東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 自然ハイキング

太平山コース イメージ

太平山コース

  • コースレベル3(晃石山コースはレベル4)レベル凡例
  • 下車駅:日光線新大平下駅
  • コース(大中寺コース=歩程約9km/約4時間)
    ※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。
    ※健脚の方は・・・
    ぐみの木峠~晃石(てるいし)神社~清水寺の大回りコースはいかがですか?
    ※できるだけ歩きたくない方に・・・
    栃木駅から国学院行きバス(約15分)で終点下車。あじさい坂から石段を登り、太平山神社へ行くコースはいかがですか?

“陸の松島”といわれる眺望 四季の風情を楽しみながらのハイク

県立公園にも指定されている太平山は、標高約340mの関東平野の切れ目に位置する小高い山です。標高自体たいしたことはありませんが、南がすべて関東平野であるためその眺望は抜群。
戦国時代、関東管領上杉氏を襲名した戦国武将上杉謙信も、その眺望の見事さに感嘆し、現在も、謙信平の地名が残されています。また、渡良瀬川・古利根川の合間に丘陵が見えることから、その眺望は“陸の松島”ともよばれました。また、太平山が人を魅了するのが花。特に桜は“日本桜の名所百選”にも選ばれ、“あじさい坂”のあじさいも有名です。そして太平山は味でも有名。玉子焼、焼き鳥、太平だんごは訪れる人が何度も求める逸品ばかりです。

ハイキング コースマップ

太平山コース

  • 01新大平下駅
  • 徒歩 30分
  • 02客人神社
  • 徒歩 45分
  • 03謙信平
  • 徒歩 20分
  • 04太平山神社
  • 徒歩 30分
  • 05ぐみの木峠
  • 徒歩 30分
  • 06大中寺
  • 徒歩 30分
  • 07ぶどう畑
  • 徒歩 40分
  • 01新大平下駅
太平山コース 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成27年12月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

“陸の松島”といわれる謙信平からの眺望

“陸の松島”といわれる謙信平からの眺望

太平山の桜

太平山の桜

謙信平(けんしんだいら)

関東管領職を継いだ長尾景虎(上杉謙信)は、永禄11年(1568)越後の国から関東平野に攻め込みました。しかし、名将の誉れ高かった北条氏康に前途を阻まれ和睦。そして、和睦後もそのまま自分が治めるはずだった関東平野の広さと、眺望の素晴らしさに様々な思いを持って謙信平に長留したと伝えられています。また栃木市出身の作家、山本雄三の作品「路傍の石」の中の一節「たったひとりしかない自分を、たった一度しかない一生を、ほんとうに生かさなかったら人間うまれてきたかいがないじゃないか」が碑に刻まれて建てられています。

太平山神社

太平山神社

太平山神社(おおひらさんじんじゃ)

天長4年(827)、慈覚大師により建立されたと伝えられる名社。徳川3代将軍家光以降、徳川家の庇護を受けてきました。

随神門

随神門

随神門(ずいしんもん)

表側に左・右大臣、裏側に仁王様を配した太平山神社の山門。仁王様と随神(左・右大臣)が、門の中で一体となった神仏混交の一例です。享保8年(1723)に建造され、また、天井の龍の絵は、時を経てぼんやりと見えますが、雲を起こし遊ぶ龍を描いた名作です。

大中寺

大中寺

大中寺(だいちゅうじ)

延徳元年(1489)、快庵妙慶禅師が曹洞宗の寺社として中興し、永禄11年(1568)には、狐渓和尚が上杉軍と北条軍の和議を斡旋し、ここ大中寺で和睦しました。

大平町郷土資料館

清水寺

大平歴史民俗資料館
(おおひられきしみんぞくしりょうかん)

原始時代から、平安時代までの資料や、後世七廻塚古墳の出土品などが展示されています。また隣接する郷土資料館では、江戸時代に庄屋を務めていた白石家の屋敷(長屋門・母屋、蔵、離れなど)が公開されています。
■9:00~17:00(10~2月は16:30まで)。月曜、祝日の翌日、年末年始休館。入館料100円。隣接の郷土資料館は別途100円。TEL 0282-43-8686。

ぶどう団地(ぶどうだんち)

清水寺を過ぎると、JR両毛線までの間の街道沿いに、観光ぶどう園が50軒以上店を並べています。6月から10月まで巨峰、ベリーエー、ピオーネなど、品種ごとにぶどう狩が楽しめます。

清水寺(せいすいじ)

4月下旬から5月上旬まではボタンの名所として有名な下野坂東26番札所。本尊は十一面千手観音で、高僧行基の作と伝えられています。

晃石神社

晃石神社

晃石神社(てるいしじんじゃ)

山頂付近にある石が輝(晃)いていた場所に、神社が建立された山岳信仰神社です。藤原秀郷が平将門征伐を祈念し、討伐成功したので、社を寄進された故事も伝わっています。

ハイキングコースから外れますが、有名です!

連祥院六角堂

連祥院六角堂

あじさい坂(あじさいさか)

1000段もの石段が続く太平山神社の表参道の両側に、6月中旬から7月にかけて、色とりどりのあじさいが咲き誇ります。あじさいを伝わる雨の音と、蛙の鳴き声などが、環境庁が選定する“日本の音風景100選”にも選ばれました。

連祥院六角堂(れんしょういんろっかくどう)

京都の六角堂に似ていることからこの名がつきました。慈覚大師が太平山創建の際、山城国国宝寺より、聖徳太子作と伝えられている虚空蔵尊がこの寺に運ばれました。

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。
pagetop

太平山のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。太平山のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!