日光・鬼怒川・会津の温泉行くなら東武鉄道 露天風呂や貸切風呂から温泉の効能、観光情報満載

奥鬼怒温泉郷をご紹介
奥鬼怒温泉郷のおすすめ温泉施設情報を掲載。

温泉特集ページ「東武鉄道で行く、奥鬼怒温泉郷の旅」はこちら
手白澤温泉

奥鬼怒温泉

A手白澤温泉

奥鬼怒温泉郷のなかでもっとも高い位置にある6室の宿。
創業は古いが、1997年(平成9年)に全面改築をした綺麗なヒュッテ。毎分300Lが自噴する豊富な湯量を贅沢に使ったお風呂は、透明な湯にたくさんの湯の花が漂う単純硫黄泉。
気持ちのよい温泉とおいしいご飯、ワインで大満足できる。

八丁湯

奥鬼怒温泉

B八丁湯

1929年(昭和4年)創業。広い敷地にログハウスが建ち並ぶ。
遊歩道を歩いてくると最初に到着するのがここ。約30室の大きな宿で、滝を見ながらゆったりと入れる露天風呂が人気。
混浴と女性専用がある。日帰り入浴パックは送迎とランチ付き。

加仁湯

奥鬼怒温泉

C加仁湯

泉質の異なる5本の自家源泉を持つかけ流しの宿。
鉄筋4階建てのほかに創業時の木造2階建ての部屋もある。
ロビーの談話室には熊や鹿の剥製が並べられている。5本の源泉を区分けして小さな湯船に流し入れている利き湯ができるのも大きな特徴。

日光澤温泉

奥鬼怒温泉

D日光澤温泉

登山客利用が中心の山小屋風温泉宿で、鬼怒沼方面への玄関口となる奥鬼怒の最奥部にある。
透明なお湯とにごり湯のふたつの露天風呂は野趣に溢れた開放的なもの。
内湯も歴史を感じさせてくれる雰囲気のいい木造りの湯船で温泉が楽しめる。

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車で季節散歩 東武鉄道の季節を楽しむ散歩情報満載 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報
東武鉄道に乗る