春のお花見特集

両毛エリア

群馬県桐生市

彩り豊かなチューリップが楽しめる植物公園

我妻公園

敷地面積6.7ヘクタールの広大な公園で、周囲を山々に囲まれ、四季折々の花や野鳥がたくさん観賞できる名所として知られている。約1万株のチューリップが咲く4月中旬以降には「チューリップまつり」も開催され、先着で花の苗がもらえるイベントも行われる。約500本のソメイヨシノや、湿地に咲く花しょうぶも観賞できる。6月中旬には「花菖蒲まつり」も開催予定。

我妻公園

ここで見られる春の花
チューリップ(4月中~下旬)桜(4月上旬)花しょうぶ(6月上~中旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県桐生市宮本町3-10-1
  • TEL:0277-22-8636(吾妻公園管理事務所)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武桐生線新桐生駅からおりひめバス梅田線または新桐生駅~桐生女子高線で有鄰館前バス停下車、徒歩約17分

階段を上り切ると迎えてくれる、桜と眺望

水道山公園

吾妻公園に隣接する水道山一帯を整備した公園で、桐生市が一望できる展望スポットは花見時期の名所として広く知られている。春は山の斜面に約400本のソメイヨシノがいっせいに咲き誇り、圧巻の景観が楽しめる。ハイキングしながらの花見には最適の公園だ。市街地とは約100メートルの高低差があるため、眺望広場からは山の桜と市街が同時に見渡せて、夜景が楽しめるスポットとしても人気が高い。

水道山公園

ここで見られる春の花
ソメイヨシノ(4月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県桐生市宮本町2-14
  • TEL:0277-22-8636(吾妻公園管理事務所)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武桐生線新桐生駅からおりひめバス梅田線または新桐生駅~桐生女子高線で有鄰館前バス停下車、徒歩約20分

群馬県館林市

室町時代のツツジと宇宙のツツジ

つつじが岡公園

室町時代からツツジが群生していたといわれる、敷地面積約12万9000平方メートルの名園。館林のオリジナル品種を含む約50品種以上、約1万株のツツジが咲き乱れる。推定樹齢800年を超えるヤマツツジの大きな樹には誰もが圧倒される。スペースシャトルのコロンビア号に乗せられたツツジの種から育てられた「宇宙ツツジ」も見どころのひとつ。4月~5月に行われる「つつじまつり」は毎年20万人以上が訪れる。

つつじが岡公園

ここで見られる春の花
ツツジ(4月中旬~5月中旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県館林市花山町3278
  • TEL:0276-74-5233(つつじが岡公園総合管理事務所)
  • 入園料:大人310円または620円(開花状況により変動)
  • 開園時間:8~17時(つつじまつり時期)
  • アクセス:東武伊勢崎線館林駅からつつじ観光バス館林・板倉線でつつじが岡公園入口バス停下車、徒歩約4分

天然の要害、城沼のほとりに咲く花しょうぶ

館林花菖蒲園

1959年(昭和34年)に造園された、「つつじが岡第二公園」にある花しょうぶの公園。毎年6月初旬~下旬には約270種もの花しょうぶが咲き誇り、「花菖蒲まつり」が開催される。花笠と館林紬をまとった花摘み娘による花がら摘みや苗の販売、種のプレゼントなどが行われ、たくさんの来場者で賑わっている。日本的情緒あふれる花摘みの様子は外国人にも人気が高い。

館林花菖蒲園

ここで見られる春の花
花しょうぶ(6月上~下旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県館林市尾曳町8-1
  • TEL:0276-72-4111(館林市役所花のまち観光課)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武伊勢崎線館林駅からつつじ観光バス館林・板倉線で子ども科学館前バス停下車、徒歩約1分

シバザクラ、バラで春を目一杯感じよう

東武トレジャーガーデン

約8万平方メートルの広大な敷地に、年間約4000種、100万株の花が咲き乱れる花のガーデン。4~6月がハイシーズンで、計約40万株のシバザクラはピンクやブルーなどのカラフルなグラデーションが堪能できる。土産物や雑貨のショップや、ここならではの雰囲気がいいレストランなどの施設も充実している。「芝桜のガーデン」や「水辺のローズガーデン」など見どころが多い。

