東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 タウンウォーキング

足利 イメージ

足利|ハイキング&ウォーキング

※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。

落ち着いたたたずまいのそこここに、歴史と文化の香りがただよう街。

室町幕府を開いた足利氏の故郷、足利。足利氏はかの有名な八幡太郎源義家の第三子、源義國が天皇の怒りに触れ、この足利の地に蟄居したのがはじまりです。そして、義國の二男、義康が足利性を名乗り、7代後の足利尊氏が室町幕府を開きました。足利の街は、鎌倉時代より繁栄の礎が築かれ、室町時代になってからも足利学校などが開かれ殷賑を極めました。また、足利の街並みは関東の小京都ともよばれます。渡良瀬川に両崖山の山並みの組み合わせは、京都の賀茂川と東山三十六峰にまさによく似ています。この足利の街の七福神と、代表的寺社を巡るハイキングで、太平記の時代に想いを馳せてみませんか?

ウォーキング コースマップ

足利コース

  • 01足利市駅
  • 徒歩 45分
  • 02福巌寺
  • 徒歩 10分
  • 03足利公園
  • 徒歩 15分
  • 04常念寺
  • 徒歩 25分
  • 05西宮神社
  • 徒歩 10分
  • 06長林寺
  • 徒歩 25分
  • 07織姫神社
  • 徒歩 15分
  • 08織姫公園
  • 徒歩 20分
  • 09法楽寺
  • 徒歩 10分
  • 10明石弁天
  • 徒歩 10分
  • 11心通院
  • 徒歩 35分
  • 12鑁阿寺
  • 徒歩 10分
  • 13足利学校
  • 徒歩 3分
  • 14太平記館
  • 徒歩 20分
  • 01足利市駅
足利 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成27年9月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

織姫公園

織姫公園

織姫公園(おりひめこうえん)

眼下に足利の市街地と、ゆるやかに流れる渡良瀬川の清流を望む、標高60m~160mの丘陵地帯に造成された市内唯一の総合公園。広さ10.5ヘクタールの広大な園内には、自然を生かしたいろいろな施設も作られ、市民の憩の場となっています。

織姫神社

織姫神社

織姫神社(おりひめじんじゃ)

織物とともに栄え、織物とともに歩んできた足利。その足利の守り神として八千々姫命、天御鉾命を祀った神社。また、県立自然公園ハイキングコースの発着地点ともなっています。

福巌寺(ふくごんじ)

寿永元年(1182)藤姓足利忠綱が母の菩提と、父の供養のために創建したと伝えられています。源姓足利義兼の夫人が妊娠したとき、男子出生の祈願をしたことでも知られています。七福神は布袋尊を祀っています。

常念寺(じょうねんじ)

1143年に創建されましたが、時宗の宗祖一遍上人の法孫が遊行中、荒廃した寺の再建に尽くしたと伝えられています。七福神は毘沙門天。

西宮神社(にしのみやじんじゃ)

慶長8年(1603)、この地の代官、小林重郎左衛門が摂津国の西宮神社を勧請したのがはじまり。11月19日、20日の秋季例大祭の日には、約1kmの参道に多くの出店が軒を連ねます。七福神は恵比寿神を祀っています。

法楽寺

法楽寺

法楽寺(ほうらくじ)

建長元年、足利義氏によって草創された正義山法楽寺は、義氏公の法名「法楽寺殿正義大禅門」に因り、この寺名がつけられたものです。足利の伝説「片葉の葦」は、山門外にあった「阿弥陀ヶ池」にまつわるものといわれています。

明石弁天(あかしべんてん)

寛政5年(1793)の建立。この地に清泉が湧く池があったため、水にゆかりの深い神として祀ったといわれています。七福神は唯一の女神、弁財天を祀っています。

鑁阿寺

鑁阿寺

鑁阿寺(ばんなじ)

源姓足利氏2代目の義兼が、建久7年邸内に持仏堂を建て、守り本尊の大日如来を祀ったのがはじまりで、3代目義氏が堂塔伽藍を建立、足利一門の氏寺として栄えてきました。現在も、鎌倉時代の武家屋敷の面影をとどめ、数多くの歴史遺産が残されています。七福神は大黒天が祀られています。平成25年、本堂は国宝に指定されました。

太平記館(たいへいきかん)

NHK大河ドラマ「太平記」にゆかりの鎧・衣装や、セットのミニチュアなどが展示されているほか、足利市の観光みやげ品を一堂に集めた売店があります。

史跡、足利学校跡

史跡足利学校

足利学校(あしかががっこう)

かつて学校の東半分にあった小学校の移転に伴い、昭和56年度から進められていた足利学校保存整備事業として復元されました。メインは建物で、方丈、庫裡、書院の主屋と付属建物の土蔵、木小屋、裏門など。
■(4~9月)9:00~4:30、(10~3月)9:00~4:00。第3月曜日(祝日のとき翌日)、年末年始休館。大人420円。TEL 0284-41-2655。

善徳寺

善徳寺

善徳寺(ぜんとくじ)

足利氏8代目の直系、室町幕府初代将軍である足利尊氏を開祖、仏満禅師を開山として応安元年に創建された名刹。

長林寺(ちょうりんじ)

文安5年(1448)、足利長尾家の菩提寺として、初代景人が長雲寺として建立し、享徳2年(1453)に現在の寺名となりました。長尾氏は、戦国時代末期の小田原北条氏の滅亡とともに滅び、寺には長尾氏歴代の墓があります。七福神は福禄寿。

心通院(しんつういん)

永禄9年(1566)、足利長尾氏の5代目政長が両親の菩提を弔うため、長林寺の和尚を招き開山しました。七福神は寿老人を祀っています。

草雲美術館

草雲美術館

草雲美術館(そううんびじゅつかん)

足利が生んだ幕末の勤皇画家、田崎草雲の遺作・遺品が展示されています。
■9:00~16:00。毎月曜日(祝日のとき翌日)。大人210円。TEL 0284-21-3808。

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

要注意なポイントの案内や、コース制覇のアドバイスなど

足利タウンウォーキングコースの体験レポートを見る
pagetop

足利のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。足利のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!