東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 自然ハイキング

大霧山・定峰峠コース イメージ

大霧山・定峰峠コース

※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。

山容が美しく、遠く浅間山も望める山頂、
のびやかな高原牧場、かつての秩父往還峠もとおるコース。

バス停から1時間30分ほど、ちょっとハードな登りが続きますが、そのご褒美は大霧山からの素晴らしい眺望です。奥秩父の山々が一望でき、晩秋など空気が澄んでいれば、遠く白い雪をかぶった浅間山まで望めます。そして、ちょっとロマンチックな牧歌的風景の中を歩き、尾根をたどり、バス停へと下ります。本格的なハイキングが楽しめるコースです。

ハイキング コースマップ

大霧山・定峰峠コース

  • 01小川町駅
  • バス 23分
  • 02橋場バス停
  • 徒歩 50分
  • 03粥新田峠
  • 徒歩 25分
  • 04大霧山山頂
  • 徒歩 30分
  • 05旧定峰峠
  • 徒歩 40分
  • 06定峰峠
  • 徒歩 35分
  • 07白石車庫バス停
  • バス 30分
  • 01小川町駅

経塚バス停へのエスケープルート

  •  
  • 06旧定峰峠
  • 徒歩 40分
  • 08経塚バス停
大霧山・定峰峠コース 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成28年3月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

大霧山山頂

大霧山山頂

粥新田峠(かゆにたとうげ)

秩父往還三峠の一つ。平安初期、後に徳川家康と同じ征夷大将軍となった坂上田村麻呂がまだ武将のころ、京から蝦夷(えぞ)を征伐しに行く途中、この峠でお粥を食べたことから、この名がついたと伝えられています。

大霧山(おおぎりやま)

比企の名山として知られ、整った山容を誇ります。標高は766.6mとそれほど高くありませんが、山頂からの眺めは抜群です。特に秩父方面が一望でき、特徴ある山容の両神山や、上越の山々が雄大に広がります。視界の良い秋からは浅間山も望めるビューポイントです。

白石キャンプ場付近

白石キャンプ場付近

旧定峰峠(きゅうさだみねとうげ)

東秩父村と秩父地方を結ぶ三つの峠越えルートの一つ。二本木峠、粥新田峠、そして車が通る新しい定峰峠ができたため“旧”がついてしまった旧定峰峠を“秩父往還三峠”といいます。左へ下れば東秩父村、右へ下れば秩父方面。往時は、人が、馬がこの峠を越えたことでしょう。

白石キャンプ村

小川町駅からバスで終点「白石車庫」から徒歩5分ほどの槻川沿いにある静かなキャンプ場。
■TEL 0493-82-0752/やまびこ

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。
pagetop

大霧山・定峰峠のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。大霧山・定峰峠のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!