東武トレジャーガーデン

ここで見られる春の花
シバザクラ(4月上旬~5月上旬)バラ(5月中旬~6月下旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県館林市堀工町1050
  • TEL:0276-55-0750
  • 開園時間:9~17時(入園は16時30分まで。季節により変動)※4月2日~6月30日の開園期間中は無休
  • 入園料:大人600~1800円(開花状況により変動)
  • アクセス:東武伊勢崎線茂林寺前駅から徒歩約15分

415本のソメイヨシノと5000匹のこいのぼり

鶴生田川両岸

城沼との合流地点に近い鶴生田川の両岸、尾曳稲荷神社までの約4キロメートルを415本ものソメイヨシノがみごとに彩る。両岸を結ぶロープに掲揚される約5000匹のこいのぼりも圧巻。色とりどりの絵の具で描かれたような桜とこいのぼりの共演は撮影スポットとしても最適。満開の時期、3月下旬~4月上旬は市内4会場で「館林さくらまつり」を開催。期間中は桜並木のライトアップも予定している。

鶴生田川両岸

ここで見られる春の花
桜(3月下旬~4月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県館林市城町
  • TEL:0276-72-4111(館林市役所花のまち観光課)
  • アクセス:東武伊勢崎線館林駅からつつじ観光バス館林・板倉線で館林市役所前バス停下車、徒歩約5分

ページ上部へ

群馬県太田市

ジョギングコースや遊具も備えた総合公園

八王子山公園
(太田市北部運動公園)

新田義貞や新田一族に関する史跡が数多く残る群馬県太田市。八王子丘陵に広がる八王子山公園では、シバザクラの花畑が広がり、この時期は華やかな春の花々が次々に開花していく名所として知られている。この春に向けて園内の植栽変更が行われた。東エリアにはシバザクラやネモフィラ、西エリアにはアイスランドポピーが丘陵地一帯を鮮やかに彩る。2016年4月7日から5月5日は「おおた八王子山公園芝桜・ポピーまつり」を開催予定。

八王子山公園(太田市北部運動公園)

ここで見られる春の花
シバザクラ(4月上~下旬)ネモフィラ4月中旬~5月上旬)ポピー(4月中旬~5月中旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県太田市上強戸町2079-3
  • TEL:0276-37-3434(八王子山公園管理事務所)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武桐生線治良門橋駅から徒歩約30分

約3500株のボタンが名刹を彩る

大慶寺

“ボタン寺”の愛称でも親しまれている古刹。室町時代に創建された真言宗の寺で、境内を赤や白、紫の花が彩っている。全体では北関東随一の約3500株ものボタンが観賞できる。また、新田義重の娘が出家して創建したと伝えられている「ふれあいぼたん園」も人気が高く、赤い花の「太陽」など約150品種が楽しめる。2016年4月下旬から5月上旬には「ぼたん祭り」が開催される。

大慶寺

ここで見られる春の花
ボタン(4月下旬~5月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県太田市新田大根町1000
  • TEL:0276-57-1077
  • 開園時間:9~17時 無休
  • 入園料:浄財300円(ぼたん祭り期間のみ)
  • アクセス:東武伊勢崎線・桐生線太田駅からシティライナーおおた新田線で新田暁高校下車すぐ(土日曜祝日は運休。または伊勢崎駅からいせさきしコミュニティバスあおぞら東西シャトルバスで新田暁高校バス停下車すぐ)

ページ上部へ

群馬県桐生市・みどり市

ダイナミックな渓谷美と春の花を同時に観賞

わたらせ渓谷鐵道沿線

東武桐生線相老駅に接続しているわたらせ渓谷鐵道は、その名の通り南北を流れる渡良瀬川の渓谷に沿って運行しているローカル列車。乗っているだけでさまざまな植物を観賞できるのだが、特におすすめなのが神戸駅周辺のハナモモ。花のトンネルをくぐっているようなロマンチックな景色には、誰もが見とれてしまう。開花期間には約300本のハナモモが満開になる。2016年4月9、10日は「神戸駅花桃まつり」を開催。

わたらせ渓谷鐵道沿線

ここで見られる春の花
ハナモモ(4月上~中旬)、桜(4月上~中旬)

