東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

ハイキング体験レポート

足利タウンウォーキング

2016年11月 更新

歴史的見どころも多い「北関東の小京都」

足利タウンウォーキング

栃木県足利市/最寄り駅:東武伊勢崎線足利市駅

室町幕府を開いた足利氏ゆかりの地にして、日本最古の学校といわれる足利学校を擁するこの歴史ある街を、足利七福神をたどりつつのんびりと歩いてみよう。

今回体験したコース

タウンウォーキング

足利|ハイキング&ウォーキング

タウンウォーキング コースマップ ナビ

使い方

  • 地図の移動:地図上でクリックしたまま動かす。
  • 案内を見る:数字のポイントをクリックすると、案内が表示されます。
足利|ハイキング&ウォーキング 地図
  • 01
    足利市駅北口を出たら、まずはこの橋を渡って市内中心部へ

    足利市駅北口を出たら、まずはこの橋を渡って市内中心部へ

    ×
  • 02
    JR両毛線の踏切を渡ったあとに出てくる交差点を左へ入る

    JR両毛線の踏切を渡ったあとに出てくる交差点を左へ入る

    ×
  • 03
    「福厳禅寺」の石標を右へ。元来はここから参道だったのかもしれない

    「福厳禅寺」の石標を右へ。元来はここから参道だったのかもしれない

    ×
  • 04
    福厳寺を出たら水路に沿った道を行く。右手はもう丘陵地帯だ

    福厳寺を出たら水路に沿った道を行く。右手はもう丘陵地帯だ

    ×
  • 05
    足利公園内の散歩道。サクラやツツジの名所でもある

    足利公園内の散歩道。サクラやツツジの名所でもある

    ×
  • 06
    車道から左折するこの細い道を入る

    車道から左折するこの細い道を入る

    ×
  • 07
    この信号を左へ。左手がグラウンドになっているのが目印

    この信号を左へ。左手がグラウンドになっているのが目印

    ×
  • 08
    一見、行き止まりのようにも見えるが大丈夫

    一見、行き止まりのようにも見えるが大丈夫

    ×
  • 09
    足利工高の塀沿いに右手へ細い道が抜けている

    足利工高の塀沿いに右手へ細い道が抜けている

    ×
  • 10
    左手が樹林、右手が住宅街になっているこの道に入る

    左手が樹林、右手が住宅街になっているこの道に入る

    ×
  • 11
    この歩道橋のすぐ左に織姫神社境内への階段がある

    この歩道橋のすぐ左に織姫神社境内への階段がある

    ×
  • 12
    織姫神社の裏手から続く観光道路。左側は織姫公園

    織姫神社の裏手から続く観光道路。左側は織姫公園

    ×
  • 13
    この丁字路まで下ってきたら左へ行く

    この丁字路まで下ってきたら左へ行く

    ×
  • 14
    「足利七福神 寿老人(心通院)」の指導標に従って細い道へ

    「足利七福神 寿老人(心通院)」の指導標に従って細い道へ

    ×
  • 15
    ひたすらまっすぐ続く大日北門通り

    ひたすらまっすぐ続く大日北門通り

    ×
  • 16
    鑁阿寺の参道には落ち着いた空気が流れていた

    鑁阿寺の参道には落ち着いた空気が流れていた

    ×
  • 17
    足利学校へは孔子像の立っている道を入る

    足利学校へは孔子像の立っている道を入る

    ×

東武伊勢崎線を足利市駅で降りて、北口方面に出て歩き始めよう。駅から少し歩くと目の前に大きな川が流れているが、これが渡良瀬川だ。森高千里のヒット曲『渡良瀬橋』はこの川にかかる橋で、これから渡る橋より一本上流側に位置している。

関連MAPポイント
足利市駅北口を出たら、まずはこの橋を渡って市内中心部へ
01

足利市駅北口を出たら、まずはこの橋を渡って市内中心部へ

ハイキング体験レポート本文 挿絵
足利公園の麓に佇む福厳寺

足利公園の麓に佇む福厳寺。ご本尊の釈迦如来は足利市の重要文化財

橋を渡ってJR両毛線の踏切を越えると、信号のある広い道路と交差するのでこれを左に入ろう。この通りにはコンビニなどもあるので、道中のおやつや飲み物などはこの付近で購入しておくとよいだろう。その後はしばらく商店などは見あたらない。
やがて「通7丁目」の交差点に出るのでそこを左へ入り、しばらく歩くと右手に「福厳禅寺」と彫られた立派な石標が出てくるので、そこを右に入れば突き当たりが福厳寺だ。ここは寿永元年(1182)に創建されたとされる臨済宗の寺院。足利七福神の布袋尊が祀られている。

