浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

福島県会津若松市「鶴ヶ城址公園」

ソメイヨシノ、エドヒガン、シダレザクラ、ヤマザクラなどが咲き誇る「鶴ヶ城址公園」

春の散歩スポット紹介

ソメイヨシノ、エドヒガン、シダレザクラ、ヤマザクラなどが咲き誇る「鶴ヶ城址公園」
お散歩情報
住所
福島県会津若松市追手町1-1
最寄り駅
東武鉄道経由会津鉄道会津線「七日町」駅
URL
会津若松市観光公社|鶴ヶ城 会津若松城 御薬園 松平家廟所| 悠久の時を超え、幕末の天守閣が今よみがえる
お問合せ先
0242-27-4005(会津若松市観光公社)
日本の桜100選にも選ばれた、鶴ヶ城の桜

日本の桜100選にも選ばれた、鶴ヶ城の桜

国内随一の赤瓦の天守閣、会津若松市の鶴ヶ城

会津若松市のシンボルである鶴ヶ城は、戊辰戦争で新政府軍からの猛攻に1カ月以上も籠城した末、落ちなかったことから、難攻不落の城とうたわれている。
会津若松城とも呼ばれるこの城は、1874年(明治7年)に石垣だけを残して取り壊され、そこから90年の歳月が経った1965年(昭和40年)に復元工事によって甦った。
以来、長期的な整備・復元がなされ、2011年(平成23年)には、解体される前と同じ赤瓦の屋根も復元された。現在、赤瓦の天守閣のある城は鶴ヶ城だけである。

日本の桜100選にも選ばれた、鶴ヶ城の桜は一見の価値あり

清々しい青空に5層の白壁と赤い瓦が美しく映える鶴ヶ城の春は、「鶴ヶ城址公園」の約1000本のソメイヨシノを中心に、エドヒガン、シダレザクラ、ヤマザクラなどが咲き誇る。
見ごろは毎年5月ごろで、全国から大勢の観光客が訪れる桜の名所でもある。
夜には史跡内全体をライトアップし、夜空に浮かび上がった桜と天守閣が、なんとも幻想的な雰囲気を醸し出してくれる。桜の開花時期には夜間登閣を行なっているので、ぜひ登ってみよう。
天守閣への入場料金は、大人(高校生以上)500円、小人(小中学生)150円。史跡内の施設に入れる共通入場券も販売されている。
天守閣から桜を見下ろしながら、かつては会津藩主もこうして桜を眺めたのだろうか・・・・・・と、幕末にタイムトリップしたような思いに耽ってみるのもいいだろう。

※ここで表記されている価格は、2014年3月までのものです。

周辺帯廓から望む本丸の赤瓦が、桜色と美しく調和する

周辺帯廓から望む本丸の赤瓦が、桜色と美しく調和する

【2014年3月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報