1. 2日目

~あの日の自分に帰る旅~

懐かし旅

2014年2月 更新

はじめての夫婦ふたり旅は湯西川温泉へ
2日目

お寺のご住職を務めている石川さんは
夫婦ふたりで家を空けるわけにはいかず、これまで夫婦での旅行は皆無。
息子さんが修行を終えたことから、ようやく初の夫婦での旅行が実現した。

ご夫婦それぞれであれば全国各地に行ったことはあるが、ふたり揃っての旅行はこれが初。奥様が以前行ったこともある思い出の温泉地、湯西川温泉で開催されている「かまくら祭」を観に、東武特急スペーシアに乗車した。

石川美恵子(いしかわみえこ)さん
石川文英(いしかわぶんえい)さん

1948年(昭和23年)生まれの文英さんは千葉県にある妙好寺というお寺の住職さん。450年の歴史があるお寺を継いでいるご夫婦は、それぞれで別々に出かけることはあったが、ふたりきりで旅行することはなかった。お寺を留守にするわけにはいかなかったのだ。今回は、ようやく息子さんが修行を終えて跡継ぎとなることが決まったので、はじめてのふたりきりの旅に出られることになった。奥さまの美恵子さんは1953年(昭和28年)生まれで、栃木県出身。以前、檀家さんたちと訪れたこともある湯西川温泉へと向かうことにした。

石川美恵子さん、石川文英さん

9:30チェックアウト

朝食バイキングを食べてから、館内を見て回るおふたり。
雛人形をはじめさまざまな装飾品が一堂に集められた部屋もある。
平家落人の村では追っ手に気づかれるため鯉のぼりを揚げることはしない。そのかわり雛人形は3月だけではなく長く飾っておく習慣があるのだ。

美「これだけ揃うと壮観ね」
文「もはや日本のものだけじゃないね。うちにある人形も持ってこようか(笑)」

2階の共有スペースには大量の本とパソコンが置かれている。
お茶を飲みながら宿泊客同士の交流もはかれるのだろうか。

10:00バスに乗って鬼怒川温泉へ向かう

本来なら保存料などが入っていない「平家最中」は帰る直前に買いたいところだが、「ふる里本舗」はこの日が定休日なので昨日のうちに購入した。
そんなこともあり土産物屋を昨日まわってしまったので、今日はこのまま帰路に。

美「それならバスで鬼怒川温泉まで行って帰りましょうよ」

日光交通のダイヤルバスは、湯西川温泉から湯西川温泉駅、川治温泉駅、鬼怒川温泉駅まで走る便もあるのだ。
鬼怒川温泉までバスで行き、そこから東武特急スペーシアに乗れば浅草まで一本だ。美恵子さんの提案に決定。

チェックアウトしたお客さんで同じバスに乗る人も多いのだが、鬼怒川温泉まで乗る人のほうが多かった。鬼怒川温泉駅前は土産物屋も食事をするところもたくさんあるので、この帰り方も人気があるのだろう。

鬼怒川温泉のマスコット、鬼怒太と一緒に

13:00鬼怒川温泉駅から特急スペーシアに乗車

鬼怒川温泉駅前のお店をチラッと見ただけで13時前の特急スペーシアで帰ることに。
実はこの日もお寺でお通夜があるので、帰って支度をしなければいけないのだった。

ということでお弁当を購入。
美恵子さんは「日光鶏めし弁当」、文英さんは「栃木牛めし弁当」。

美「本当にかまくらが幻想的で綺麗だったわ。あのときだけ雪がたくさん降ってよかったわよねー」
文「今日は早めに帰らなければいけないけど、こんなにふたりでゆっくりできたのは久しぶりでした。これからは息子がいるから、また機会があったらふたりで旅行に行きたいですね」


はじめてふたりで行く電車に乗っての一泊旅行、満足していただけたようだ。

ページトップへ