浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

栃木県日光市「日光ストロベリーパーク」

日光でいちご狩りを楽しめる「日光ストロベリーパーク」

春の散歩スポット紹介

日光でいちご狩りを楽しめる「日光ストロベリーパーク」
お散歩情報
住所
栃木県日光市芹沼3581
最寄り駅
東武日光線「下今市」駅
URL
栃木県日光市のいちご狩りなら日光ストロベリーパークへ
お問合せ先
0288-22-0615
営業時間
10:00~16:00(15:30最終受付) 火曜休(祝祭日の場合は営業)
土耕栽培のいちごは、かがんで摘むことができる

土耕栽培のいちごは、かがんで摘むことができる

大人も子どもも立ったままでいちごを摘むことができる高設栽培。ベビーカーや車いすでもいちご摘みができる

大人も子どもも立ったままでいちごを摘むことができる高設栽培。ベビーカーや車いすでもいちご摘みができる

日光ではめずらしい、いちご栽培農園

日光は、世界遺産にも登録される日光の社寺(日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺)をはじめとした歴史深い史跡や、中禅寺湖、華厳の滝、戦場ヶ原など風光明媚な自然環境に恵まれた、日本有数の観光地だ。
そんな日光でいちご狩りができることをご存じだろうか?
「日光ストロベリーパーク」は、日光ではめずらしいいちごの栽培農園で、化学肥料の使用を控えた減農薬栽培にこだわっている。
冬の寒さと日光の豊かな自然、有機肥料に育まれた「日光ストロベリーパーク」のいちごは、甘さと酸味がほどよいバランスのとちおとめだ。

日光初のいちご狩りは、とちおとめを30分食べ放題!

「日光ストロベリーパーク」では、12月中旬~6月下旬の間、いちご狩りが楽しめる。
いちご狩りは30分食べ放題。無料で練乳も用意してくれる。
高設栽培の施設では、立ったままでいちごを摘むことができ、ベビーカーや車いすのままでも入場できるという嬉しい配慮もある。その際は事前に連絡すれば優先的に案内してくれる。
かがんでいちご摘みができる土耕栽培の施設もある。
厳しい冬の寒さと日光山麓から流れ込むきれいな水に育まれたおいしいいちごは、この季節にしか味わうことができない。日光めぐりのコースにぜひ組み込もう。

下今市駅から車で約7分、東武日光駅から車で約15分とアクセス便利な「日光ストロベリーパーク」。受付をする店舗は2014年2月にリニューアルしたばかり

下今市駅から車で約7分、東武日光駅から車で約15分とアクセス便利な「日光ストロベリーパーク」。受付をする店舗は2014年2月にリニューアルしたばかり

【2014年3月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報