浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

群馬県桐生市「古路瀬渓谷(こじせけいこく)」

トロッコ列車の車窓から望む「古路瀬渓谷(こじせけいこく)」

秋の散歩スポット紹介

トロッコ列車の車窓から望む「古路瀬渓谷(こじせけいこく)」
お散歩情報
住所
群馬県桐生市黒保根町下田沢
最寄り駅
東武桐生線経由わたらせ渓谷鐵道「本宿」駅~「水沼」駅間
お問合せ先
0277-46-1111(桐生市産業経済部観光交流課)
本宿駅から望む古路瀬渓谷。木々が少しずつ色づき始めると紅葉シーズンの訪れだ

本宿駅から望む古路瀬渓谷。
木々が少しずつ色づき始めると紅葉シーズンの訪れだ

渡良瀬川の渓谷に沿って走る、わたらせ渓谷鐵道の車窓から楽しめる紅葉スポットとして知られるのが、本宿駅付近の古路瀬渓谷だ。

本宿駅は、駅舎とプラットホームが登録有形文化財に登録された上神梅(かみかんばい)駅と駅内に温泉があることで知られる水沼駅の間にある、一見地味な無人駅だが、ホームや車窓からの眺めはどこにも負けない絶景なのだ。

桐生駅から列車に乗り込み、本宿駅付近にさしかかると、車窓から飛び込んでくる見事な紅葉に誰もが思わず息を呑んでしまうはず。

目の前に広がる、深い古路瀬渓谷の雄々しさと美しく染まった木々たちに目を奪われてしまうからだ。
この絶景は、本宿駅から水沼駅へ向かう車窓からも楽しむことができる。

本宿駅に降り立って、もっと近くから渓谷の紅葉を散策しながら堪能するのもいいだろう。自然のほかには何もないという贅沢な光景が広がっている。

せっかくなので、趣きあるトロッコ列車に乗ってみよう。トロッコ列車には窓ガラスがないため、秋の風を感じながら紅葉を間近に楽しめる。
毎日運行ではないので、必ず事前に確認することをお忘れなく。

赤、黄、緑…色とりどりの紅葉とトロッコ列車はよく似合う

赤、黄、緑…色とりどりの紅葉とトロッコ列車はよく似合う

【2013年9月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報