東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 自然ハイキング

戦場ヶ原コース イメージ

戦場ヶ原コース

※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。

美しい湖や滝に心奪われながら、雄大な奥日光を気ままにトレッキング。

戦場ヶ原のネーミングは、神話の世界までさかのぼらなければなりません。昔、男体山の神と赤城山の神の間で、中禅寺湖がどちらに所属するか喧嘩になりました。両神は、ヘビ(男体山)とムカデ(赤城山)に姿を変え、戦場ヶ原で戦いましたが容易に決着がつきません。そこで、男体山が弓矢の名人に手助けを頼んで、赤城山を撃退したという伝説が名前の由来です。しかし、こんな恐ろしい神話とは無縁の大湿原が現在の戦場ヶ原です。湯川沿いの遊歩道はハイキングビギナーの入門コース。平坦もしくは緩い下りの道がハイカーの負担を和らげます。さらに、特筆すべきは高山植物の多いことでも知られ、特に、6月頃にワタスゲが一斉に咲き誇る様は、湿原に白い綿を散りばめたようです。
戦場ヶ原が主役なら、湯ノ湖・湯滝・小滝・竜頭の滝は名脇役。それぞれが大自然の素晴らしさを教えてくれます。奥日光のハイキングコースNo.1をぜひ味わってみてください。

ハイキング コースマップ

戦場ヶ原コース

  • 東武日光駅
  • バス 75分
  • 01湯元温泉バス停
  • 徒歩 40分
  • 02湯滝
  • 徒歩 20分
  • 03小滝
  • 徒歩 30分
  • 04泉門池
  • 徒歩 60分
  • 05石楠花橋
  • 徒歩 15分
  • 06竜頭の滝上
  • 徒歩 10分
  • 07竜頭の滝バス停
戦場ヶ原コース 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成27年11月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

湯ノ湖

湯ノ湖

湯ノ湖(ゆのこ)

三岳の噴火によってできた周囲3kmほどの小さい湖。湖底から湯が沸いているので、湯気が立ち上ってる日もあります。鱒釣りのメッカとしても知られ、解禁のシーズンには、ボートから、湖岸から、直接湖から、多くの釣り人が糸を垂れます。道中、自然Q&Aの問題看板がいくつも立っています。看板には解答が書いていないのですが、これは湯元ビジターセンターで正解を確認できる仕組みになっています。

湯滝

湯滝

湯滝

湯滝(ゆたき)

湯ノ湖の水が湯川となる流出口から、高さ約70mの大岩壁をまるで白いレースのカーテンのように流れ落ちるきれいな滝。滝壷近くの観瀑台から見上げれば清涼感満点。華厳の滝、竜頭の滝とはまた違った迫力を感じることでしょう。

小滝(こたき)

湯滝ほど有名ではありませんが、スダレ型とよばれる滝の美しさは格別。5mほどの落差ながら、多くのハイカーが足を止めて見入ります。

泉門池

泉門池

泉門池(いずみやどいけ)

木々に囲まれた中、水が湧き出る池。澄んだ水の中をマガモが泳ぎ、あたりの静寂さがこの風景を彩ります。

戦場ヶ原

戦場ヶ原

戦場ヶ原(せんじょうがはら)

もとは赤沼という湖でしたが、湿原となり、今は乾燥化が進み草原となりつつあります。標高1400mに位置し、ワタスゲやノアザミ、ノハナショウブなど高山植物の宝庫。野鳥の声を聞きながら、木道の自然研究路のトレッキングにおすすめです。

トウゴクミツバツツジ咲く竜頭ノ滝

トウゴクミツバツツジ咲く竜頭の滝

竜頭の滝(りゅうずのたき)

湯川が中禅寺湖に流れ込む手前、男体山の溶岩が造り出した傾斜地を滑り落ちる幅約10m、全長約210mの滝。くねくねした流れの様子が龍に似ていることからこの名がついたといわれています。滝に沿って遊歩道も整備されています。

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。
pagetop

戦場ヶ原のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。戦場ヶ原のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!