スポット基本情報

  • TEL:0277-73-2110(わたらせ渓谷鐵道株式会社)

ページ上部へ

群馬県みどり市

市の天然記念物指定、カタクリの群生

岩宿の里

1946年(昭和21年)に発見された「岩宿遺跡」の一帯を整備して造られたのが「岩宿の里」。稲荷山の北斜面、約2万4000平方メートルの敷地に約8万株のカタクリが群生しており、市の天然記念物にも指定されている。2016年3月26日~4月3日には「カタクリさくらまつり」が開催され、写真展などのイベントも行われる。薄紫色のカタクリのほか、アズマイチゲやヒトリシズカなども楽しめる。

岩宿の里

ここで見られる春の花
カタクリ(3月下旬~4月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県みどり市笠懸町阿左美
  • TEL:0277-76-1270(みどり市産業観光部観光課)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武桐生線相老駅から徒歩約30分

ページ上部へ

栃木県足利市

大藤棚がシンボルの花のテーマパーク

あしかがフラワーパーク

樹齢150年以上の大藤棚は600畳もの広さがあり、真下に立つと美しい異世界へ誘われたような感覚に陥る。うす紅、紫、白、黄の藤が順次開花して、ひと月以上も楽しめる。白藤は栃木県の天然記念物に指定。アメリカCNNで「2014年世界の夢の旅行先10カ所」に選ばれたため、海外での知名度も上がった。2016年4月16日~5月22日には「ふじのはな物語~大藤まつり~」が開催される。4月23日~5月15日にはライトアップも予定している。約80メートルのきばな藤のトンネルや、約5000株のツツジも見どころ。

あしかがフラワーパーク

ここで見られる春の花
藤(大藤)(4月下旬~5月下旬)

スポット基本情報

  • 住所:栃木県足利市迫間町607
  • TEL:0284-91-4939
  • 入園料:大人900~1700円
  • 開園時間:7~18時(ライトアップ期間は~21時)無休
  • アクセス:「ふじのはな物語」期間は東武伊勢崎線足利市駅から毎日シャトルバスを運行(1・2月を除く土日曜祝日も運行)※期間・時間・料金は開花状況により変動。要問い合わせ

関東平野一望&ウォーキングでツツジ鑑賞

織姫公園

織姫山一帯を整備した公園で、足利市から関東平野までを一望できる展望台も気持ちがいい。山の斜面には約5000株のツツジが花開く。南側に約330本のソメイヨシノが咲く「さくらの園」、赤やピンクのツツジが乱れ咲く「つつじの園」が広がり、散策路をウォーキングしながらの鑑賞が楽しめる。主な品種はヤマツツジ、クルメツツジなど。

織姫公園

ここで見られる春の花
ツツジ(4月中旬~5月中旬)

スポット基本情報

  • 住所:栃木県足利市西宮町
  • TEL:0284-43-3000(足利市観光協会)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武伊勢崎線足利市駅から生活路線バス小俣線、松田線、名草線で通五丁目バス停下車、徒歩約10分

ページ上部へ

栃木県佐野市

遊歩道から眺めるカタクリの群生

万葉自然公園かたくりの里

三毳山(みかもやま)の麓に広がる公園で、入り口から20分ほど登ると約1万5000平方メートルもの広大な北斜面の敷地に群生する150万株のカタクリを見ることができる。この規模は全国でも有数で、2016年3月中~下旬には園内で「かたくりの花まつり」が開催される。

万葉自然公園かたくりの里

ここで見られる春の花
カタクリ(3月中~下旬)

スポット基本情報

  • 住所:栃木県佐野市町谷町112-1
  • TEL:0283-21-5111(佐野市観光協会)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武佐野線佐野駅から徒歩約60分

県立自然公園で楽しめるツツジの群生

唐沢山

唐沢山周辺に築かれた唐沢山城は、戦国時代屈指の山城として名高く、関東七名城跡としても知られている。現在は県立自然公園として整備されており、南の「つつじが丘」では自然のままのヤマツツジの群生が見られる。本丸跡に建つ「唐澤山神社」境内からの眺望も楽しもう。城跡の石垣を覆うように華やかなツツジが咲き誇っている。

