日光・鬼怒川・会津の温泉行くなら東武鉄道 露天風呂や貸切風呂から温泉の効能、観光情報満載

日光澤温泉~奥鬼怒温泉~
奥鬼怒温泉郷のおすすめ温泉施設情報を掲載。

温泉特集ページ「東武鉄道で行く、奥鬼怒温泉郷の旅」はこちら
登山客利用が中心の山小屋風温泉宿。
第三露天風呂。(混浴)

男性内湯

女夫淵から来て、「八丁湯」「加仁湯」を過ぎ、さらに奥まで進んだところにある。

1927年(昭和2年)創業の登山客利用が中心の山小屋風温泉宿だ。
ここからさらに奥のオロオソロシの滝や鬼怒沼、鬼怒沼山へと続く登山道がある。
建物も昔ながらの木造で、玄関を入ると「外の鐘を大きく1回鳴らすか、左の公衆電話で呼び出してください」というようなことが書かれている。公衆電話?と思い携帯電話を見ると、なるほど圏外。奥鬼怒では会社によってところどころ繋がるところはある。たぶんここの入口はほとんどが繋がらないのだろう。

温泉も素朴な造りの露天風呂が上段にひとつ。こちらは透明なお湯だ。

階段を降りると岩造りでにごり湯の露天風呂がひとつある。いずれも混浴。源泉は硫化水素泉とナトリウム泉のふたつ。
周囲には緑が見えるが、さすがに全面開放しているわけではなく、お風呂らしくそれなりに囲まれている。
内湯は男女各1カ所ある。女子専用のものはこぢんまりとしたもの。
送迎はいっさい行っておらず、登山客には日帰り湯も提供している、昔ながらの山小屋温泉宿だ。
撮影のお願いをしたときにご主人が言われた、「登山のお客さんはみんないい人ですから」という台詞に宿の温かさがこもっていたような気がする。

利き湯「ロマンの湯」。小さな湯船が仕切られている

露天風呂。混浴。こちらは透明なお湯

「日光澤温泉」

「日光澤温泉」

効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、五十肩、打ち身、疲労回復、くじき、皮膚病、健康増進、糖尿病など。

お風呂の種類

内湯/男女各1カ所、露天風呂/混浴2カ所

日帰り入浴

登山客のみ利用可(要問い合わせ)

日帰り入浴ご利用料金

要問い合わせ

住所

〒321-2717 栃木県日光市川俣874
日光澤温泉サイト

日帰り入浴営業時間

9:00~15:00(送迎なし)要問い合わせ

お問い合わせ先

0288-96-0316

アクセス

東武鉄道東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅より市営バス約90分、女夫淵駐車場下車。
下車後、徒歩1時間30分~2時間10分またはタクシー
(送迎なし)

温泉特集ページ「東武鉄道で行く、奥鬼怒温泉郷の旅」はこちら
電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車で季節散歩 東武鉄道の季節を楽しむ散歩情報満載 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報
東武鉄道に乗る