。無料。月曜(祝日の場合翌日)、祝日、年末年始休館。TEL 0283-23-0728。

人丸神社(ひとまるじんじゃ)

境内には湧水がこんこんと湧き、夏には蓮の花が池いっぱいに咲きます。万葉の歌人柿本人麿が祀られ、社殿の天井には、天保時代の画家、田村安貞作の花鳥風月が見事な極彩色で描かれています。

佐野市観光物産会館

佐野市観光物産会館

佐野市観光物産会館(さのしかんこうぶっさんかいかん)

広い店内では、ラーメン、まんじゅう、味噌、地酒など、佐野市の名物すべてが手に入ります。この他にも佐野の観光パンフレット、観光検索システムなども備えられています。ぜひ立ち寄ってください。
■9:00~18:00。無休。TEL 0283-21-5111。

郷土博物館

郷土博物館

郷土博物館(きょうどはくぶつかん)

田中正造の遺品・資料や、古代の出土品から中世の天明鋳物、宿場町として栄えたその歴史を物語る文化財などを展示しています。
■9:00~17:00(入館は午後4時30分まで)。無料(企画展有料)。月曜、毎月末日、祝日の翌日、年末年始休館。TEL 0283-22-5111。

東石美術館

東石美術館

観音山公園(かんのんやまこうえん)

小高い丘の上に位置するあずま屋からは、城山公園のほか、佐野市全体が展望できます。

東石美術館(とうせきびじゅつかん)

横山大観や高村高雲などの美術品や、日本画、洋画、彫刻、中近東の磁器などを展示しています。
■10:00~17:00。700円。木曜・年末年始・展示替期間は休館。TEL 0283-23-8111。

かたくりの里

かたくりの里

かたくりの里(かたくりのさと)

三毳山の北部に位置する万葉自然公園「かたくりの里」は、全国でも有数の規模を誇るカタクリの群生地で、佐野市の天然記念物にも指定されています。3月下旬から薄紫色の可憐な花が山の斜面いっぱいに咲きます。地元の人が大切に育てています。マナーを守って楽しみましょう。

田中正造旧宅

田中正造旧宅

田中正造旧宅(たなかしょうぞうきゅうたく)

わが国初の国会議員の一人であり、生涯民衆のために闘い続けた田中正造。なかでも、足尾鉱毒問題を天皇に直訴した行動力は有名。1841年に生まれた生家は、現在も県指定史跡として保存されています。
■10:00~16:30。300円。月水金、祝日、お盆、年末年始休館。TEL 0283-24-5130

出流原弁天池湧水

出流原弁天池湧水

出流原弁天池湧水(いずるはらべんてんいけゆうすい)

市街地の北西約6kmの山腹に、朱色に塗られた舞台作りの弁天堂があり、弁天池の石灰岩の地層から湧き出る水は、日本名水百選に選ばれています。

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。
pagetop

佐野のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。佐野のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!