浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

奥日光湯元温泉

自然豊かな環境で硫黄泉に浸かる「奥日光湯元温泉」の幸せ

冬の散歩スポット紹介

自然豊かな環境で硫黄泉に浸かる「奥日光湯元温泉」の幸せ
お散歩情報
住所
栃木県日光市湯元2549
最寄り駅
東武日光線「東武日光」駅
URL
奥日光湯元温泉 旅館共同組合
日光観光協会
お問合せ先
0288-62-2570
湯元温泉の雪まつり。雪の灯籠にあかりが。灯り幻想的な雰囲気に

湯元温泉の雪まつり。雪の灯籠にあかりが。灯り幻想的な雰囲気に

東武日光線の東武日光駅から東武バスで約70分。
いろは坂を越えた奥日光と呼ばれるエリアが湯元温泉だ。

788年、日光山輪王寺を建立した勝道上人によって源泉が発見され、湯治場として地元の人たちに親しまれてきた温泉。
硫化水素型の単純硫黄泉で、源泉から湧き出ているときはエメラルドグリーンのお湯が、空気に触れると徐々に乳白色に変わってくるため、その色合いの変化を楽しむこともできる。 湧出量が豊富なため、湯元温泉の源泉は周辺の光徳温泉や中禅寺温泉にまで送られている。

湖と森に囲まれた自然の癒しを堪能しながらゆったりとお湯に浸かれるうえ、冬はスノーシューなどのアクティビティも楽しめる。

ホテルで催行しているツアーなどでもしっかりとガイドが付くので、楽しみながら自然の不思議を学びながら雪の山歩きが堪能できる。

湯元温泉街には日本国内でも珍しい温泉に入れるお寺や足湯もある(冬季休業のところもあり)。

旅館などで日帰り湯ができるところもあるので、散歩をしながら疲れた体を休めるために湯めぐりをしてもいいかもしれない。
肌がツルツルになる効果が期待できる。

硫黄の匂いが立ちこめている源泉もある。
冬でもその周りは雪が積もらない場所で、湧き出ている場所によって湯温が違うので、触って確かめてみるといい。
ただし、シルバーアクセサリーは硫化して色が変わってしまうので、指輪などに注意が必要。

雪まつり。中央にはスカイツリーにも似た塔が作られることも(写真は2011年12月)

雪まつり。中央にはスカイツリーにも似た塔が作られることも(写真は2011年12月)

源泉。雪の勢いによっては周りには多少積もるが、湧出しているところの近くは土が見える

源泉。雪の勢いによっては周りには多少積もるが、湧出しているところの近くは土が見える

【2012年12月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報