関連MAPポイント
JR両毛線の踏切を渡ったあとに出てくる交差点を左へ入る
02

JR両毛線の踏切を渡ったあとに出てくる交差点を左へ入る

「福厳禅寺」の石標を右へ。元来はここから参道だったのかもしれない
03

「福厳禅寺」の石標を右へ。元来はここから参道だったのかもしれない

福厳寺を後にしたら、お寺のすぐ前を流れる水路沿いに延びる道を右へ行こう。ものの数分で緑に覆われた緩やかな坂道が右手に見えてくる。ここが足利公園の入口だ。足利公園は市の中心部から西よりの丘陵地帯につくられた公園で、10基の古墳があるほか、サクラやツツジの名所としても知られている。入ってすぐの左手奥には、幕末の画家・田崎草雲の代表的な絵画を収蔵している草雲美術館もある。
この公園を縦断するように渡り、再び車道に出るとすぐ左手にあるのが常念寺。康治2年(1143)創建のこちらのお寺の七福神は毘沙門天だ。

関連MAPポイント
福厳寺を出たら水路に沿った道を行く。右手はもう丘陵地帯だ
04

福厳寺を出たら水路に沿った道を行く。右手はもう丘陵地帯だ

足利公園内の散歩道。サクラやツツジの名所でもある
05

足利公園内の散歩道。サクラやツツジの名所でもある

足利公園

緩やかな丘陵地帯に広がる足利公園

足利公園

足利公園からは市の中心部が見渡せた

常念寺

常念寺。時宗の開祖である一遍上人の法孫が再興に尽くしたと伝えられている

ハイキング体験レポート本文 挿絵

常念寺からは少し車道沿いを歩き、細い路地を左手へ。そのまま道なりに右にカーブするように進むと信号がある交差点に出るので、ここを左に入る。

関連MAPポイント
車道から左折するこの細い道を入る
06

車道から左折するこの細い道を入る

この信号を左へ。左手がグラウンドになっているのが目印
07

この信号を左へ。左手がグラウンドになっているのが目印

この道は正面に見える足利工高にそのままぶつかっており、行き止まりなってしまうのではとちょっと不安になるが、校門のすぐ脇に右手へ抜ける細い砂利道があるので心配はない。

関連MAPポイント
一見、行き止まりのようにも見えるが大丈夫
08

一見、行き止まりのようにも見えるが大丈夫

足利工高の塀沿いに右手へ細い道が抜けている
09

足利工高の塀沿いに右手へ細い道が抜けている

ハイキング体験レポート本文 挿絵
西宮神社

階段を登った高台にある西宮神社

長林寺

国指定の重要文化財である狩野正信の「観瀑図」をはじめ、さまざまな文化財を所蔵する長林寺

その先の舗装路を左手に入ればすぐに西宮神社の階段が見えてくる。この神社は慶長8年(1603)、江戸幕府が開かれた年に創建されている。七福神は恵比寿神を祀っている。
西宮神社からは、先ほど入ってきた砂利道を右手にやりすごしながら下っていくと、今度は左手に入る道があるので、これをたどっていけば次のお寺・長林寺に至る。
長林寺は文安5年(1448)に創建されたもので、足利領主だった長尾景人の墓所がある。七福神は福禄寿。

関連MAPポイント
左手が樹林、右手が住宅街になっているこの道に入る
10

左手が樹林、右手が住宅街になっているこの道に入る

長林寺からは左手に蓮や睡蓮が浮かぶ池を眺めながら南へ下っていくと、やがて広い車道に出るので、ここを車道沿いに左へしばらく向かえば眼前に織姫歩道橋が見える。このすぐ横にある階段が織姫神社へのアプローチだ。
境内まで200段以上ある階段を、息を切らせながら登りきると、そこには立派な社殿が建っている。明治12年にここに遷宮された織姫神社は翌年火災で焼失。現在のものは、昭和12年に「足利織物」隆盛の願いを込めて再建されたものだそうだ。

