日光・鬼怒川・会津・両毛の温泉や旅館からグルメやお土産まで観光情報満載。「電車で女子旅」は旅する女子を応援します。

春の女子旅

日光、鬼怒川温泉のテーマパークで遊ぶ!

鬼怒川温泉・川治温泉のおすすめスポットはここ!

日光温泉郷の鬼怒川温泉・川治温泉には遊べるところ、おいしいところがたくさん!
女子旅にぴったりのスイーツもあるよ。

江戸ワンダーランド
日光江戸村

住所
栃木県日光市柄倉470-2
日光江戸村
TEL
0288-77-1777

営業時間

9:00~17:00(3/20~11/30)
9:30~16:00(12/1~3/19)
水曜定休(詳しくは上記HPの営業日カレンダーを参照)

江戸ワンダーランド 日光江戸村
「江戸ワンダーランド 日光江戸村」。通行手形を買って入村。それがあれば村内の劇場は入れる
江戸時代の町並みを再現した広大なテーマパーク。

さまざまな演目を上演している劇場もあるし、手裏剣道場、矢場、紙相撲などで遊ぶこともできる。染め物や子どもの忍者体験の場もあり、参加型から観賞型まで老若男女が楽しめる施設となっている。
「名代 江戸人変身処」では、侍や町娘などのコスチュームを貸し出しており、着替える(変身する)ことで江戸時代の人間になりきって町を歩くこともできる。
村内にいるスタッフはすべて江戸時代の格好をしていて、話しかけたり絡んだりしてくる。全員なりきっているので、統一された世界観のなかで楽しめる。

マスコットキャラクターのニャンまげに侍が飛びつくCMもよく知られているが、現在は危険なこともあるので飛びつくことはNGとしている。
5.5等身のニャンまげは流行のゆるキャラ風なフォルムではないが、モデルのようなポージングや愛嬌のある仕草は一度会ったらきっと好きになるはず。
日本そば屋、中華そば屋、串焼き、団子など、御食事処も多い。

記事ページ「日光江戸村」を見る

東武ワールド
スクウェア

住所
栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
東武ワールドスクウェア
TEL
0288-77-1055

営業時間

9:00~17:00(3/20~11/30)
9:30~16:00(12/1~3/19)

東武ワールドスクウェア
「東武ワールドスクウェア」エントランス。鬼怒川温泉駅からバスで約5分。
1993年(平成5年)に5年の歳月をかけて完成したテーマパーク。

園内には25分の1の大きさで精巧に作られた世界各地の歴史的建築物を展示している。その数は100点以上にのぼり、建物のまわりにはやはり25分の1の大きさの各国の人々(人形)が生活のひとこまを演じている。

建物の周りにいる約140万人の人形のなかには、強盗とそれを追う警察や事故を起こした自動車、初詣をする着物姿の人々、そしてよく知られたお菓子のキャラクターなど、さまざまな一場面が演出されていて、じっくりとそれらの人々を眺めるのも楽しい。

世界遺産に登録されている45もの建物もあるし、建物の彫刻、レリーフ、ステンドグラスなどが実に精巧に作られているので、貸し出されている双眼鏡でじっくりと見てみるのもいいだろう。
実際に現地に行ったとしても見ることができないような高層部分の彫刻などがじっくりと見られるのが、25分の1ならではの醍醐味でもある。

悲しいことに崩壊してしまった建物も、この園内では以前の姿のまま建っている。世界の有名建築を後世に残すという使命を十分に果たしているテーマパークだ。

記事ページ「東武ワールドスクウェア」を見る

湯けむりの里 柏屋

住所
栃木県日光市川治温泉高原62
湯けむりの里 柏屋
TEL
0288-78-0002
湯けむりの里 柏屋
湯けむりの里 柏屋
日光温泉郷の川治温泉の宿。

すべての部屋が鬼怒川に面していて、露天風呂からも緑色に光る川面と陸橋を走る野岩鉄道の列車を眺めることができる。 トロリとした感触の源泉は傷にも効くし、美肌効果もあるといわれている。

夕食は部屋出しで、旬の素材を生かした料理を選べる宿泊プランがいろいろあるので、ぜひ厳選して利用したいところ。

記事ページ「湯けむりの里 柏屋」を見る
川治ふれあい公園

川治ふれあい公園

住所
栃木県日光市川治温泉高原45
川治ふれあい公園
川治ふれあい公園「かわじいの湯」
2010年(平成22年)にふたつの足湯を整備して完成。

川治温泉のキャラクター“かわじい”の名前がつけられた「かわじいの湯」と縁結び効果がありそうなカップルにおすすめの「むすびの湯」がある。
川面が緑の鬼怒川と違い、透明な男鹿川に面している。

