浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

栃木県日光市「湯ノ湖」

1周約3kmの「湯ノ湖」湖畔で自然を満喫

秋の散歩スポット紹介

1周約3kmの「湯ノ湖」湖畔で自然を満喫
お散歩情報
住所
栃木県日光市湯元
最寄り駅
東武日光線「東武日光」駅
お問合せ先
0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
紅葉がピークの時季はここまでの景色が見られる

紅葉がピークの時季はここまでの景色が見られる

湖面に浮かぶ葉も赤や黄色

湖面に浮かぶ葉も赤や黄色

奥日光湯元温泉に近い堰止湖をぐるっとまわろう

東武日光線の東武日光駅から東武バスの湯元温泉行きに乗り約75分、湖畔前バス停で下車。これから湖畔を散歩するのであれば、日光湯元ビジターセンターでトイレに寄ってから出発するのがいいかもしれない。
湯ノ湖は北東にある三岳の噴火によって湯川が堰き止められてできた湖で、1周約3kmというハイキング初心者でも余裕を持って豊かな自然を堪能できるスポットとなっている。

湯ノ湖の南には湯滝があり、そこから戦場ヶ原方面へのトレッキングもできるので、体力に自信のある人は湯ノ湖畔をまわった後、そちらへ足を伸ばしてみてもいいかもしれない。

上り下りも少なく、距離も手頃な初心者向けハイキングコース

湯ノ湖畔沿いには散策路が整備されていて、それほどアップダウンがなく、約1時間で1周することができる。
湖畔にはダケカンバなどの広葉樹とコメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、深緑が気持ちいい夏もおすすめだが、10月中旬ごろからの紅葉・黄葉時期はまさに息を呑むような美しい景色を見ることができる。赤、黄、茶といったさまざまな色が混ざり合い、天気がいい日は湖面に映る秋の景色も同時に楽しめる。

湖畔南側にある湯滝近くでは、滝を上から眺めることもできる。
食事とトイレは、北側なら日光湯元レストハウス、湯元ビジターセンターで、南側なら奥日光湯滝レストハウスで。

同じ色がひとつもない秋の湯ノ湖

同じ色がひとつもない秋の湯ノ湖

【2016年11月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報