東武鉄道沿線ハイキング・ウォーキング・
トレッキング情報

東武線沿線 自然ハイキング

日光探勝コース イメージ

日光探勝コース

※歩く時間は目安です(休憩などは含みません)。

苔むした石畳の杉並木をたどれば、山岳宗教の聖地、日光がみえてくる。

東照宮、ニ荒山神社、輪王寺のいわゆるニ社一寺が有名な日光。ルーツは、天平神護2年(766)に勝道上人によって四本竜寺が開山されたことに端を発します。(輪王寺のはじまり)。
その後、勝道上人は延暦9年(790)に本宮神社を建立し、ニ荒山神社の礎が築かれました。1000年以上の歴史を持つ日光。山内とよばれる寺社仏閣の集う一帯は、平成11年にユネスコの世界遺産に登録されました。この日光山内をくまなく探訪するハイキングです。

ハイキング コースマップ

日光探勝コース

  • 01東武日光駅
  • 徒歩 30分
  • 02日光橋
  • 徒歩 25分
  • 03香車堂
  • 徒歩 30分
  • 04白糸の滝(子種石 往復10分)
  • 徒歩 10分
  • 05行者堂
  • 徒歩 10分
  • 06竜光院
  • 徒歩 10分
  • 07家光廟大猷院
  • 徒歩 15分
  • 08西参道バス停
日光探勝コース 印刷用コースマップイメージ
印刷用コースマップはこちら(PDF)

※本データは平成27年11月現在のものです。変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。

PDFファイルの閲覧・印刷のためには Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンにインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください(このソフトは無償で提供されています)。

コースのポイント

日光郷土センター

日光郷土センター

日光郷土センター(にっこうきょうどセンター)

日光の自然や歴史、文化などを紹介。日光市観光協会の事務局もあり、観光客への案内も行っています。時間に余裕のある方は、ぜひ立寄ってみてください。
■8:30~17:00。無休。TEL 0288-54-2496。

神橋

神橋

神橋(しんきょう)

大谷川にかかる幅6m、長さ28mの朱塗の橋。その昔、日光開山の祖、勝道上人が二荒山を目指していた折、急流に阻まれ渡れずにいたところ、深沙大王が現れ、2 匹の蛇を橋に変えて渡してくれたという伝説が残っています。

日光の名水

日光の名水

日光の名水(にっこうのめいすい)

日光総合支所入口にある“日光の名水”は、ハイキングで疲れた体を癒してくれます。東武日光駅前にもありますので試飲あれ、です。

板垣退助像(いたがきたいすけぞう)

土佐(高知県)の出身で、明治の自由民権運動で知られる板垣退助は、戊辰戦争のときに官軍を率い、日光を戦火から守ったことでも知られています。

世界遺産の碑

世界遺産の碑

世界遺産の碑(せかいいさんのひ)

日光橋を渡った正面、日光山内に立ち入る階段の登り口にあります。

本宮神社

本宮神社

本宮神社(ほんぐうじんじゃ)

日光山の中でも、特に古い歴史を感じさせる神社。二荒山神社の別宮で、延暦9年(790)の創建です。

天海大僧正像(てんかいだいそうじょうぞう)

徳川家康の知恵袋であり、秀忠、家光にも仕えた日光山中興の祖、天海大僧正の像です。

教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)

教旻僧都は日光開山の祖、勝道上人の弟子で、弘仁8年(817)に勝道上人の名跡を継ぎました。

観音堂(産の宮)

観音堂(産の宮)

観音堂(産の宮)(かんのんどう)

安産の護り神。将棋の香車の駒には、真っ直ぐに安産を願う気持ちが込められています。観音堂にある将棋の香車の駒を持ち帰って安産を願い、無事出産の暁には、持ち帰った駒より大きい駒をお供えするのが習わしです。

開山堂

開山堂

開山堂(かいざんどう)

勝道上人は、弘仁8年(817)に亡くなりました。火葬に付され、開山堂の裏に墓所があります。

神馬の碑(しんめのひ)

徳川家康が天下を取った関が原の戦いにおいて乗馬した馬がここに葬られています。

運試しの鳥居

運試しの鳥居

運試しの鳥居(うんだめしのとりい)

鳥居の真ん中にある丸い穴に向かって石を投げ、3回通ったら願いがかなうといわれています。

滝尾神社

滝尾神社

滝尾神社(たきのおじんじゃ)

弘仁11年(820)、弘法大師が、女峰山を拝して田心姫命を祀った社です。

空烟地蔵(くうえんじぞう)

30年の長きにわたって徳川幕府老中職にあり、徳川家光を補佐した名臣、阿部豊後守忠秋(法名:空烟)の墓所近くに建てられた地蔵。

小杉放菴記念日光美術館

小杉放菴記念日光美術館

小杉放菴記念日光美術館
(こすぎほうあんきねんにっこうびじゅつかん)

二荒山神社の神官として出生し、文展において、2回最高賞を受賞した画家小杉放菴の作品を中心とした日光市立の美術館。ミュージアムショップとカフェは入館料なしで利用できます。
■9:30~16:30。月曜休館(祝日のとき翌日)。大人720円。TEL 0288-50-1200。

