日光・鬼怒川・会津の温泉行くなら東武鉄道 露天風呂や貸切風呂から温泉の効能、観光情報満載

赤城温泉ホテル~赤城温泉~
赤城温泉郷のおすすめ温泉施設情報を掲載。

温泉特集ページ「東武鉄道で行く、赤城温泉郷の旅」はこちら
1700年創業、100%源泉かけ流し
女性内湯

女性内湯

女性露天風呂

女性露天風呂

老舗ホテルは正真正銘の源泉かけ流し

1700年(元禄13年)、「あづまや」として創業。薬湯としてさまざまな人の病気や傷を癒してきた。
現在も当時と変わらず、加水加温をしない完全源泉100%のかけ流しの温泉が堪能できる。

赤城温泉の泉質はカルシウム・マグネシウム・ナトリウムに加え、炭酸水素塩温泉で、透明の源泉が空気に触れると濁りを生じ、湯船にたくさんの湯の花が浮かぶ。
またそのカルシウム成分によって、床や浴槽は茶褐色に固まり、湯の花による不思議な造形物を生み出している。

ゆっくり時間をかけて浸かると芯から温まる

温泉は内湯と露天風呂が男女各1カ所。源泉かけ流しゆえ、露天風呂は少々ぬるく感じる日もあるかもしれないが、源泉そのものは43度。
炭酸水素成分が強いので、ゆっくり時間をかけて浸かることによって体の芯から温まることができる。

その昔はカルシウム成分によって給湯パイプが詰まってしまうと、新たなパイプを通して源泉を汲み上げていたというが、現在は給湯パイプを外して固まってしまったカルシウムを綺麗に掃除している。半年に一度のパイプ掃除期間はホテルも休業になる。
手間がかかるのだが、そうすることで源泉100%の質のいい温泉を楽しんでもらえるという宿主の心遣いというわけだ。

男性露天風呂

男性露天風呂

男性内湯」

男性内湯

何層にもなって固まった温泉のカルシウム。つぶつぶは炭酸泉ならでは

何層にもなって固まった温泉のカルシウム。つぶつぶは炭酸泉ならでは

「赤城温泉ホテル」

「赤城温泉ホテル」

日帰り入浴

利用可

日帰り入浴ご利用料金

大人500円

日帰り入浴営業時間

10:30~15:00(露天風呂は11:30~。休前日など時間変更あり)

効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、打ち身、消化器病、皮膚病、火傷、冷え症など。

お風呂の種類

大浴場/男女各1カ所、露天風呂/男女各1カ所

住所

〒371-0241 群馬県前橋市苗ヶ島町2031
赤城温泉ホテルサイト

お問い合わせ先

027-283-2619

アクセス

東武桐生線赤城駅より車で約40分。
または上毛電鉄に乗り換え、大胡駅より車で約45分
(ふるさとバスで赤城神社まで約25分+宿泊先からの無料送迎約20分)
(ふるさとバス、送迎ともに要連絡)。

温泉特集ページ「東武鉄道で行く、赤城温泉郷の旅」はこちら
電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車で季節散歩 東武鉄道の季節を楽しむ散歩情報満載 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報
東武鉄道に乗る