唐沢山

ここで見られる春の花
ツツジ(4月下旬)

スポット基本情報

  • 住所:栃木県佐野市富士町
  • TEL:0283-21-5111(佐野市観光協会)
  • アクセス:東武佐野線田沼駅から徒歩約30分

ページ上部へ

群馬県伊勢崎市

子どもも楽しめる観覧車がある花の公園

華蔵寺公園

敷地の中央に入園無料の遊園地があり、高さ65メートルの大観覧車「ひまわり」からは園内が一望できる。観覧車乗車料金は280円。約1000本のソメイヨシノや、ヤマツツジ、キリシマツツジなど約5000株のツツジが順次開花していくフラワースポットで、2016年4月1日~5月20日は「華蔵寺公園花まつり」が開催される。

華蔵寺公園

ここで見られる春の花
桜(3月下旬~4月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県伊勢崎市華蔵寺町1
  • TEL:0270-24-5111(伊勢崎市文化観光課)
  • 入園料:無料
  • アクセス:東武伊勢崎線伊勢崎駅からいせさきしコミュニティバスあおぞら赤堀シャトルバスで、華蔵寺公園東バス停下車すぐ

国指定史跡「女堀」を彩る花しょうぶ

赤堀花しょうぶ園

12世紀の中ごろに掘られた史跡「女掘」の保護の一環として、約500メートルにわたり、約2万4000株の花しょうぶを植栽。紫や白の上品な姿はしっとりした雨の日によく映える。2016年6月中旬の2日間に行われる「赤堀花しょうぶ園まつり」では花しょうぶの苗木無料配布ほか、さまざまなイベントが行われる。

赤堀花しょうぶ園

ここで見られる春の花
花しょうぶ(6月上~下旬)

スポット基本情報

  • 住所:群馬県伊勢崎市下触町213 ほか
  • TEL:0270-62-1151(伊勢崎市赤堀経済振興室)
  • 入園料:無料
  • アクセス:伊勢崎線伊勢崎駅からいせさきしコミュニティバスあおぞら波志江・赤堀・あずま連絡バスで、県立リハビリセンターバス停下車、徒歩約5分

ページ上部へ

東京下町エリア

東京都墨田区

1805年(文化2年)に建てられた歴史ある庭園

向島百花園

1939年(昭和14年)に東京都の公営公園となり、1978年(昭和53年)に文化財保護法によって国の史跡および名勝に指定された。庶民的な趣きを残す庭園として親しまれ、春になると「梅まつり」を皮切りにソメイヨシノ、フジなど、さまざまな花が咲き誇る。園内には文人墨客たちの史跡や松尾芭蕉の句碑などもあり、花々の観賞と同時に深い歴史にも触れられる。

向島百花園

ここで見られる春の花
ソメイヨシノ(4月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:東京都墨田区向島3丁目
  • TEL:03-3611-8705(向島百花園サービスセンター)
  • 開演時間:9~17時(入園は16時30分まで)
  • 入園料:150円(65歳以上は70円/小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料)、みどりの日と都民の日は無料
  • アクセス:東武スカイツリーライン東向島駅から徒歩約8分

ページ上部へ

会津エリア

福島県会津若松市

日本の桜100選にも選ばれた鶴ヶ城の桜

鶴ヶ城趾公園

1965年(昭和40年)に復元工事によって甦り、2011年(平成23年)には解体以前と同様の赤瓦の屋根も再現された。清々しい青空に5層の白壁と赤い瓦が映える春、約1000本のソメイヨシノを中心に、エドヒガン、シダレザクラ、ヤマザクラなどが咲き誇る。夜のライトアップでは夜空に浮かび上がった桜と天守閣が幻想的な雰囲気を醸し出してくれる。

鶴ヶ城趾公園

ここで見られる春の花
ソメイヨシノ、シダレザクラ(5月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:福島県会津若松市追手町1-1
  • TEL:0242-27-4005(会津若松市観光公社)
  • 鶴ヶ城天守閣開城時間:8時30分~17時(入城締め切りは16時30分)
  • 入城料:大人410円 小人150円
  • アクセス:東武鉄道経由会津鉄道会津線会津若松駅からまちなか周遊バスハイカラさんで鶴ヶ城入口バス停下車、徒歩約5分

