1. 2日目

~あの日の自分に帰る旅~

懐かし旅

2013年12月 更新

社員旅行、
家族旅行で通った川治温泉郷へふたたび 2日目

北海道から就職で東京へ出て来て、社員旅行で訪れた川治温泉。
結婚後も家族旅行で何度も遊びに来た町に
夫婦ふたりだけで再訪。楽しい記憶が甦る。

第一線で働いてきた方が懐かしいスポットをめぐる電車の旅に出る企画。今回は、大学卒業後に上京して、その後何度か訪れた川治温泉にふたたびやって来た田中護さんと妻の久子さんの旅だ。

田中護(たなかまもる)さん

1955年(昭和30年)生まれ。北海道出身。大学卒業後上京して就職。北海道にいたころから温泉は好きだった。川治温泉は、1978年(昭和53年)、入社後はじめての社員旅行で来て気に入り、結婚後の’80年代にも子どもを連れて何度か遊びに来た思い出の地。現在は会社役員。奥さんには密かに「マーク」と呼ばれているが、「2013年は、『田中』だし『マー君』と呼ばれてもいいかなと思っています」という楽しい性格。奥さんの久子さんは恥ずかしがり屋なため、今回は顔出しNG。

田中護さん

9:30チェックアウト

朝食バイキングを食べて、お土産を買ってチェックアウト。

護「夕食前、寝る前、朝と、温泉には昔と同様3回入ったし、睡眠時間もたっぷりとれました」

10:00紅葉散歩

「和風らぁめん いかり」の隣の「甘味処 鹿の子」へ行って朝食後のデザートを食べようかと思ったのだが、ちょっと時間が早くまだ開店していなかったので、紅葉を見ながらお散歩。

「らんりょう」の仲居さんも言っていたが、この日がいちばんいい紅葉時季かもしれない。

久子さんがゆっくり景色を見ていたら、先を歩いていた護さんがなにやらどこかのお母さんと談笑している。
談笑というか、爆笑している。

護「いやあ、どこに泊まった? って聞かれてさ、『らんりょう』っていう旅館の名前が全然思い出せなかったんだよ。頭のなかに『川治温泉ホテル』ばかり出てきちゃって。『あんり』じゃないし『ろんりー』じゃないし・・・・・・って。それがおかしくてお母さんと笑っちゃって」

そんなことで地元の方と立ち話がはじまった。
昔の川治温泉のこと、温泉旅館のこと、お母さんが昔は食堂をやっていたことなど。
賑やかだった時代の話なので、田中さんが来たころその食堂はあったのかもしれない。

すると、「私の妹があそこでお店やってるのよ。ラーメン屋とその隣の甘味処」とお母さん。
護「え!? これからそこへ行こうと思っていたんですよ!」
なんとまた偶然の出会いだった。

10:30男鹿川と紅葉

「川治ふれあい公園」まで来てかわじいと記念撮影。
男鹿川に降りてみる。

護「家族で来たときも川で遊んだな」
久「そうですね。夏に岩魚捕りをしたんじゃなかった?」

いまの季節は岩魚捕りはできないが、ふたりだけで子どもに戻ったように遊んでいた。

護「昨日より紅葉が進んでいるように見える」

青空と紅葉のコントラストがいい

子どもがいなくても川原で遊ぶふたり

11:20クリームあんみつ初体験

「甘味処 鹿の子」まで戻ったが、まだ開店前だったので店の前のベンチで休む。
すると、また通りがかりのお母さんと話をはじめる田中さんご夫婦。
コミュニケーション能力が高いのか。

買い物をしてきたお母さんは、どうやら「坂分精肉店」へ行ってきたようだ。鶏肉とうどんと梅干しを買ってきていた。
久子さんが旅館でもらった干し梅のお菓子をひとつあげると、お返しに大きな梅干しパックをくれようとするお母さん。丁重にお断りした。
家のことや隣家の犬のことや息子たちの話を聞いているうちに「鹿の子」オープン。

久「ブルーベリーの飴を犬にあげるんだって。でもブルーベリーのことをずっとブドウって言ってた」


護さんは「クリーム白玉あんみつ」を、久子さんは「抹茶風味くず流し」をオーダー。
護さん、「クリーム白玉あんみつ」を食べたのははじめてだという。北海道にはなかったのか?

護「なかったのかなあ? あっても食べなかったのかな?
芋とか栗とかは好きだけど、こういう寒天とかは食べなかったな」
久「(埼玉の)うちの実家にはみつまめの缶詰とかがよくお中元で送られてきていたよ。でも大人になってからは食べてないね、確かに」

買い物帰りのお母さんと話し込む田中さんご夫婦

13:30「薬師の湯」経由で駅へ向かう

また男鹿川沿いを歩いて「薬師の湯」の近くを通り、駅へと向かってみる。
上り坂だ。
駅から「薬師の湯」や旅館「柏屋」へ向かうには下り坂でいいかもしれない。

帰りは鬼怒川温泉駅で特急スペーシアに乗り換え。そのときにお弁当を買って車内昼食となった。

護さんは「日光鶏めし弁当」、久子さんは「栃木牛めし弁当」。

護「本当に懐かしい思い出が甦る旅だったな」
久「そうだね~。行ってみると余計に記憶が甦るね。ついこの間のことみたいに感じる」
護「社員旅行の時代よりも町は寂しくなっていたけど、ホテルには人がたくさん泊まっていたから、また活気ある町になってほしいな。思い出の町だから」

お弁当を買いました

「日光鶏めし弁当」

「栃木牛めし弁当」

「栃木牛めし弁当」。少し食べ進んだところで温泉玉子を乗せる

ページトップへ