日光・鬼怒川・会津の温泉行くなら東武鉄道 露天風呂や貸切風呂から温泉の効能、観光情報満載

尾瀬檜枝岐温泉郷をご紹介
尾瀬檜枝岐温泉郷のおすすめ温泉施設情報を掲載。

温泉特集ページ「東武鉄道で行く、尾瀬檜枝岐温泉郷の旅」はこちら
旅館ひのえまた

尾瀬檜枝岐温泉

A 旅館ひのえまた

檜枝岐温泉でもっとも大きな旅館。綺麗な木の露天風呂は夕食前後で男女が入れかわる。
入浴後は、山人(やもうど)料理や女将が打つ裁ちそばをじっくりと堪能したい。

丸屋新館

尾瀬檜枝岐温泉

B 丸屋新館

明治5年創業の老舗旅館。こぢんまりした上品な旅館で、心温まるおもてなしが嬉しい。
隣接する「裁ちそば まる家」では本家六代目が腕を振るう。2012年は創業140周年記念。

かぎや旅館

尾瀬檜枝岐温泉

C かぎや旅館

50年以上の歴史がある、木の温もりにあふれた老舗旅館。古代檜のお風呂でさまざまな効能を体感したい。
元気な六代目若旦那が切り盛りする宿。45畳の大広間もあり。

アルザ尾瀬の郷

尾瀬檜枝岐温泉

C アルザ尾瀬の郷

村内に3つある公衆浴場のなかでももっとも大きい総合スポーツ施設のある温泉。
林の中の露天風呂には打たせ湯、寝湯、泡風呂がある。プールもあり親子で楽しめる。

ますや旅館

尾瀬檜枝岐温泉

D ますや旅館

木々と星空が楽しめる露天風呂の浴槽は日本の名石「十和田石」を使用。
石なのに温もりが感じられる至福の湯浴みが堪能できる。
大浴場は総檜で、洗い場などには十和田石を使っている。
脱衣所の床には無垢の会津桐を使用。肌触りが心地よい。

効能

神経痛、筋肉痛、五十肩、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、関節痛など。

お風呂の種類

大浴場/男女各1カ所、露天風呂/男女各1カ所

日帰り入浴

利用不可

住所

〒967-0521 福島県南会津郡檜枝岐村居平646

お問い合わせ先

0241-75-2034

アクセス

東武鉄道経由会津鉄道会津高原尾瀬口駅から会津バスで約70分、檜枝岐中央バス停から徒歩3分。

燧(ひうち)の湯

尾瀬檜枝岐温泉

D 燧(ひうち)の湯

村内の川窪橋を渡った場所にある、平成12年にオープンした公衆浴場。
唯一源泉が違い、単純硫黄泉を単独で使用している。
露天風呂は舟岐川を見下ろしながら源泉かけ流しの湯でくつろげる。

効能

慢性婦人病、慢性皮膚病、切り傷、疲労回復など。

お風呂の種類

大浴場/男女各1カ所、露天風呂/男女各1カ所

日帰り入浴

利用可能

日帰り入浴ご利用料金

大人500円、小人250円

住所

〒967-0521 福島県南会津郡檜枝岐村字上ノ台208-1

日帰り入浴営業時間

【4/1~4/27・11/12~3/31】12:00~20:00
【4/28~11/11】6:00~20:00
※土曜日、一部特定日、7/21~8/18は21:00まで営業

お問い合わせ先

0241-75-2290

アクセス

東武鉄道経由会津高原尾瀬口駅から会津バスで約70分、檜枝岐中土合公園前バス停から徒歩5分。

駒の湯

尾瀬檜枝岐温泉

D 駒の湯

会津駒ヶ岳登山口近くにあり、トレッカーにも人気が高い源泉かけ流しの公衆浴場。
大浴場、露天風呂ともに石製の浴槽で、露天は川に面しているので緑豊かな眺めが存分に楽しめる。

効能

神経痛、筋肉痛、五十肩、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、関節痛など。

お風呂の種類

大浴場/男女各1カ所、露天風呂/男女各1カ所

日帰り入浴

利用可能

日帰り入浴ご利用料金

大人500円、小人250円

住所

〒967-0521 福島県南会津郡檜枝岐村字下ノ原839-1

日帰り入浴営業時間

【4/1~4/27・11/12~3/31】14:00~20:00
【4/28~11/11】6:00~20:00
※土曜日、一部特定日、7/21~8/18は21:00まで営業

お問い合わせ先

0241-75-2655

アクセス

東武鉄道経由会津高原尾瀬口駅から会津バスで約70分、檜枝岐役場前バス停から徒歩4分。

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車で季節散歩 東武鉄道の季節を楽しむ散歩情報満載 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報
東武鉄道に乗る