東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

まち見聞記

県道を進み緑豊かな湖へ。山道を通って修験の地にある滝を観賞! イメージ

2015年9月 更新

外秩父山地が広がる毛呂山町(もろやままち)を歩く

県道を進み緑豊かな湖へ。
山道を通って修験の地にある滝を観賞!

鎌北湖・宿谷の滝・山根六角塔婆・新しき村美術館・まるや
埼玉県入間郡毛呂山町/最寄り駅:東武越生線東毛呂駅

埼玉県南西部の毛呂山町は地元産の小麦粉を使ったうどんや柚子の加工品などで知られる緑豊かな町。ハイキングに最適な山の上の湖や、子どもたちの楽しそうな声が聞こえることもある滝をめぐってみよう。ご当地グルメは「豚玉毛丼」(読めますか?)だ。

池袋駅から東武東上線急行に乗り、坂戸駅まで約45分。そこから東武越生線に乗り換え、約15分で東毛呂駅に着く。西に外秩父山地が広がり北は越生町となる、埼玉県南西部の入間郡毛呂山町だ。
今回は東毛呂駅を出発して、ぐるりと歩いて隣の武州長瀬駅までをハイキングしてみよう。

駅を出て大きな通りに出るとすぐに「JAいるま野毛呂山農産物直売所」が目に入る。毛呂山町産の野菜や県産小麦を使ったうどん、名産の柚子の加工品などさまざまな地産地消商品を販売している。
新鮮野菜などをお土産に買いたいところだが、これから歩くことを考えるとちょっと我慢したほうがいいかもしれない。あまり重くない柚子のお菓子くらいなら大丈夫かもしれない。

ここから、車の交通量が多い道から1本外れた道を南に歩く。車道ではあるが道の左右には田園が広がる。遠くに見えるのは大高取山だろうか。
30分弱歩くと、JR八高線の踏切が現れる。長瀬踏切と書いてある。この地点は電車が直進する場所で、一直線に伸びる線路が気持ちよい。

車が行き交う大きな道に出たらそれが埼玉県道30号線。さらに直進すると埼玉県道186号に出る。ここまで約2km。ゆっくり歩いて30分以上かかった。

東武越生線の東毛呂駅

東武越生線の東毛呂駅

「JAいるま野毛呂山農産物直売所」

「JAいるま野毛呂山農産物直売所」

まっすぐに伸びる線路。この写真ではわからないが、遠くの線路上に2羽の鷺らしき鳥が写っていた

まっすぐに伸びる線路。この写真ではわからないが、遠くの線路上に2羽の鷺らしき鳥が写っていた

かまきた直売所。定休日でした。でもハイキングに野菜は持って行けない

かまきた直売所。定休日でした。でもハイキングに野菜は持って行けない

深緑の鎌北湖

深緑の鎌北湖

へらぶな釣りをする人がけっこういた

へらぶな釣りをする人がけっこういた

宿谷の滝が近そうだ。ここまでゆっくり来て40分

宿谷の滝が近そうだ。ここまでゆっくり来て40分

四季で景観を変える人造湖
季節によってはボートや釣りも楽しめる

県道186号に出たら左折し、ひたすら道なりに歩く。
約1km進むと、「かまきた直売所」がある。1年を通じてさまざまな野菜や加工品が売られているのだが、この日はまさかの定休日。
しかし、駅の近くにあったJA同様、ハイキング中に重い野菜は買わないほうがいい。

この直売所で鎌北湖へ向かうか宿谷の滝へ向かうかの分かれ道がある。今回は鎌北湖方面へと進もう。
国道から続く車道を歩くのではなく、横に伸びる遊歩道を行く。登りが多めの登り下り道を歩き、徒歩でしか行けない道を進み、直売所から約2.3km。ようやく鎌北湖へと到着した。ひたすら歩いたとして、駅から約90分。ゆっくり歩けば2時間近く。

鎌北湖は農業用貯水池として1935年(昭和10年)に造られた人造湖で、周囲は約2kmというそれほど大きくない湖だ。桜、深緑、紅葉、雪景色と四季折々の景観が楽しめることで人気が高い。
スワンボートなどもあるが、水位によっては休業している場合もあるので要確認だ。
湖畔にクリーム色の建物がある。どうやら用水管理棟のようだ。湖と同時期に建てられたのだろうけど、その外観がなんともお洒落で目を引く。まさに昭和モダンの象徴といってもいいのではないだろうか。

鎌北湖レイクビューホステルから先へは進めない。その手前の売店などがある四季彩の丘公園から宿谷(しゅくや)の滝へと向かう山道入り口がある。
いきなりの登り階段。気分を奮い立たせて登ってみよう。途中でリタイアして楽な道へ、ということはできないので、ご注意を。

その後、またしても登り下りの階段道を進み、約40分。
宿谷の滝に到着した。

県立黒山自然公園の一部
宿谷の滝で心洗われる休憩

木々が真っ直ぐに天へと向かい、水が流れ、苔むす岩盤に囲まれた道を降りてくると、ヒンヤリした空気も相まって霊験あらたかなパワースポットのような気がしてくる。
パワースポットかどうかはわからないが、昔は確かに修験の場でもあったらしい。宿谷の滝のまわりの道を歩くときは、水の流れや足場を見て下を向きがちだが、ぜひ天を見上げてほしい。天は木々に阻まれて見えないところが多いが、その木が真っ直ぐに伸びているさまを目に焼き付けてほしいと思う。