関連MAPポイント
この歩道橋のすぐ左に織姫神社境内への階段がある
11

この歩道橋のすぐ左に織姫神社境内への階段がある

織姫神社境内への階段

織姫神社境内への階段。229段あるので運動不足の人は心して

織姫神社の社殿

背後の緑との美しいコントラストを見せる織姫神社の社殿

明石弁天

美人弁天とも呼ばれる明石弁天。参拝者には美人証明を発行してくれる

心通院

寿老人を祀る心通院。八角形をした本堂が興味深い

織姫神社からは裏手の織姫観光道路を下っていこう。周囲を緑に囲まれた気持ちのよい舗装路だが、ときおりクルマも通行するので注意。道なりに下っていくと右手には足利氏ゆかりの法楽寺がある。そこからさらに下って突き当たりを左へ。やがて左手に現れるのが寛政5年(1793)に建立された明石弁天だ。当時はこの地に清泉が湧いていたとされている。七福神はもちろん弁財天。
明石弁天からさらに道沿いを進み、途中で細い道を左折すると左手にあるのが心通院。永禄9年(1566)に創建されたこのお寺は、八角形をした本堂が特徴的だ。こちらには寿老人が祀られている。

関連MAPポイント
織姫神社の裏手から続く観光道路。左側は織姫公園
12

織姫神社の裏手から続く観光道路。左側は織姫公園

この丁字路まで下ってきたら左へ行く
13

この丁字路まで下ってきたら左へ行く

「足利七福神 寿老人(心通院)」の指導標に従って細い道へ
14

「足利七福神 寿老人(心通院)」の指導標に従って細い道へ

ここから先は一直線に伸びる大日北門通りを30分ほど歩いていけば、国宝にも指定されている鑁阿寺の北門に着く。鑁阿寺は建久7年(1196)に足利義兼が邸内に建てた持仏堂に大日如来を祀ったことが始まりとされ、本堂以外にも経堂や多宝塔など数多くの貴重な文化財を有している。足利七福神は大黒天だ。
境内を抜けて参道へ入ると、何軒か飲食店が軒を連ねている。今回はそんななか「ゆずかろ亭」に入ってみる。こちらは何種類もの料理を並べた、和食の膳もの料理のランチが豊富だ。注文した「石畳膳」にはにぎり寿司、天ぷら、小鉢、うどん、デザートなどがずらりと並び、見た目にも美しく、手軽に和食の魅力を満喫できるだろう。

関連MAPポイント
ひたすらまっすぐ続く大日北門通り
15

ひたすらまっすぐ続く大日北門通り

鑁阿寺の参道には落ち着いた空気が流れていた
16

鑁阿寺の参道には落ち着いた空気が流れていた

鑁阿寺の本堂

国宝に指定されている鑁阿寺の本堂。参拝者が絶えない

栃木県の文化財に指定されている多宝塔

栃木県の文化財に指定されている多宝塔。多宝塔としては最大規模

ゆずかろ亭でいただいた石畳膳

ゆずかろ亭でいただいた石畳膳。どれから手をつけようか迷ってしまう

足利学校の入場券

足利学校の入場券。「入学証」となっているのがおもしろい

復元された足利学校

復元された足利学校。往時には「学徒三千」を数えたという

食事を終えたら参道を抜け、車道を左に行くとすぐに足利学校の入口が現れる。足利学校は日本最古の学校として知られ、創建については諸説あるものの、室町時代に上杉憲実が再興させたころからの歴史が明らかになっている。天文18年(1549)には、フランシスコ・ザビエルにより「日本最大の学校」として世界にも報告されている。現在は平成2年に復元された方丈や庭園などから往時をしのぶことができる。

関連MAPポイント
足利学校へは孔子像の立っている道を入る
17

足利学校へは孔子像の立っている道を入る

足利学校からは、スタート時に渡った橋まで10分ほど。タイミングがよければ『渡良瀬橋』の歌詞通り、渡良瀬橋の向こうに沈む夕陽を眺めることができるだろう。 写真・文/佐藤 徹也

森高千里の曲で知られる渡良瀬橋

渡良瀬川の上流には、森高千里の曲で知られる渡良瀬橋が見えた

交通情報

スタート&ゴール地点となる足利市駅へは、東武伊勢崎線の特急「りょうもう」を利用すれば浅草駅から約1時間10分。北千住駅からなら約1時間。

交通情報イラスト

アドバイス

ほとんどが舗装された道とはいえ歩く距離は12キロほどあるので、足回りは歩きやすいものを選びたい。トイレは駅構内のほか、足利公園、織姫神社、鑁阿寺などにある。昼食をいただいたゆずかろ亭の営業時間はランチが11~15時、ディナーが17~21時。木曜日定休。TEL0284-42-3630。
2016年10月踏査。

アドバイスイラスト

コース地図の印刷や、移動時間の情報など

足利タウンウォーキングコースの概要を見る
pagetop

森林公園駅のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。森林公園駅のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!