記事ページ「川治ふれあい公園」を見る
坂文精肉店

坂文精肉店

住所
栃木県日光市藤原1238
TEL
0288-78-0211

営業時間

10:00~18:30 木曜定休

坂文精肉店
坂文精肉店
坂文精肉店

50年以上の歴史がある川治温泉街のお店で、11種のコロッケ(メンチ含む)は地元の人にも観光客にも大人気。
「川治へ行くならこれを買って帰らないと」という人も多い。

ひとつから買えるので食べ歩きにも最適。鳥のモモ揚げなども人気がある。
店主の優しく朗らかな人柄も、実は人気の秘密。

記事ページ「坂文精肉店」を見る
ラーメン八海山

ラーメン八海山

住所
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1403-11
ラーメン八海山
TEL
0288-76-8500

営業時間

11:00~15:00
17:00~翌1:00
月曜定休

ラーメン八海山
「ラーメン八海山」。店名より大きい「鬼怒川太朗」の文字が目印?
「たろう餃子」が人気のラーメン居酒屋。

経営者の鬼怒川太朗氏は演歌歌手でもあり、「演歌よりうまい!10人が食べたら11人がうなる、たろう餃子」というキャッチフレーズも浸透してきている。
ラーメンは昔懐かしいタイプの細麺で、自家製の鶏ダシを使っている。

お酒は新潟銘酒の「八海山」「久保田」「越乃寒梅」などが揃っている。
昼間は地元の人から観光客まで、ひっきりなしにお客さんが訪れる、多くの人に愛されているお店だ。

記事ページ「ラーメン八海山」を見る
もちかえり処 きぬ太茶屋

もちかえり処
きぬ太茶屋

住所
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398-13
もちかえり処 きぬ太茶屋
TEL
0288-25-3873

営業時間

9:00~16:00
月曜定休

もちかえり処 きぬ太茶屋
もちかえり処 きぬ太茶屋
「ラーメン八海山」の人気商品「たろう餃子」が持ち帰りできる。

イチゴを練り込んだ餡がほかにはない味を出している「温泉きぬ太焼」(150円)やソフトクリーム(250円)、手羽先から揚げ(3本350円)などを販売している。

2012年オープンで、場所は「ラーメン八海山」の向かい。
「たろう餃子」は5個入り400円のものと、冷凍生餃子で15個入り1100円(保冷ケース入り)のものがある。

記事ページ「もちかえり処 きぬ太茶屋」を見る
バウムクーヘン工房 はちや

バウムクーヘン工房
はちや

住所
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396-10
バウムクーヘン工房 はちや
TEL
0288-77-1453

営業時間

9:00~17:30
不定休

バウムクーヘン工房 はちや
「ろっくバウム」はスティックタイプ(長さ約15cm)と三つ山(直径約13cm、長さ約12cm)がある。
2012年7月にオープンしたバウムクーヘンのお店。

カルピス(株)バターを仕入れて使用しているので風味豊かなバウムクーヘンが生み出されている。卵は日光の地卵を、小麦粉は北関東産のものを使っている。
ソフトタイプの定番、「はちやバウム」はほかでは味わえない独特な甘さを醸しだし、「ろっくバウム」は外がカリッ、なかがモチッの食感が新鮮なハードタイプ。

バウムロールは季節によってイチゴを入れたものなども数量限定で販売。イチゴとバニラのソフトクリームも人気が高い。
2Fはレストランになっている。

記事ページ「バウムクーヘン工房 はちや」を見る
きっかぶ

きっかぶ

住所
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1413-13

営業時間

10:00~17:00
日月火曜定休

きっかぶ
作っているのを見ていると、結構な量の具材を入れていた。真面目な優しさを感じる。
「焼きそば」と「きっかぶ焼き」だけを出している小さなお店。

創業から30年以上経つ、地元の人に愛されている名店だ。
店主のお母さんがひとりで作っているので、

大勢で押しかけたり行列を作ったりするのは御法度。
常連さんが来たら、「お久しぶりね。
2週間ほど見えなかったわね」という会話をされていた。

記事ページ「きっかぶ」を見る