東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

ハイキング体験レポート

堂平山・笠山ハイキング

2016年6月 更新

峠を越え、外秩父の名峰を縦走する

堂平山・笠山ハイキング

埼玉県東秩父村、ときがわ町/最寄り駅:東武東上線小川町駅

小川町を流れる槻川の源流をつめて白石峠へ、そこからは尾根を伝って頂上の天文台が特徴的な堂平山、そして笠山神社で知られる笠山を越えて、「東秩父村 和紙の里」を目指そう

今回体験したコース

★★★☆

自然ハイキング

堂平山・笠山コース

コースマップ ナビ

使い方

  • 地図の移動:地図上でクリックしたまま動かす。
  • 案内を見る:数字のポイントをクリックすると、案内が表示されます。
堂平山・笠山コース 地図
  • 01
    白石車庫バス停より、これから目指す堂平山方面を望む

    白石車庫バス停より、これから目指す堂平山方面を望む

    ×
  • 02
    山旅の始まりは整然と植林された杉に囲まれた道

    山旅の始まりは整然と植林された杉に囲まれた道

    ×
  • 03
    途中で見つけた「埼玉県」と彫られた標石はびっしりと苔むしていた

    途中で見つけた「埼玉県」と彫られた標石はびっしりと苔むしていた

    ×
  • 04
    樹林帯の中、登山道の先に青空が見えてくれば、そこが白石峠

    樹林帯の中、登山道の先に青空が見えてくれば、そこが白石峠

    ×
  • 05
    白石峠には何本もの舗装路が延びてきていて、ちょっと驚く

    白石峠には何本もの舗装路が延びてきていて、ちょっと驚く

    ×
  • 06
    電波塔が建つ剣ヶ峰山頂は、塔の周囲をギリギリ歩くぶんしかスペースはない

    電波塔が建つ剣ヶ峰山頂は、塔の周囲をギリギリ歩くぶんしかスペースはない

    ×
  • 07
    堂平山北斜面にあるパラグライダーの離陸場。この日もテイクオフの準備をしている人がいた

    堂平山北斜面にあるパラグライダーの離陸場。この日もテイクオフの準備をしている人がいた

    ×
  • 08
    林道が抜けている笠山峠。横断して反対側の登山道へ入る

    林道が抜けている笠山峠。横断して反対側の登山道へ入る

    ×
  • 09
    笠山峠の反対側へ入るとすぐに登山道が分岐する。ここは下らずに直進

    笠山峠の反対側へ入るとすぐに登山道が分岐する。ここは下らずに直進

    ×
  • 10
    一度林道へ出るが、50メートルほど林道を進行方向に歩くと反対側に登山道入口がある

    一度林道へ出るが、50メートルほど林道を進行方向に歩くと反対側に登山道入口がある

    ×
  • 11
    笠山からの下りは滑りやすい赤土の道が多いので要注意

    笠山からの下りは滑りやすい赤土の道が多いので要注意

    ×
  • 12
    登山道は途中から杉の植林帯を下っていく

    登山道は途中から杉の植林帯を下っていく

    ×
  • 13
    何度か林道に飛び出すが、道路の反対側に登山道が続いている

    何度か林道に飛び出すが、道路の反対側に登山道が続いている

    ×
  • 14
    萩平の分岐。「T字路」ではなく「丁字(ちょうじ)路」と、本来の表記なのが好ましい

    萩平の分岐。「T字路」ではなく「丁字(ちょうじ)路」と、本来の表記なのが好ましい

    ×
  • 15
    萩平分岐からは車道歩きになる

    萩平分岐からは車道歩きになる

    ×
  • 16
    萩平にある分岐。指導標がしっかりしているので、間違えることはないだろう

    萩平にある分岐。指導標がしっかりしているので、間違えることはないだろう

    ×
  • 17
    バス通りとの合流地点。交通量が増えるので注意

    バス通りとの合流地点。交通量が増えるので注意

    ×
  • 18
    「東秩父村 和紙の里」。食事処や産直販売店もあり、バスの時間待ちにも最適だ

    「東秩父村 和紙の里」。食事処や産直販売店もあり、バスの時間待ちにも最適だ

    ×

小川町駅からバスで約30分。白石車庫行きバスの終点が本コースのスタートだ。バス停付近にはあずま屋やトイレもあるので、ここで準備はしっかりしておこう。バス停からは、槻川沿いに延びる舗装路を登っていく。途中いくつかの分岐もあるが、指導標に従って行けば問題はない。逆に指導標がない場所ではそのまま直進だ。