ページ上部へ

東上線 東松山

埼玉県東松山市

賑やかに開催される「ぼたんまつり」へ行こう

東松山ぼたん園

歴史ある箭弓(やきゅう)稲荷神社から一部のボタンを移植して開園。約3万平方メートルに9100株、350種以上のボタンが咲き、開花時期には多くの来園客が観賞に訪れる関東有数のボタン園として知られている。4月23日からは「ぼたんまつり」が開催され、東屋などでは太鼓や踊りの演舞が行われる。ボタン以外にもツツジやシャクヤク、ハナミズキなども植栽されている。

東松山ぼたん園

ここで見られる春の花
ボタン(4月下旬~5月上旬)

スポット基本情報

  • 住所:埼玉県東松山市大字大谷1148-1
  • TEL:0493-23-3344(東松山観光協会)
  • 開園時間:8時30分~17時30分
  • 入園料:大人500円 小人100円(開花期間の「ぼたんまつり」のみ有料)
  • アクセス:東武東上線東松山駅下車。開花状況に合わせて東松山駅西口より臨時バスあり。所要時間約15分。片道100円

ページ上部へ

日光エリア

栃木県日光市

標高1400メートルの湿原で植物観賞

戦場ヶ原

日光国立公園内にある標高約1400メートルに広がる湿原。約400ヘクタールの敷地で森林、湿原などさまざまな景観が楽しめる。赤沼から湯滝までの約5キロメートルには木道が整備されている。標高が高いため5月でも雪が残るが、多種多彩な植物が見られる。おすすめは6月中旬ころからで、ワタスゲやホザキシモツケなどさまざまな草花が観賞できる。

戦場ヶ原

ここで見られる春の花
ワタスゲ、ホザキシモツケ(6月中旬~)

スポット基本情報

  • 住所:栃木県日光市中宮祠戦場ヶ原
  • TEL:0288-54-2496(日光観光協会)
  • アクセス:東武日光線東武日光駅から湯元温泉行きバスで約60分、三本松バス停下車徒歩約1分

ページ上部へ

春の花 見ごろカレンダー

4タイプで見る!お花見と日帰りの旅

学校の友達と、仲良し女子と、ハイキング仲間としっぽり一人旅など。
花を楽しむそれぞれの旅レポートをご覧ください。

  • 学生の場合

    学校の仲よしメンバーで
    休日も遊びたい!

    大学生の男女6人グループは学校帰りにも行動をともにする仲よし。いつもは居酒屋やファミレスで話し込むことが多いが、今回は休日に日帰り花見旅を計画。群馬県の桜の名所と世界のグルメが堪能できるイベントへと出かけることにした。

    詳しく見る

    学生の場合

  • 女子旅の場合

    傷心の友だちを
    お花で元気づけたい!

    職種は違うが付き合いが長いふたり。仕事帰りにお酒を飲んで時間も忘れるくらい話し込む元気な女子だが、ひとりが失恋したばかりで最近元気がない。そんな友だちを気遣って、綺麗な花を観賞しておいしいものを食べる群馬県館林市の女子力アップ旅を計画。

    詳しく見る

    女子旅の場合

  • ハイカーの場合

    10歳の息子に自然の美しさと雄大さを知ってほしい

    スマホなどのネットゲームばかりしている息子とハイキング好きなお父さん。息子は最近ゲームにも飽きてきている様子。小さな画面のなかだけでなく、現実世界の雄大さ、美しさを知ってもらいたいと奥日光へと出発。自然のなかのウォーキングを楽しむ。

    詳しく見る

    ハイカーの場合

  • 熟年男性の場合

    やきとりでほろ酔い、
    桜にフォーカス

    なにかとこだわりが強い団塊の世代の男性。夫婦仲はいいが、今回は妻を置いてひとりで埼玉県東松山市へ。妻と一緒では来づらいやきとり屋でおいしいお酒を飲んで、夜桜見物へ。趣味のカメラを携えて撮影の腕の見せ所。夜桜写真とおいしいものを妻へのお土産に。

    詳しく見る

    熟年男性の場合

ページ上部へ