浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

群馬県みどり市「高津戸峡(たかつどきょう)」

川岸から迫りくる紅葉と渓谷が圧巻の「高津戸峡(たかつどきょう)」

秋の散歩スポット紹介

川岸から迫りくる紅葉と渓谷が圧巻の「高津戸峡(たかつどきょう)」
お散歩情報
住所
群馬県みどり市大間々町大間々
最寄り駅
東武桐生線経由わたらせ渓谷鐵道「大間々」駅
お問合せ先
0277-76-1270(みどり市産業観光部観光課)
はねたき橋から望む絶景は、高津戸峡の顔だ

はねたき橋から望む絶景は、高津戸峡の顔だ

四季折々の自然を満喫することができる絶景ポイント。

日光の皇海山(すかいさん)を水源とする渡良瀬川の中流に位置する高津戸峡は、関東の耶馬渓(やばけい)とも呼ばれる景勝地。

川の両岸から迫りくる紅葉と渓谷の岩肌とのコントラストは圧巻で、特に上流側に架かるはねたき橋からの眺めは実にみごと。
紅葉に引き寄せられてしまうので、橋の上からは前のめりにならないよう注意しよう。

この橋は、全長120m、幅3.5mの歩行者専用の橋なので、立ち止まりながらじっくり紅葉を眺められる。
渓流の水が飛びはねる様子が滝のように見えることから、この名が付けられたそうだ。

はねたき橋より下流側の高津戸橋は、真っ赤な橋の色が印象的。

新緑の季節は緑との対比が美しいが、紅葉の季節は彩り豊富な赤色に染まった木の葉とみごとに融合する。
上流方面を望むと、はねたき橋の後方に赤城山が見える。

はねたき橋から高津戸橋にかけて、渓谷沿いに遊歩道も整備されている。
その距離およそ500m。川面の近くを歩くことができ、高津戸峡の自然が持つさまざまな顔を楽しむことができる散策路だ。

ポットホールやゴリラ岩など、ユニークな奇勝も楽しみながら、ゆっくりと歩こう。
遊歩道から川原に降りる際、岩場は滑りやすいので足もとには注意。

真っ赤な高津戸橋は新緑にもよく映える

真っ赤な高津戸橋は新緑にもよく映える

【2013年9月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報