1. 1日目(後半)

~あの日の自分に帰る旅~

懐かし旅

2013年9月 更新

生まれ故郷の秘境、
福島県南会津郡桧枝岐村へ帰る旅 1日目(後半)

中学までを過ごした故郷、檜枝岐村。
冬はスキー、夏は川遊びをした楽しい思い出もあるが、同時に豪雪の厳しさや白米への憧れというつらい記憶もある。

第一線で働いてきた50~60代以上の方が、過ぎてきた過去を振り返ると、そこには思い入れのある場所や物がある。そんな懐かしい旅をプロデュース。今回は、南会津の秘境といわれる檜枝岐村(ひのえまたむら)生まれの齋藤弥四郎さんの旅だ。

齋藤弥四郎(さいとうやしろう)さん

1950年生まれ。8人兄姉の4男、姉が4人の末っ子。檜枝岐小・中学校卒業。卒業後、檜枝岐村を出て福島県立喜多方高等学校に進学。大学卒業後、教諭となり、千葉県のいくつかの公立小・中学校に勤務。5年間校長を務めたのち、退職。その後も教育委員会や文化財保護委員などの活動をボランティアで行う。「日本民話の会」会員。

齋藤弥四郎さん

13:50檜枝岐川と中土合山

齋「実家の近くまで来て、あそこの山を見ると、『ああ、帰ってきたな~』と感じますね。この景色は変わっていません。
昔はこの川で魚を獲ったりプールのようになっているところで泳いだりしていました。いまは川に下りにくくなっていますね」

14:00「本家六代目 裁ちそば まる家」で昼食

檜枝岐の郷土料理のひとつである裁ちそばは、2~3mmのそばを重ねて包丁を手前に引いて切ることからその名がついた。そば粉100%でつなぎを使わずに打つのが特徴。冷やしで食べるのがオススメだ。

齋「檜枝岐村は高地寒冷地帯で山に囲まれた谷間の村なので日照時間も少なく、石ころの多い痩せた土地なんです。そのため米を作ることができなかった。そこで寒冷地でも作りやすいそばを育て、主食としたんです」

「裁ちそば まる家」では、なんと齋藤さんの従姉妹が働いていた。齋藤さんも知らなかったようだ。

齋「お! イワナの天ぷらがあるね。それにしよう」

そばと天ぷらをいただいた。

14:40お兄さん、お姉さんに会いに

檜枝岐川を渡る齋藤さん。

齋「あれが姉の家です」
と指さしたのは大きな家だった。以前は民宿を営んでいたらしい。
するとタイミングよく家から出てきたお姉さん。齋藤さんを見て驚いた様子。
桧枝岐に帰ったときは、お姉さんの家に泊まることが多いらしい。
今回は民宿に泊まってもらうことにしている。

そこから少し歩くと、「民宿 松源」がある。そこはお兄さんが経営している。
この日は残念ながら不在。しかし民宿は満室だったようだ。

齋「お盆に帰ったりすると、兄姉で集まったり友だちと居酒屋に飲みに行ったりしますよ」

16:00歩き疲れたので夕食の前に温泉へ

檜枝岐村には2つの公衆浴場がある。「燧の湯」と「駒の湯」だ。総合温泉スポーツ施設の「アルザ尾瀬の郷」には温泉のほか、プールなどもある。

齋藤さんも歩き続けていたので、さすがに少しお疲れ気味。
夕食前にひと風呂浴びることにした。

宿から近い「駒の湯」へ。檜枝岐に宿泊していると公衆浴場の宿泊者割引カードが借りられる。

齋「広い湯船が気持ちいいので、帰省したときはたまに入ります。いまはどこの家にも温泉がありますけど、子どものころはまだ温泉はなかったですね。家の風呂を焚くのですが、毎日は焚けないので親戚の家へもらい湯に行った思い出があります」

17:30「民宿 駒口」で夕食

齋藤さんの今夜の宿は、「民宿 駒口」。
檜枝岐村の古き良き伝統を受け継いで残していこうとするご主人の宿だ。いまでも狩猟をして、サンショウウオや山菜を獲っている。昼間はイワナの養殖場の仕事もしている。

チェックインしたときは奥さんが対応してくれた。村外からお嫁に来た奥さんだが、もう檜枝岐村も長い。齋藤さんが「井桁屋商店」の弟だと言うと、奥さんは、
「ああ、そういえば似てますね! あ、おばあちゃんなら知っているかも!」
と。

齋「いやあ、知らないと思いますよ~。中学卒業して村を出ちゃったし」

しかし、しばらくすると階下でおばあちゃんの声が。
「弥四郎は檜枝岐にいないよ!」
これには驚いた。
どうやらおばあちゃんのほうは子どもだった齋藤さんを知っていたらしい。若いころに村を出たことまで覚えていた。
逆に子どもだった齋藤さんの方はおばあちゃんのことはそれほど記憶になかった。
元気なおばあちゃんに会えて、なんだかこちらも元気になった。

夕食は檜枝岐村の郷土料理、山人(やもうど)料理。
昔は、檜枝岐の女性は裁ちそばが打てないと嫁に行けないなどともいわれたほど家庭料理のメインとなるそば。「駒口」の奥さんも「練習して打てるようになりました」とのことだ。
ご主人が猟をやっているだけあり、熊汁も出てきた。

齋「ご主人のブログを見ました。サンショウウオを獲ったりイワナの養殖の孵化状況などをしっかりあげていて、とてもおもしろいですよ」

ページトップへ