歴史ロマンが息づくの日光山内

歴史ロマンが息づくの日光山内

日光山内(にっこうさんない)

世界遺産に認定された、東照宮、二荒山神社、輪王寺を二社一寺と総称し、この二社一寺がまばゆいばかりの人工美を放つ場所を、地元の人々は山内とよびます。

二社一寺(にしゃいちじ)

二社一寺は、「二社一寺共通拝観券」と、それぞれの「単独拝観券」があります。
二社一寺すべてを観るには共通拝観券がお得ですが、早足でも、すべてを巡るのに一日ぐらいはタップリかかりそう。もちろん、豪華絢爛かつ風格のある社殿や伽藍は、それだけの時間をかける価値は十分にあり。だけど、帰りの電車の時間が気になるときなど、どれかに絞って、他はまた次回・・・、というのも上手な旅の仕方でしょう。

東照宮(陽明門)

東照宮(陽明門)

三猿(見ざる、言わざる、聞かざる)

三猿(見ざる、言わざる、聞かざる)

眠猫(左甚五郎作)

眠猫(左甚五郎作)

東照宮(とうしょうぐう)

徳川幕府を開いた徳川家康に、死後、東照大権現の神号が贈られ、祀られているのはご存知のとおり。これを3代将軍徳川家光が、今のような豪華絢爛な建築物に建て替えたのも有名な話です。
今のお金に換算して約400億円を投入し、延べ500万人が携わった大工事は、狩野探幽、左甚五郎といった一流の職人の大作はもちろん、彫刻・彩色といった細部にわたって、それぞれ35工程もかける入念さによって、現在も、その輝きを失わず私たちを魅了し続けます。特に陽明門は、あまりの美しさに、陽の暮れるのも忘れてしまうほどということから、別名“日暮の門”とよばれています。
■TEL 0288-54-0560。

二荒山神社

二荒山神社

二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)

勝道上人が四本竜寺建立後、20年あまり経過した延暦9年(790)に、本宮神社を造営したのが二荒山神社のはじまりです。ここを本社に、中宮祠が中禅寺湖畔、奥宮が男体山の頂上にあります。
また、二荒山神社は江戸時代まで御神領70余郷といわれ、現在でも、男体山をはじめ、女峰山、赤薙山、太郎山、大真名子山、小真名子山、前白根山、奥白根山の山々すべてが境内になっています。その広さ3400ヘクタールにもおよび、日本の神社では、伊勢神宮についで2番目の広さを誇っています。
■TEL 0288-54-0535。

輪王寺(三仏堂)

輪王寺(三仏堂)

輪王寺(りんのうじ)

日光という未開の地を開いた勝道上人が、今から1200年以上も前の天平神護2年(766)、四本竜寺を建立したのが聖地としての日光のはじまりです。
輪王寺といっても「輪王寺」という建物はありません。三仏堂をはじめとする仏教に関するお寺やお堂などの建物をまとめて輪王寺とよびます。そのなかでも、山内最大の建造物である三仏堂に鎮座する三仏坐像は約8mの高さがあり、荘厳そのものです。
■TEL 0288-54-0531。

家光廟大猷院

家光廟大猷院

家光廟大猷院(いえみつびょうたいゆういん)

大猷院とは、徳川家3代将軍、徳川家光の法号のこと。家光は、祖父の徳川家康を深く尊敬し「死後も祖父にお仕えしたい」との遺言を残しました。
建物は東照宮を向き、東照宮の絢爛豪華さに比べ、控えめな造りとなっていますが、本殿・相の間・拝殿といった国宝、唐門・夜叉門などの重要文化財には、黒を基調に目立たない部分に技巧が凝らされていて、きらびやかな東照宮との関係は、まるで京都の金閣寺と銀閣寺のような好一対です。
■TELは輪王寺と同じ。

日光東照宮宝物館

日光東照宮宝物館

日光東照宮宝物館(にっこうとうしょうぐうほうもつかん)

開館は昭和43年。館内には、徳川家康の遺愛品をはじめ、朝廷からの寄進品、歴代将軍の奉納品、東照宮の祭礼に使用する用具などを収蔵。特に狩野探幽が家康の生涯を描いた東照宮縁起5巻、家康が関ヶ原の合戦に着用した南蛮胴具足などが見どころ。
■8:00~17:00(11~3月は~16:00)。無休。大人1000円。TEL 0288-54-2558

関連リンク

ご注意

  • ハイキングマップは、道路・地形等の変化により現状と異なる場合があります。お出かけの際は、万一に備えて、最新の地図等をご持参してお出かけください。
  • 記載されている地図のコース距離は、地形図上で測定したものです。歩く時間などは一応の目安にしてください。
  • 本文に記載のデータは、経年により変更されている場合もありますので、事前にご確認のうえ、お出かけください。
pagetop

日光のハイキング・ウォーキングは電車でハイキングでチェック!関東エリアのハイキングにピッタリなスポットを幅広くご紹介しています。駅からのハイキングコースや日帰りのウォーキングコース、印刷して使えるコースマップもご用意しています。日光のハイキング・ウォーキングの魅力を知って楽しい休日を!