東武野田線(東武アーバンパークライン)、東武スカイツリーライン、宇都宮線など東武鉄道の電車展望動画や、観光・イベント・グルメ情報をご紹介。

TOBU are GO!GO! archive

東武 are GO!GO! アーカイブ

お得なきっぷの記事

春の花めぐりきっぷ 2017年版

更新日 2017年4月

春の花めぐりきっぷ 2017年版

春の花々をお得に楽しめる、「春の花めぐりきっぷ」が登場!東武線の往復乗車券と、「あしかがフラワーパーク」や「東武トレジャーガーデン」の入園券がセットになった大変お得な切符です。これからどんどん春の花が見頃を迎えます。「春の花めぐりきっぷ」を使って、お得に春を満喫する旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

春の花めぐりきっぷメニュー

  1. 春の花めぐりきっぷ 概要
  2. 春の花めぐりきっぷ 発売プラン
  3. 春の花を満喫できる 花の名所をご紹介

春の花めぐりきっぷ 概要

春の花めぐりきっぷとは

東武伊勢崎線沿線で花の名所として有名な「あしかがフラワーパーク」や「東武トレジャーガーデン」の入園券と、東武線往復乗車券がセットになった大変お得なきっぷです。
1ヶ所で花をゆっくり楽しみたい、2ヶ所を巡って花を存分に楽しみたいなど、好みによって3つのコースから選ぶことができます。

発売開始日

平成29年4月15日(土)

  • ※コースにより設定日が違います。
  • ※特急りょうもう号を利用の場合は別途特急券をご購入ください。

利用期間

平成29年4月22日(土)~6月18日(日)

  • ※ご利用日の1ヵ月前よりご購入頂けます。ただし、発売開始は4月15日(土)です。

有効期間

ご利用日の1日限り有効

発売箇所

東武線沿線の東武トップツアーズ各支店

東武トップツアーズ支店を探す

ページトップへ戻る

春の花めぐりきっぷ 発売プラン

春の花めぐりきっぷ あしかがフラワーパーク

春の花めぐりきっぷ あしかがフラワーパーク 図
発駅 4/22~5/14 5/20~6/18
船橋~鎌ヶ谷 3,250
(1,440)
2,210
(1,140)
浅草~牛田・小村井~亀戸
新鎌ヶ谷~新柏
3,110
(1,380)
2,070
(1,080)
北千住~谷塚・大師前
柏~江戸川台
2,990
(1,300)
1,950
(1,000)
草加~北越谷
運河~七光台・大宮~七里
2,850
(1,240)
1,810
(940)
大袋~春日部
川間~藤の牛島・岩槻~八木崎
2,710
(1,160)
1,670
(860)
北春日部~東武動物公園 2,590
(1,120)
1,550
(820)
  • ※()内は小児料金
  • ※単位:円

春の花めぐりきっぷ 東武トレジャーガーデン

春の花めぐりきっぷ 東武トレジャーガーデン 図
発駅 4/22~5/14 5/20~6/18
船橋~馬込沢 2,060
(1,000)
2,360
(1,100)
浅草~鐘ヶ淵・小村井~亀戸
鎌ヶ谷~増尾
1,940
(920)
2,240
(1,020)
堀切~竹ノ塚・大師前
新柏~初石
1,800
(860)
2,100
(960)
谷塚~越谷
江戸川台~清水公園・大宮~大和田
1,660
(780)
1,960
(880)
北越谷~大袋
七光台~川間・七里~岩槻
1,540
(740)
1,840
(840)
せんげん台~一ノ割
南桜井~藤の牛島・東岩槻~八木崎
1,460
(680)
1,760
(780)
春日部~姫宮 1,340
(620)
1,640
(720)
東武動物公園 1,260
(600)
1,560
(700)
  • ※()内は小児料金
  • ※単位:円

春の花めぐりきっぷ あしかがフラワーパーク&
東武トレジャーガーデン

春の花めぐりきっぷ あしかがフラワーパーク&東武トレジャーガーデン 図
発駅 4/22~5/14 5/20~6/18
船橋~鎌ヶ谷 3,750
(1,640)
3,010
(1,440)
浅草~牛田・小村井~亀戸
新鎌ヶ谷~新柏
3,610
(1,580)
2,870
(1,380)
北千住~谷塚・大師前
柏~江戸川台
3,490
(1,500)
2,750
(1,300)
草加~北越谷
運河~七光台・大宮~七里
3,350
(1,440)
2,610
(1,240)
大袋~春日部
川間~藤の牛島・岩槻~八木崎
3,210
(1,360)
2,470
(1,160)
北春日部~東武動物公園 3,090
(1,320)
2,350
(1,120)
  • ※()内は小児料金
  • ※単位:円
  • ※あしかがフラワーパークは、4歳から入園料がかかります。
  • ※小学生未満の方は直接窓口でお支払い下さい。(入園料は入園日によって違います)

足利市駅発あしかがフラワーパーク行 シャトルバス運行時刻

4月22日(土)~5月14日(日)毎日運行

9:15、10:15、11:15、12:15、13:15、14:15、15:15、16:15、17:15、18:15

5月20日(土)~6月18日(日)土曜・日曜日

9:15、10:15、11:15、12:15、13:50、14:50、15:50

  • ※4月22日(土)~5月14日(日) 有料
  • ※5月20日(土)~6月18日(日) 無料

東武鉄道に関するお問い合わせ

東武鉄道お客さまセンター
TEL:03-5962-0102
[受付時間:8:30~19:00 年中無休ただし年末年始を除く] 
※電話番号はお間違えのないようご注意ください。

ページトップへ戻る

春の花が満喫できる 花の名所をご紹介

花の名所MAP

白藤は栃木県の天然記念物
[あしかがフラワーパーク]

600畳もの広さがある大藤棚は樹齢150年以上!うす紅、紫、白、黄の藤が順次開花して、ひと月以上も楽しめるのが魅力。

あしかがフラワーパーク

土産物やレストランも充実
[東武トレジャーガーデン]

年間約4000種、100万株の花が咲き乱れる、広大な花の楽園。ピンクやブルーなどのカラフルなグラデーションが堪能できるシバザクラが見どころのひとつ。

東武トレジャーガーデン

ページトップへ戻る

フリー区間を利用して両毛エリアの観光を楽しむ

「分福茶釜」いわれのお寺
[茂林寺駅/茂林寺]

茂林寺に伝わる伝説は、昔話とはやや内容は異なるのだが、タヌキと茶釜がキーポイントという点では一緒。このときの茶釜とされるものが現存しており、拝観することも可能。

茂林寺駅/茂林寺

2013年の「U-1グランプリ」部門賞の第1位を獲得
[館林駅/館林のうどん]

きしめんのような幅広のうどんで、独特のトゥルンとした食感が魅力の「鬼ひも川」群馬県産の麦豚を添えて出される。偶然、倉庫から発見された古い文献によって蘇った。

館林駅/館林のうどん

白鳥が羽を休める沼、叙情あふれる風景
[多々良駅/ 多々良ハイキングコース]

白鳥の飛来地として知られている多々良沼の西側には藤棚のトンネルが。4月下旬から5月上旬のシーズンには、見事な紫色の大きな房が観光客をエスコートしてくれる。

多々良駅/ 多々良ハイキングコース

歴史を誇る織物の守護神が祀られている
[足利市駅/足利織姫神社]

栃木県足利市は鎌倉時代の「徒然草」にもその名が登場するほど、古くから織物が産業の中心となって発展してきた。現在は縁結びの神様としても広く親しまれている。国登録有形文化財。

足利市駅/足利織姫神社

きっぷ一覧へ戻る