日光・鬼怒川・会津・両毛の温泉や旅館からグルメやお土産まで観光情報満載。「電車で女子旅」は旅する女子を応援します。

夏の女子旅

中禅寺湖畔から湯滝までをハイキング

おすすめのお土産情報

shop recommended
「八汐」

「八汐」

元気がよくて優しい店員さんたちが、大賑わいの店内でテキパキと接客している。

住所
栃木県日光市松原町5−1
電話
0288-54-0632
「とろりゆば」(1050円)

極上生ゆば。保冷バッグに入れてくれるし、賞味期限も十分ある人気の土産。生姜醬油、わさび醬油はもちろん、ゴマだれなどさまざまな調味料でおいしくいただける 。

「ゆば乳ミルフィーユ」(1050円)

ほかに「豆乳バウム」や「ゆば乳ラスク」などもある。ミルフィーユは7本入り。

「大麦ダクワース」(1050円)

栃木県産二条大麦100%使用。とちおとめのイチゴクリームを大麦のダクワース生地でサンド。ヘルシーで女子にも人気度高。

「日光ワイン」(各種940円)

ストロベリー、梨、ブルーベリーなど、オリジナルワインが揃っている。

shop recommended
「さかえや」

「さかえや」

日光産の素材である湯波を使った饅頭などを製造販売している。素材の特性を生かすために保存料や防腐剤を使っていない。元気で話好きなお母さんは揚げゆばまんじゅうと同じくらい人気者。

住所
栃木県日光市松原町10-1
さかえや
電話
0288-54-1528
「揚げゆばまんじゅう」(1個200円。詰め合わせ各種あり)

もともとあった商品「日光ゆばまんじゅう」に衣を付けてカリッと揚げた。自然塩をパラパラと振りかけるのが「さかえや」オリジナルの証拠。
塩のしょっぱさとうま味+衣のカリカリサクサク食感+餡の優しい甘さという絶妙なハーモニーは多くの人を虜にしている。
保存料などは使っていない。
レンジやトースターで温めて食べれば、東武日光の駅前を思い出す。

shop recommended
「日光金谷ホテルベーカリー&カフェ カフェ・ラ・セゾン」

「日光金谷ホテルベーカリー&
カフェ カフェ・ラ・セゾン」

今回買えなかったおすすめ土産。東武日光駅前店のほか、数カ所の店舗がある。

住所
栃木県日光市松原町1-7
電話
0288-54-1313
「ナポレオン」(598円)

デニッシュ生地を食パン型にしたブレッド。

「大人のラスク」

ガーリック、オニオン、カレーのフレーバーが楽しめる。これを食べると元の食パンが食べたくなるから不思議。

「チーズロード」(630円)

角切りのチーズが練り込まれた人気No.1商品。切ってトースターで焼いて食べるとカリカリのなかにフワフワ生地とチーズが混ざって何枚でも食べられそう。