関連MAPポイント
白石車庫バス停より、これから目指す堂平山方面を望む
01

白石車庫バス停より、これから目指す堂平山方面を望む

山旅の始まりは整然と植林された杉に囲まれた道
02

山旅の始まりは整然と植林された杉に囲まれた道

白石車庫バス停から白石峠を目指す。周囲には山村の静かな風景が広がる

白石車庫バス停から白石峠を目指す。周囲には山村の静かな風景が広がる

登山道に入ってしばらくすると、道沿いは杉の植林帯から瑞々しい自然林に変わる

登山道に入ってしばらくすると、道沿いは杉の植林帯から瑞々しい自然林に変わる

やがて舗装路がコンクリートの簡易舗装に代わり、それもなくなるといよいよ本格的な登山道になる。当初、周囲は暗い植林帯だが、やがて木洩れ日の漏れる自然林が混じってくる。同時に少しずつ登りがきつくなってくるので、ここはじっくりと登ろう。登山道の先に青空が見えてくれば白石峠も近い。

関連MAPポイント
途中で見つけた「埼玉県」と彫られた標石はびっしりと苔むしていた
03

途中で見つけた「埼玉県」と彫られた標石はびっしりと苔むしていた

樹林帯の中、登山道の先に青空が見えてくれば、そこが白石峠
04

樹林帯の中、登山道の先に青空が見えてくれば、そこが白石峠

白石峠には何本もの舗装路が延びてきていて、ちょっと驚く
05

白石峠には何本もの舗装路が延びてきていて、ちょっと驚く

白石峠は東西南北から延びてきた車道の合流点にもなっており、ハイカーのみでなくサイクリストも多い。いきなり車道がたくさん現れてちょっと戸惑うが、ここからは峠の東側に入る登山道を行く。しばらく行くと林道を横切り、その対面に続く急な道を登れば剣ヶ峰の頂上だ。ここは本コースの最高峰であり、過去には展望地として知られていたのだが、現在は頂上に電波塔が建ち、人がいるスペースはほとんどなくなってしまった。

関連MAPポイント
電波塔が建つ剣ヶ峰山頂は、塔の周囲をギリギリ歩くぶんしかスペースはない
06

電波塔が建つ剣ヶ峰山頂は、塔の周囲をギリギリ歩くぶんしかスペースはない

ハイキング体験レポート本文 挿絵
天文台の丸い屋根が特徴的な堂平山の山頂。天気がよければ絶景が望める

天文台の丸い屋根が特徴的な堂平山の山頂。天気がよければ絶景が望める

剣ヶ峰から下ると先ほど横断した林道と合流、そのまま林道を少し歩くと、左に登山道が分岐するのでそちらへ進もう。この先、東大地震研究所の観測施設脇を抜けてしばらく歩くと、樹林を抜けた先にドーム状の建物が見えてくる。これが堂平天文台で、堂平山の頂上はそのすぐ手前だ。

堂平山の頂上は広々としたスペースでベンチもある。展望も抜群で、天気がよければ雲取山や武甲山といった奥多摩、秩父の山々はもちろん、浅間山や谷川連峰まで一望できる。ここではのんびり休憩していきたい。

樹間ごしに両神山の特徴的な山容がくっきりと見えた

樹間ごしに両神山の特徴的な山容がくっきりと見えた

東京方面に目を向けると、東京スカイツリーが高くそびえていた

東京方面に目を向けると、東京スカイツリーが高くそびえていた

ハイキング体験レポート本文 挿絵

堂平山の山頂からは、天文台の裏手に足を向けると笠山方面への登山道が続いている。左手にはパラグライダーの離陸場があるので、運がよければテイクオフの瞬間に立ち会えるかもしれない。ここから先はしばらく、石混じりの滑りやすい下り道が続く。スピードを出しすぎないよう慎重に歩こう。

関連MAPポイント
堂平山北斜面にあるパラグライダーの離陸場。この日もテイクオフの準備をしている人がいた
07

堂平山北斜面にあるパラグライダーの離陸場。この日もテイクオフの準備をしている人がいた

やがて着く笠山峠では、また林道を横断する。ガードレール脇の目立たない登山道の入口を入るとすぐに分岐があるが、左手の下り道はスタート地点である白石方面へのエスケープルートとして使える。なにかトラブルがあったらこの道を下山するのもよいが、ここではこのまままっすぐ進む。

関連MAPポイント
林道が抜けている笠山峠。横断して反対側の登山道へ入る
08

林道が抜けている笠山峠。横断して反対側の登山道へ入る

笠山峠の反対側へ入るとすぐに登山道が分岐する。ここは下らずに直進
09

笠山峠の反対側へ入るとすぐに登山道が分岐する。ここは下らずに直進

一度林道へ出るが、50メートルほど林道を進行方向に歩くと反対側に登山道入口がある
10

一度林道へ出るが、50メートルほど林道を進行方向に歩くと反対側に登山道入口がある

ハイキング体験レポート本文 挿絵
笠山西峰の頂上からは北側に展望が開けている

笠山西峰の頂上からは北側に展望が開けている

笠山西峰に建つ笠山神社。雨乞いに御利益のある神社として知られている

笠山西峰に建つ笠山神社。雨乞いに御利益のある神社として知られている

しばらくは笠山峠で交差した林道と併走するように登山道は進むが、しばらくするとまた林道と合流、そのまま50メートルほど林道を歩いたところで反対側に笠山への登山道が現れる。この先はしばらく急登が続くが、ここを越えれば笠山山頂はもうすぐだ。
山頂には山名標が立ち、北側の展望が開けているが、この山頂は別名・笠山西峰とも呼ばれ、実はそこから5分ほど歩いたところには笠山東峰があり、標高も実は東峰のほうが5メートルほど高い。東峰には笠山神社も建っているので、余裕があれば往復してみよう。