宿谷の滝は別名「信太の滝」ともいわれる落差約12mという、滝としてはそれほど大きいわけではなく、水も大量に落ちているわけでもない。滝から落ちた水が大きな流れで下流に行くわけでもないので、夏場などは子どもたちが水に入って遊んでいることも多い。
子どもたちを見ていると、大人の強さを見せるために真下で滝に打たれてみようかという気になったが、もちろんやめておく。
そんなことをしてはいけませんよ。

それでも細く一直線に落ちる滝は、見ていると心が落ち着く。

宿谷の滝に到着! 見どころ写真も見てね

宿谷の滝に到着! 見どころ写真も見てね

修験の場というのもうなずける雰囲気

修験の場というのもうなずける雰囲気

山根六角塔婆への入口

山根六角塔婆への入口

毛呂山総合公園

毛呂山総合公園

「新しき村美術館」

「新しき村美術館」

武州長瀬駅でゴール

武州長瀬駅でゴール

山根六角塔婆から総合公園へ
新しき村へは市街地を進む長い道のり

川沿いの木道を歩いてトイレのある駐車場へ出た。そこからは車も通れる道だ。気をつけて歩こう。約1km進むと埼玉県指定文化財の山根六角塔婆がある。車道から少し入ったところにあるのだが、小さくて急な石段があるので足を踏み外したり滑ったりしないように気をつけよう。

山根六角塔婆は貞和2年に建立された6枚の板碑が組み合わされたもので、高さ1.15mのもの。各板碑には連座に乗った種子と経文、人名などが刻まれている。6枚の板碑のうち1枚がなくなってしまっているのが残念。
文化財の指定を受けた当時、このあたりは山根村だったのでこの名が付いている。

ここから毛呂山総合公園までは約1km。休日は広い芝生でお弁当を食べる家族なども多いようだ。イベントが行われることもある。
総合公園の先へ進むと、かまきた直売所へ出る。そこからは東毛呂駅から来た道とは違う東へ向かう道へ。

約4kmという、後半にしては長い距離を進むと、武者小路実篤が理想社会を目指して創設したという新しき村がある。農業を基盤としていて、直売所がある。美術館もあるので武者小路実篤を身近に感じながらひと休みするのもいいだろう。
ここからはゴールの武州長瀬駅を目指そう。

豚ロース+半熟玉子+柚子のご当地グルメ
「豚玉毛丼」の販売拡大を望む!

さて今回、ハイキングの燃料補給として期待していたのが、毛呂山町のご当地グルメとして町自体がプッシュしている「豚玉毛丼(ぶったまげどん)」だ。

町なかの決められた店で提供していて、どこのお店でも650円で、「味も同じ」(町役場の職員さん談)とのこと。
東毛呂駅からも近い「まるや」でいただいてからハイキングへ出発しようと定休日も調べておいた。
がしかし、なんとこの日は臨時休業!

それでもまだ店はある! と「豚玉毛丼」を出している店のリストを見つつ、町役場近くの「らーめんマルタツ」へ。テーブルに座って店内を見回すが、「豚玉毛丼」のメニューが見当たらない。ニコニコと愛想のいい店長さんらしき人が注文を取りに来たので聞いてみると、「ちょっとメニューからはずしているんですよ」とのこと。
なんたること。
どうやら半熟玉子を使うので夏場はやっていないようだ。
仕方なく目的地へと向かいつつ、途中で寄れそうな「さち弁当」というところに希望をつなぐ。
しかし店(?)に着いて愕然。「店」ではなかった。仕出し弁当屋だったのだ。
さすがにもうここで、「ぶったまげた」と言ってもいいですか?

「さち弁当」の従業員のお兄さんもとてもいい人で、「毛呂山食堂」まで送ってくれると言ってくれたのだが、その日は定休日なのだった。
仕方なく近くの30年ほどやっているお店でそれほど冷えていない冷やしたぬきうどんを食べて、その後の長い道のりを歩くことにした。

ゴールの武州長瀬駅近くにも店がある。しかし、「ふみ(割烹)」は「豚玉毛丼」が食べられるのは土日昼のみ。「夢一輪」はカラオケラウンジ、「オムニ」は韓国居酒屋でこのハイキング終わりの時間はやっていないようだった。「はながさ」にいたっては電話が通じなかった(使われておりません)。
「上海飯店」は昼15時から17時くらいまでは休憩時間。残念。

猫拾ブミの個人的見解だけど、もう少し提供する店を増やすか、食べられる時間を長くするか、パブや居酒屋以外の食事処で食べられるようにしたほうがいいと思う。ご当地グルメとしてきちんと提供している店に申し訳ないよ。

後日「まるや」でようやく「豚玉毛丼」をいただいた。
毛呂山町産の豚ロース肉を甘めのタレで食べる丼で、地元産の卵と柚子を乗せた完全地産地消グルメだ。豚肉は柔らかいし、柚子の皮が上品なアクセントになっている点が出色。黄身がほぼ生の半熟玉子を割ると、また味わいが変わりごはんも一段とおいしくいただける。

「まるや」さん、オススメいたします。
写真・文/猫拾 ブミ

「豚玉毛丼」。見どころ写真も見てね

「豚玉毛丼」。見どころ写真も見てね

東武東上線では100周年を記念してセイジクリームと呼ばれる懐かしの塗装による特別車両も運行している。(http://www.tj100th.jp/event/seiji/)

東武東上線では100周年を記念してセイジクリームと呼ばれる懐かしの塗装による特別車両も運行している。

見どころを写真で紹介

関連リンク

pagetop

森林公園駅のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。森林公園駅のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!