浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

栃木県日光市「瀬戸合峡」

「とちぎの景勝100選」のひとつ、「瀬戸合峡」を歩こう

秋の散歩スポット紹介

とちぎの景勝100選」のひとつ、「瀬戸合峡」を歩こう
お散歩情報
住所
栃木県日光市川俣
最寄り駅
東武鬼怒川線「鬼怒川温泉」駅
お問合せ先
0288-97-1126(日光市観光協会湯西川・川俣・奥鬼怒支部)
目がくらむような絶壁だが、美しい

目がくらむような絶壁だが、美しい

橋を飲み込むようなみごとな紅葉・黄葉

橋を飲み込むようなみごとな紅葉・黄葉

迫力ある天然の岩壁が紅葉で彩られる

東武鬼怒川線の鬼怒川温泉駅から市営バス女夫渕温泉行きに乗り約75分、川俣平家塚バス停で下車。そこから徒歩で約8分。栃木県日光市の日光国立公園の一角となる鬼怒川上流、川俣ダムの直下流に位置する峡谷。
凝灰岩の浸食によって生み出された岩壁が約2kmに渡って広がっており、その深さは約100mにもおよび、四季を通して迫力のある景色が楽しめる。

県道23号線川俣温泉川治線旧道が瀬戸合峡を縫うように走り、峡谷をさまざまな位置から見ることができる。
もっとも人気なのは秋の紅葉で、1986年(昭和61年)には「とちぎの景勝100選」に選ばれている。

ダムと紅葉の雄大な景色を見ながらのウォーキング

川俣ダム正面の岩壁に架けられた吊り橋が「瀬戸合峡渡らっしゃい吊橋」として観光用に開放され、多くの人が絶景の紅葉を観に訪れている。吊り橋近くにある「天使の鐘」は鳴らすと幸せになれるといわれ、紅葉とともに多くの人が写真を撮影していく観光スポットとなっている。
ダム駐車場から川俣ダムを経て、瀬戸合峡を眺め「瀬戸合峡渡らっしゃい吊橋」までが遊歩道として整備されていて、秋のハイキングとしてはぴったり。往復約1時間のウォーキングが楽しめる。

ちなみに川俣ダムのダム湖には平家の村が沈んでいて、近くには平家塚などもある。日帰り温泉施設なども楽しめるコースをまわれば、約2時間のハイキングも楽しめる。

高所恐怖症の人は無理をして橋を渡らなくてもよい。遠くから橋を眺めても気持ちいい

高所恐怖症の人は無理をして橋を渡らなくてもよい。遠くから橋を眺めても気持ちいい

川俣ダムと「瀬戸合峡渡らっしゃい吊橋」

川俣ダムと「瀬戸合峡渡らっしゃい吊橋」

【2016年11月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報