浅草・日光・会津の季節を楽しんだり、温泉街にぶらりと立ち寄ったり、観光名所を巡りながら季節と歴史を感じるお散歩情報誌

同じ散歩道でも、季節によって
いつもちがった道がある。

福島県檜枝岐村「ブナ平」

雄大なブナの原生林「ブナ平」

秋の散歩スポット紹介

雄大なブナの原生林「ブナ平」
お散歩情報
住所
福島県檜枝岐村字燧ヶ岳
最寄り駅
野岩鉄道会津鬼怒川線「会津高原尾瀬口」駅からバスで約80分「御池駐車場」下車徒歩または沼山峠までのシャトルバス
お問合せ先
0241-75-2432(尾瀬檜枝岐温泉観光協会)
0241-75-2503(桧枝岐村企画観光課)
紅葉の季節になると、ブナはこんもりとなる。見上げると青空をバックに紅葉がよく映える

紅葉の季節になると、ブナはこんもりとなる。見上げると青空をバックに紅葉がよく映える

福島、群馬、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬国立公園。

福島県側からの入山者がもっとも多い沼山峠に向かうシャトルバスが出る御池から1kmほど行ったところに広がるのがブナ平だ。

東西2km、南北1kmにわたって広がるブナの原生林ブナ平は、尾瀬の山々に包まれた雄大な景色。
特にブナの葉が、濃緑から黄、黄から赤へと染まりゆく紅葉の時期は格別だ。

ブナ平の紅葉は、御池から散歩して観賞することも可能だが、前述の沼山峠行きのシャトルバスに向かう車窓からも見ることができる。

運転手さんがブナ平あたりで止まってくれることが多い。
御池から向かう際は向かって左側の座席に乗り、御池に戻る際は右側の座席に座ろう。
といっても、皆が同じことを思って乗り込むので、乗車はお早めに。帰りのバスから見る紅葉は、尾瀬歩きの疲れをすーっと癒してくれる。

せっかくなので、御池から七入方面に歩いて3分ほどのところにあるモーカケの滝まで足を伸ばしてみるのもいいだろう。
マイナスイオンを浴びながらの紅葉観賞で気分爽快だ。

ブナ平から地めがけて一気に落下するモーカケの滝の紅葉は大迫力

ブナ平から地めがけて一気に落下するモーカケの滝の紅葉は大迫力

【2013年9月 更新】

その他のお散歩スポット紹介

電車でハイキング 東武鉄道のハイキング・ウォーキング・トレッキング情報 電車で女子旅 東武鉄道の女子旅情報 電車でおんせん旅 日光 会津 塩原 東武鉄道で行くゆっくり温泉旅 電車で懐かし旅 あの日の自分に帰る旅 旅東武facebook 日光・会津・両毛などおでかけ情報