東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 自然ハイキング

武蔵越生ウォーキングコース イメージ

武蔵越生ウォーキングコース

※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。

峠越え、尾根歩き、沢歩き、名瀑・・・と、山岳修行気分で歩く、
変化に富んだチャレンジコース、自然満喫の25km。

越生駅をスタートして大高取山へ。桂木観音を回り、一旦バス通りに下山します。そして、黒山エリアに入り、山岳修行者、役行者の像を訪ね、さらに、二つの峠を経て、名勝黒山三滝へと下ります。ここから駅まではバス通りを歩きますが、疲れを感じた方はバスの利用もOK。また黒山までバスで行き、そこから登るという手軽なコースもチョイス可能です。
《ご注意》コース途中に指導標がわかりにくい箇所もあります。最新の地図等をご持参してお出かけください。

ハイキング コースマップ

武蔵越生ウォーキングコース

  • 01越生駅
  • 徒歩 1時間20分
  • 02大高取山分岐
  • 徒歩 20分
  • 03桂木観音
  • 徒歩 50分
  • 04黒山三叉路
  • 徒歩 10分
  • 05坂尻
  • 徒歩 50分
  • 06役行者像
  • 徒歩 45分
  • 07傘杉峠
  • 徒歩 30分
  • 08花立松ノ峠
  • 徒歩 70分
  • 04黒山三叉路
  • 徒歩 120分
  • 01越生駅
武蔵越生ウォーキングコース 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成28年4月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

黒山三滝

黒山三滝

黒山三滝

男滝、女滝、天狗滝を黒山三滝といいます。古くは山岳仏教の修行者によって、霊場・道場として開かれたといわれています。今は埼玉県立黒山自然公園の中心地としてにぎわっています。

役行者像

役行者像

役行者像(えんのぎょうじゃぞう)

奈良時代の山岳修行者で修験道の祖と伝えられ、今なお厚い信仰をあつめる役行者。その像が鬱蒼とした大木の根元に鎮座しています。

越生自然休養村センター

「小杉」バス停の近くにあり、越生町の観光案内や特産品の販売を行っています。また、1月から3月にかけては、地元の主婦たちが打つ“ひもかわうどん”が大好評です。
■9時30分~16時30分。年末年始を除き無休。TEL049-292-3100

渋沢平九郎自決の地

渋沢平九郎自決の地

渋沢平九郎自決の地

上野の山で戦った彰義隊の一部は、振武軍を組織して飯能で官軍と戦い敗れます。その時の副将、渋沢平九郎は顔振峠を越えて黒山に逃れますが、官軍に発見され、ここの岩の上で自刃しました。そばにあるグミの木は「平九郎グミ」とよばれています。黒山バス停から5分ほどのところに碑が立っています。

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。
pagetop

武蔵越生のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。武蔵越生のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!