東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 タウンウォーキング

野田・清水公園 イメージ

野田・清水公園|ハイキング&ウォーキング

※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。

ほのかに醤油の香るこの街には豊かな歴史と文化が綴られています。

野田市は、千葉県の北西部に位置し、埼玉県・茨城県との県境にある田園都市。いくつもの河川に囲まれた肥沃な土地であったと推測され、縄文時代の遺跡として、清水貝塚・野田貝塚が市内に残されています。肥沃な土地で、農業を中心に発展してきた野田が大きく変化するのは江戸時代に入ってからです。1600年代の中頃に、江戸川が開かれると東回り航路を伝って運ばれてきた日本海、東北の物資が、銚子・関宿を通り江戸川を下って江戸の街へ運ばれるようになりました。関宿の対岸であった野田も同時に発展し、商業都市として発展を重ねていきました。そして、醤油。1500年代の中頃、野田在住の飯田市郎兵衛が大豆を原料とした醤油を発見、その後、醤油醸造が手工業化されると、良質の水を産し、大豆の集積、江戸への発送といった水運の利便の高さをもつ野田の町は、醤油の一大生産地となり、大きく発展を遂げていき、現在に至っています。

ウォーキング コースマップ

野田・清水公園コース

  • 01野田市駅
  • 徒歩 5分
  • 02もの知りしょうゆ館
  • 徒歩 15分
  • 03野田市郷土博物館
  • 徒歩 10分
  • 04須賀神社
  • 徒歩 25分
  • 05江戸川土手
  • 徒歩 45分
  • 06愛宕神社
  • 徒歩 30分
  • 07旧花野井家住宅
  • 徒歩 5分
  • 08金乗院・清水公園
  • 徒歩 10分
  • 09清水公園駅
野田・清水公園 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成27年9月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

野田の醤油発祥地の碑

野田の醤油発祥地の碑

もの知りしょうゆ館

もの知りしょうゆ館

キノエネ醤油

キノエネ醤油

野田の醤油発祥地の碑(のだのしょうゆはっしょうちのひ)

室町時代、永禄年間(1558~1569)に飯田市郎兵衛がこの地で醸造したといわれていますが、その飯田家亀屋蔵(工場)の跡に記念碑が立てられています。

キッコーマンもの知りしょうゆ館
(キッコーマンものしりしょうゆかん)

平成3年に完成し、醤油のできるまでの工程や資料、歴史などを、映像やパネルを使って解説しています。
■TEL 04-7123-5136。

キノエネ醤油(キノエネしょうゆ)

天保元年(1830)の創業といわれる醤油の街・野田を代表する醤油工場の一つ。静かなたたずまいのなか、黒板塀が続くロケーションは、まさに醸造の歴史を感じずにはいられません。

興風会館

興風会館

興風会館(こうふうかいかん)

昭和4年に竣工した社会教育事業の推進を目的とした野田のシンボル的な建物。建築様式は、ロマネスクを加味したルネッサンス風で、当時は、千葉県庁に次ぐ大建築物といわれていました。現在も、育英事業や義務教育の振興、社会教化事業の推進など、それぞれに大きな役割を果たしています。

野田市郷土博物館

野田市郷土博物館

野田市郷土博物館(のだしきょうどはくぶつかん)

市内から出土した土器や埴輪を整理・展示しているほか、醤油醸造に関する資料も充実し、醤油博物館ともよばれています。また、野口雨情や北原白秋らの作品も多く、野田の作曲家、山中直治の常設コーナーもあります。
■TEL 04-7124-6851。

キッコーマン御用蔵

キッコーマン御用蔵

キッコーマン御用蔵(キッコーマンごようくら)

宮内庁御用達を預かる御用蔵で、昭和14年に建築。日本城郭形式をとり入れた建築物で、醤油の城ともよばれています。ここで造られる醤油は、江戸時代からの伝統手法を継承した天然醸造・本醸造方式によって造られています。通常、蔵の中の見学はできません。以前は江戸川の湖畔にありましたが、現在は「もの知りしょうゆ館」隣りに移築されています。

愛宕神社

愛宕神社

愛宕神社(あたごじんじゃ)

野田の総鎮守で、創建は延長元年(923)と伝えられ、雷神を祀り、防火を司る迦具士命を祭神としています。現在の権現造り・木造銅版葺様式の社殿は、文政7年(1824)に再建されたものです。社殿彫刻は大変見事なものです。

旧花野井家住宅

旧花野井家住宅

旧花野井家住宅(きゅうはなのいけじゅうたく)

昭和46年に流山市から野田市へ移築されたもの。藁葺き屋根や外部板目、しし窓など、延宝年間(1673~1681)頃の民家といわれ、国の重要文化財に指定されています。また、入口にある薬医門は、市内の民家から移築されたもので、江戸の名工、左甚五郎一夜造りの門と伝えられています。

清水公園

清水公園

金乗院(こんじょういん)

清水公園内にある真言宗豊山派の寺で、正式には、慈光山能延寺金乗院といいます。京都醍醐寺の修行僧宥秀が、応永5 年頃に開山したと伝えられていますが、天明2年の大火で消失、その後再建されました。

清水公園(しみずこうえん)

明治27年、茂木柏衛翁が造営した庭園を町の人々に開放した民営の公園。約23万平方メートルの広大な園内は、桜の名所としても知られ、ツツジや菖蒲などの花々も咲き乱れます。また、フィールドアスレチックやポニー牧場、キャンプ場などの施設も充実、1年をとおして楽しめる公園です。
■施設利用の場合は有料。 04-7125-3030。

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。
pagetop

野田・清水公園のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。野田・清水公園のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!