笠山山頂から萩平方面へは、自然林、植林と周囲の様子が次第に変化するなか下り基調の道が続く。一部、磨かれたようにツルツルの赤土の路面があり、そんなところはとても滑りやすい。とくに雨の翌日などは注意が必要だ。
下りでも何度か林道と交差して、その度に進むべき道を迷うことがあるが、よく観察すれば反対側に登山道が続くのがわかる。また、途中から「皆谷バス停へ」という指導標を見かけることが増えてくるので、これに従えば萩平へ至る。

関連MAPポイント
笠山からの下りは滑りやすい赤土の道が多いので要注意
11

笠山からの下りは滑りやすい赤土の道が多いので要注意

登山道は途中から杉の植林帯を下っていく
12

登山道は途中から杉の植林帯を下っていく

何度か林道に飛び出すが、道路の反対側に登山道が続いている
13

何度か林道に飛び出すが、道路の反対側に登山道が続いている

萩平の分岐。「T字路」ではなく「丁字(ちょうじ)路」と、本来の表記なのが好ましい
14

萩平の分岐。「T字路」ではなく「丁字(ちょうじ)路」と、本来の表記なのが好ましい

ハイキング体験レポート本文 挿絵
山間の集落である萩平には、ほっとするような里山の風景が広がっている

山間の集落である萩平には、ほっとするような里山の風景が広がっている

道路脇に湧く名水・観音水。水筒に詰めてかえるのもいいだろう

道路脇に湧く名水・観音水。水筒に詰めてかえるのもいいだろう

萩平の分岐からは沢沿いの舗装路を下っていく。ちなみにここから皆谷バス停方面に向かえば30分ほどで皆谷のバス停だ。これもエスケープルートとして利用可能。
萩平からはのどかな里山風景を抜け、御堂川沿いの車道を下っていこう。車道といっても車の交通量は少なく、快適な歩きを楽しめるが、後半になると道沿いに採石所などが現れ、そこだけは大型車が往来するので要注意。

関連MAPポイント
萩平分岐からは車道歩きになる
15

萩平分岐からは車道歩きになる

萩平にある分岐。指導標がしっかりしているので、間違えることはないだろう
16

萩平にある分岐。指導標がしっかりしているので、間違えることはないだろう

やがて路線バスの通る道と合流すれば、ゴールの「東秩父村 和紙の里」までは少しの距離だ。「東秩父村 和紙の里」では、近年、ユネスコの無形文化遺産に登録された細川紙の製品を購入できるだけでなく、手漉き体験もできる。また御食事処「すきふね」では手打ちの蕎麦、うどんも堪能できるので、山歩きでぺこぺこになったお腹をここで満たしてからバスに乗るのもよいアイデアだ。

関連MAPポイント
バス通りとの合流地点。交通量が増えるので注意
17

バス通りとの合流地点。交通量が増えるので注意

「東秩父村 和紙の里」。食事処や産直販売店もあり、バスの時間待ちにも最適だ
18

「東秩父村 和紙の里」。食事処や産直販売店もあり、バスの時間待ちにも最適だ

写真・文/佐藤 徹也

「東秩父村 和紙の里」内にある御食事処「すきふね」で手打ち蕎麦を満喫する

「東秩父村 和紙の里」内にある御食事処「すきふね」で手打ち蕎麦を満喫する

交通情報

最寄り駅の小川町駅までは池袋駅から東武東上線の快速利用で約1時間10分。スタート地点の白石車庫バス停までは、小川町駅からイーグルバスの白石車庫行きに乗って終点下車。約30分。ゴールの和紙の里バス停からは、同じくイーグルバスで小川町駅まで約17分。白石車庫行きのバスは土日の午前中は4本、平日は2本と少ないので注意。和紙の里から小川町までは1時間に1本程度。

交通情報イラスト

アドバイス

本コースは歩く人も多く、道もしっかり整備されている。途中で何度か林道を横断するときに、先の登山道を見つけるのに戸惑うこともあるが、指導標はしっかりしている。コース上に商店などはないので、食料などは小川町駅前のコンビニで調達していこう。トイレは白石バス停、堂平山、萩平の先にある常光寺、「東秩父村 和紙の里」にある。「東秩父村 和紙の里」は午前9時から午後4時まで営業。月曜日定休(月曜日が祝日の場合は翌火曜休)。TEL0493-82-1468。
2016年5月踏査。

アドバイスイラスト

コース地図の印刷や、移動時間の情報など

堂平山・笠山ハイキングコースの概要を見る
pagetop

森林公園駅のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。森林公園駅のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!