浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

栃木県日光市「湯西川温泉かまくら祭」

日本夜景遺産登録のミニかまくらもある「湯西川温泉かまくら祭」

冬の散歩スポット紹介

栃木県日光市「湯西川温泉かまくら祭」
お散歩情報
住所
栃木県日光市湯西川
最寄り駅
野岩鉄道会津鬼怒川線「湯西川温泉」駅
お問合せ先
0288-22-1525(日光市観光協会)
トンネルのなかにある湯西川温泉駅のホーム

トンネルのなかにある湯西川温泉駅のホーム

改札へは階段かエレベータで上がる

改札へは階段かエレベータで上がる

野岩鉄道で行く湯西川温泉駅はトンネルのなか

東武鬼怒川線で行く栃木県日光市の鬼怒川温泉。ここを過ぎて新藤原駅から先は野岩鉄道の鬼怒川会津線へ入る。
そこからは一気にトンネルが増えるので、山のなかを走っていることを実感。龍王峡駅や川治温泉駅を過ぎて到着するのが、湯西川温泉駅だ。電車が停まったホームはなんとトンネルのなか。改札は地上へ上がったところにある。
改札を出たところは「道の駅 湯西川」で、食事処や土産物売り場、温泉施設などがある。湯西川温泉はここからバスに乗って約25分。バスは1時間に1〜2本で、割と電車の到着時間と調整がとられているので、ちょっと休んですぐに乗るか、ゆっくり食事をとってから次のバスに乗るか、お腹と相談しつつ計画を立てよう。

日本夜景遺産認定のミニかまくらなど、見どころ盛りだくさん

平家落人の里として知られる湯西川温泉で、毎年1月下旬から3月上旬まで行われるのが、「湯西川温泉かまくら祭」。
2017年は1月28日から開催され、3月5日まで行われる予定だ。万が一今年の予定に合わなかったら、ぜひ来年以降に計画してほしい。
幻想的な灯りを観賞してロマンティックな気分になれるし、かまくらのなかでのバーベキューや雪のアウトドアが楽しめるなど、日常では味わえないファンタスティックな体験がたっぷりできる湯西川温泉でも大人気のお祭り。もちろん夜のライトアップを楽しんだあとはゆっくり温泉に浸かることもできる。
2017年は、「平家の里」をメイン会場に、沢口会場、今渕会場、平家慈光寺会場(平家集落など)、「水の郷観光センター」などで、それぞれその場所ならではといったかまくらの楽しみを提供している。
沢口会場近くの河川敷に設置された無数のミニかまくらに点灯された幻想的な風景は、日本夜景遺産に認定されており、多くの人が魅了されている。
家族で、親子で、カップルで楽しめる伝統の「湯西川温泉かまくら祭」。今年から冬の定番散歩にしてほしいほどのオススメだ。

メイン会場となる「平家の里」。昼間に展示物をゆっくり見るのもオススメ

メイン会場となる「平家の里」。昼間に展示物をゆっくり見るのもオススメ

こたつ入りかまくらのなかでは飲食OK

こたつ入りかまくらのなかでは飲食OK

沢口河川敷のミニかまくらは一見の価値あり

沢口河川敷のミニかまくらは一見の価値あり

ちなみに毎年ミニかまくら作り体験ボランティアも募集している。来年はチャレンジ!?

ちなみに毎年ミニかまくら作り体験ボランティアも募集している。来年はチャレンジ!?

この河川敷近くの道路に、撮影用のミニかまくらも用意されていた

この河川敷近くの道路に、撮影用のミニかまくらも用意されていた

かまくらバーベキューやアウトドア、ライトアップを楽しもう

それぞれの会場を詳しく紹介していこう。
メイン会場となるのは「平家の里」。平家落人の暮らしを再現して保存・継承していく施設で、茅葺き屋根の家が建ち並ぶなかに大きなかまくらがいくつも作られている。入場料は9時から21時までの1日入場券が大人510円・子ども250円、17時から21時までのナイトチケットが大人・子どもともに200円となっている。大きなかまくらのなかで温かい料理が食べられる「かまくらバーベキュー」(要予約)も人気だ。ほかにも日によっていろいろなイベントが行われている。

沢口会場はアウトドア会場と呼ばれ、スノーラフティングとスノーシューが体験できる。この近くの沢口河川敷にあるのが、日本夜景遺産に認められているミニかまくらだ。木曜日以外の17時30分から21時までは幻想的なライトアップが行われるので、夜の散歩はここを目的地に決めて間違いない。

ほかには平家一門の菩提寺として祀られてきた慈光寺や今渕会場などでライトアップが行われ、期間限定の料理メニューが楽しめる。
またお祭り期間は「ぼんぼりと雪だるま街道」として、商店街の各所に各店のさまざまな雪だるまも登場。市営駐車場にはこたつ入りかまくらも作られている。
湯西川温泉から日光交通バスで約10分の水の郷観光センター前バス停では「湯西川水の郷スノーパーク」が開催されている。こちらは子どもたちが大喜びのそり遊びと水の郷観光センターでの入浴料がセットになった入場料がお得。大人800円、子ども500円だ。
おいしいものや楽しい遊び、綺麗なライトアップが全部楽しめる「湯西川かまくら祭」を、計画的にたっぷりと楽しんじゃおう。

【2017年3月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報