1. 2日目

~あの日の自分に帰る旅~

懐かし旅

2013年9月 更新

生まれ故郷の秘境、
福島県南会津郡桧枝岐村へ帰る旅 2日目

中学までを過ごした故郷、檜枝岐村。
冬はスキー、夏は川遊びをした楽しい思い出もあるが、同時に豪雪の厳しさや白米への憧れというつらい記憶もある。

第一線で働いてきた50~60代以上の方が、過ぎてきた過去を振り返ると、そこには思い入れのある場所や物がある。そんな懐かしい旅をプロデュース。今回は、南会津の秘境といわれる檜枝岐村(ひのえまたむら)生まれの齋藤弥四郎さんの旅だ。

齋藤弥四郎(さいとうやしろう)さん

1950年生まれ。8人兄姉の4男、姉が4人の末っ子。檜枝岐小・中学校卒業。卒業後、檜枝岐村を出て福島県立喜多方高等学校に進学。大学卒業後、教諭となり、千葉県のいくつかの公立小・中学校に勤務。5年間校長を務めたのち、退職。その後も教育委員会や文化財保護委員などの活動をボランティアで行う。「日本民話の会」会員。

齋藤弥四郎さん

8:00沼山峠行きのバスに乗車

尾瀬へ向かうバスに乗車。
その前に「本家六代目 裁ちそば まる家」と同じ敷地にある「そばの宿 丸屋」の女将さんと会った齋藤さん。顔見知りだ。

齋「ここの主人は子どものころ一緒に悪いことをした仲間ですよ。悪ガキですね」

9:00沼山峠到着

沼山峠に到着した齋藤さんは、子どものころ七入から歩いて登ってきた道を確認。

齋「バスがここまで通っていない時代の話です。はじめて来たのは小学4年生のときでしたね。出発時はワクワクしてはしゃいでいたのですが、ここまでの道はとても険しくて、クタクタでした。なんでこんな思いをしなければいけないんだと後悔すらしましたね。
それでも兄たちに励まされながら、そして自分も意地を張ってここまできました。ようやく沼山峠を越えたんです。
大江湿原に出たときは、『別世界だ』と思いましたね。『こんな世界があったのか』と大変感動してしまいました。その後も遠足などで何度も歩いてきましたよ」


とりあえず峠を越えて大江湿原まで行ってみた。

七入から歩いてきたときはここに出たという。齋「尾瀬沼を見たときは、海か!? と思いましたよ」

体も慣れたところで、峠を登ってみる

登りはじめたあたりにある木に、名前のようなものが彫られている。『昭和二十・・・・・・星・・・・・・』。判別しづらい。これは、まだ何も整備されていない時代に、ここまで来た! という証明に彫ったらしい。もちろん現在は絶対にこんなことをしてはいけない

沼山峠の展望台。いまは木が生い茂って少しだけ尾瀬沼が見える程度。昔はもっとちゃんと見渡せたらしい

大江湿原。気持ちがいい

あの山が今度齋藤さんがチャレンジする燧ヶ岳

12:00御池へ戻る

尾瀬沼が見えたところで引き返し、バスで御池まで戻った。御池と沼山峠の間は、シャトルバスが30分間隔で走っている。

齋「結構疲れてしまいました。こんなことじゃ娘との燧ヶ岳登山は先が思いやられますね。鍛えておかないと」
そう言って、沼山峠から尾瀬沼へ行き燧ヶ岳を登るコースではなく、御池の駐車場のほうから御池田代方向へ行って燧ヶ岳を攻めるコースを下見に行く。

戻ったらさらにお疲れの齋藤さん。このままバスに乗って会津高原尾瀬口駅まで行き、鬼怒川温泉駅で特急に乗り換え浅草駅へ。
そこから千葉のご自宅まで無事帰りました。
お疲れさまでした。

ページトップへ