日光・鬼怒川・会津・両毛の温泉や旅館からグルメやお土産まで観光情報満載。「電車で女子旅」は旅する女子を応援します。

春の女子旅

遊んで食べて祈願する浅草・下町の旅

1日目 後半

13:00「浅草花やしき」で遊ぶ!

浅草には日本で最初に開業した歴史ある遊園地「浅草花やしき」がある。

160周年という長さに驚くふたり。
それほど広くない敷地にアトラクションがギュギュッと詰まっている。アトラクションも歴史あるものばかりだ。

麻「絶叫系に乗りたいな」
絵「私はあまり得意じゃないんですけど・・・・・・」
麻「そんなすごいコースターとかはないから大丈夫だよ」

まずは1953年(昭和28年)に登場したローラーコースターへ。敷地内を1周する日本に現存する最古のコースターだ。

絵「高低差はあるけど、私でも大丈夫」
麻「ただ、あの民家の軒先すれすれを通る感じは迫力あるよね」

軒先は本物の民家ではなくセット。

1996年(平成8年)に誕生したスペースショットは、タワー型で垂直に打ち上げられるアトラクション。この形のものの先駆けだ。

麻「この、上にバビューン! て行くやつ乗りたい!」
絵「私は乗りたくない」
麻「え!? 乗ろうよ~」
絵「本当に遠慮しておきます。下で見ててあげるから」

ということで麻央さんひとりで乗ることに。

13:40引き続き「浅草花やしき」を楽しむ

絵美子さんが乗れるものということで、スカイシップに乗る。

園内を周遊する空飛ぶ海賊船だ。

麻「これなら大丈夫でしょう」
絵「うん!」
麻「ちょっと子ども向け過ぎない?」
絵「う、うん・・・・・・。でも高いところから園内を見られて楽しいよね。ね。」

やはり迫力あるものに乗りたい麻央さんが目を付けたのは、2007年(平成19年)にできたDISK-O(ディスク・オー)だ。

麻「これはきっと遠心力が楽しい、早めのメリーゴーランドみたいなものだよ」
絵「そうかな。乗ってみようか」

そんなはずはないと思うのだが、絵美子さんも乗ってみることに。


ものすごい回転とスリリングな動き。ふたりの声も回転しながらどこかへ飛んでいっているようだ。

絵「これ・・・・・・はすごいね。これに乗れたんだから『スペースショット』にも乗れたな、私」

縁日コーナーで射的を楽しんだふたりは、手相占いへ。やはり女子は占い大好き!

占い師さんによると、絵美子さんはとてもいい手相で、人に助けてもらえるらしい。それによってちゃっかりお金が手に入るという。努力しなくても儲かるとも言われた。ただし気分によって簡単に仕事を辞めてしまうこともあるかもしれないという。
麻央さんは、意志が強く向上心がある。仕事の意見もはっきり言うし、人に押し付けることもある。金星帯があるので、感性も豊からしい。ただし40代で病気をしそうだとも。

麻「えーたん、すごく褒められていたね。『いいわーいいわー。いい手相見せてもらったわー』って言っていたもんね」
絵「うん。でも褒められたのかな。人に助けられてうまくいくって・・・・・・」

14:00「Beeタワー」で終了

最後は1960年(昭和35年)に登場した「Beeタワー(当時は「人工衛星塔」)で浅草を一望。

絵「あ! 今日泊まる予定の『浅草ビューホテル』だ」
麻「本当だ。ほら、反対側には東京スカイツリー®だよ」
絵「なんだか気持ちがいいね~」

たっぷりと「浅草花やしき」を堪能したふたり。
さすがにお腹が減ってきた模様。

14:30釜めし&ランチビール!?

少し遅い昼食は、大正15年創業の「元祖 釜めし 春」で。

釜めしは当然米から炊き上げるので少々時間がかかる。
そこで麻央さんが提案。

麻「明日は東京スカイツリー®に昇ることだし、この『スカイツリー生ビール』を飲みませんか?」
絵「え? あ、ビールね・・・・・・」
麻「できる女はランチビールくらい飲むよね!」
絵「まあいいけど」
麻「いい手相持っているんだから飲んじゃおうよ」
絵「いや、それは関係ないと思うけど」

釜めしは素材の味がしっかり感じられるおいしさ。
ふたりもしっかり完食した。

17:00ホテルへチェックイン

時間をかけて釜めしを食べたふたりは、浅草の小路や商店街をブラブラ散歩。

その後、夕方になって「浅草ビューホテル」へチェックインした。
今回は東武トラベルの「東京スカイツリー®にのぼってみよう! ホテルプラン」を使って予約したので、なんと19階(※)の部屋が用意された。

※通常上記プランでお申込みの場合は10階以上のお部屋をご用意(個人予約の場合のみ)

絵「すごい眺め!!」
麻「わー! 東京スカイツリー! 『花やしき』! 浅草寺!」
絵「人も車も小さいね」
麻「いやちょっと待って、明日はもっと高いところへ行くんだよ」
絵「そうだった。でもいまはこの眺めを満喫しておこうよ」

18:30「文字家」のお好み焼き

今回の夕食は、「浅草ビューホテル」近くの「文字家」でお好み焼き&もんじゃ焼きをいただく。

「文字家」は20年以上の歴史があり、地元の人に愛されているお店だ。予約をしておいたほうが確実に食べられる。

麻「私ね、ビール派なんだ」
絵「知っている!!」
麻「乾杯しましょ」

野菜の鉄板焼きと人気のお好み焼き、めんたいチーズもんじゃをオーダー。
絵美子さんが進んで焼きを担当。麻央さんがそれを見てビールを飲む。

麻「なんかありがとう。私こういうのやってもらうの好き」
絵「私は割と自分でやるタイプ」
麻「さすが手相がいい人」
絵「関係ないと思うけどね。ただもんじゃ焼きはうまくできないかも」
麻「お店の人に言えばやってもらえるみたいだよ」


お好み焼きの返しも見事にこなした絵美子さん。ふたりはお酒とともに話も弾み、パクパクと食べ進めていく。
そして最後のもんじゃ焼きは、店長さんにお願いした。
出来上がり直前。チーズが乗せられたときに・・・・・・。
麻「これは絶対間違いないね」

思わず店長さんも「間違いないですね」と。