浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

栃木県日光市「NAOCのキャニオニング」

鬼怒川の清流をたっぷりと堪能できる「NAOCのキャニオニング」

夏の散歩スポット紹介

栃木県日光市「NAOCのキャニオニング」
お散歩情報
住所
栃木県日光市鬼怒川温泉滝871-2(NAOC)
最寄り駅
東武鬼怒川線「鬼怒川公園」駅
鬼怒川温泉駅から送迎バス有り(要予約)
URL
鬼怒川ラフティング&キャニオニング [NAOCナオック]
お問合せ先
0288-70-1181(NAOC)

※基本的に要予約。料金などの詳細はHP参照

夏にピッタリのアクティビティ「キャニオニング」

夏にピッタリのアクティビティ「キャニオニング」

清流の流れに乗ってスライダー
そして最後は、滝壺へダイブ!

鬼怒川の清流をたっぷりと堪能できる夏にピッタリのスポーツで季節散歩を楽しんでみよう。

山のなかの沢を下流から上っていくのをシャワークライミングといい、その逆の、上流から下りてくるものをキャニオニングという。
フランス発祥で、緑あふれる沢で大自然に癒されながら、同時にスリル満点の体験ができる人気スポーツだ。
ウエットスーツとライフジャケット、ヘルメットを着用し、コースによっては初心者でも十分楽しめる。
緩やかに水が流れる斜面をウォータースライダーのように滑り下りたり、ロープを使って岩場を降りたり、さらには滝壺へのダイブも体験できるワイルドアドベンチャーだ。

さまざまなアクティビティのなかでも
リピーター率No.1のキャニオニング

栃木県日光市の鬼怒川を中心に、さまざまなアウトドアアクティビティを企画・運営している事業所「NAOC(ナオック)」では、夏季、ラフティングやフィッシング、トレッキングなどとともにキャニオニングも催行している。栃木で最初にキャニオニングを行ったのは「NAOC」だ。
ちなみに「NAOC」は、『自然(NATURE)を愛し、自然とともにいつでも冒険心(ADVENTURE)を持ち、外で遊ぶ(OUTDOOR)気持ちよさを感じるすべての人たち(CLUB)のために』というコンセプトの頭文字から名付けられている。

「NAOC」のキャニオニングではFUKAMA(フカマ)、HAPPY(ハッピー)、EIGHT(エイト)、OAK(オーク)の4つのコースが用意されている。
沢登りと滝壺ダイブやスライダーが楽しめるフカマは、元祖キャニオニングコースで、沢のさまざまな表情が楽しめる。
1枚の岩盤で作られたコースで、滑り、流され、泳ぐというダイナミックさがありつつ、同時に美しい景観が楽しめる癒し度の高さが人気のハッピーは、唯一小学生でも参加可能。家族みんなで楽しむのにオススメだ。
夏のある時期にしか挑むことができない特別なエイトや、ワンランク上のキャニオニングが堪能できるオークなどはリピーターに人気が高い。

「フカマ」。冒険心を刺激するコースが楽しい

「フカマ」。冒険心を刺激するコースが楽しい

「フカマ」。最後はみんな笑顔でポーズ!

「フカマ」。最後はみんな笑顔でポーズ!

自然のウォータースライダーは子どもでも楽しめる。「ハッピー」コース

自然のウォータースライダーは子どもでも楽しめる。「ハッピー」コース

土日、夏休みには大勢で楽しめる
「NAOC」のキャニオニング

ちなみに「NAOC」のキャニオニングには冒頭でふれた沢登りを行うシャワークライミングも含まれている。となるとハードに感じられるかもしれないが、ガイドの指示に従って安全に楽しめるし、泳げなくても参加は可能。楽しむ気持ちがあればチャレンジしてみるのがいいだろう。

キャニオニングは午前と午後に1回ずつ催行されている。
集合場所は「鬼怒川ナオック(NAOC)」事業所で、最寄り駅は鬼怒川公園駅だが、鬼怒川温泉駅からの送迎も行っている。予約が必要だ。
ウエットスーツなど用意されているものもあるが、自分で持っていくべきものもあるので、事前にしっかりチェックして準備してから行こう。

【2014年7月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報