東武野田線(東武アーバンパークライン)、東武スカイツリーライン、宇都宮線など東武鉄道の電車展望動画や、観光・イベント・グルメ情報をご紹介。

TOBU are GO!GO! archive

東武 are GO!GO! アーカイブ

お得なきっぷの記事

春~秋季限定
プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパスを2017年も発売!

更新日 2017年4月

春~秋季限定 プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパスを2017年も発売!

日光・鬼怒川旅行をめいっぱい満喫できるフリーパスが発売スタート!これを使えば、アクティブにお得に旅が楽しめちゃいます。日光旅でかかすことのできない、中禅寺湖機船・明智平ロープウェイの乗り降り自由もついているこのフリーパスで、存分に日光・鬼怒川を巡りつくしちゃいましょう。

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパス メニュー

  1. プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパス概要
  2. プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパスの楽しみ方
  3. 日光・鬼怒川エリアの四季に出会う旅

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパス概要

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパス設定内容:往復乗車券・往復特急券+日光・鬼怒川エリアの東武グループのバス、低公害バス、
中禅寺湖遊覧船、明智平ロープウェイが、乗り降り自由

さらに、今回より東武本線一部の駅窓口、
浅草駅旅行センターでもご購入頂けるようになりました。

発売金額例

  • 浅草からの場合:大人8,070円~8,730円
  • 北千住からの場合:大人7,960円~8,620円
  • 春日部からの場合:大人7,410円~8,070円
  • ※上記金額は特急券込の料金です。
  • ※往復の特急の座席が確保できた場合のみ発売いたします。
  • ※発売額は特急列車の曜日・時間帯によって異なります。

発売期間

平成29年4月10日~平成29年11月26日

利用期間

平成29年4月26日~平成29年11月30日

発売箇所

東武線各駅の窓口(浅草~春日部、亀戸~小村井、大宮~柏間の各駅)
浅草駅旅行センター
東武トップツアーズ各支店

東武トップツアーズ支店を探す

ページトップへ戻る

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパスの楽しみ方

例えば、こんな旅が楽しめます。

日光・鬼怒川イイトコ欲張り旅! 大自然・温泉・世界遺産・テーマパーク

モデルコース

1日目

  • 浅草駅
  • 東武鉄道(運賃+午後割特急料金)
  • 東武日光駅
  • 東武バス日光
  • 明智平 明智平ロープウェイ(往復) 
  • 東武バス日光
  • 中禅寺温泉/船の駅中禅寺
  • 中禅寺湖機船
  • 千手ヶ浜
  • 低公害バス
  • 赤沼車庫/赤沼
  • 東武バス日光
  • 湯元温泉〈宿泊〉

2日目

  • 湯元温泉〈宿泊〉
  • 東武バス日光
  • 西参道(日光二社一寺)
  • 日光・鬼怒川エクスプレス(バス)
  • 東武ワールドスクウェア園内
  • 日光交通路線バス
  • 鬼怒川温泉駅
  • 日光交通路線バス
  • 湯西川温泉〈宿泊〉

3日目

  • 湯西川温泉〈宿泊〉
  • 日光交通路線バス
  • 湯西川温泉駅
  • 野岩鉄道・東武鉄道(運賃+夜割特急料金)
  • 浅草駅

モデルコースのスポット

明智平ロープウェー

日光の大自然を大パノラマで
[明智平ロープウェー]

中禅寺湖・華厳の滝・男体山などが雄大なスケールで見わたせる日光一と言われる展望地点。展望台からは、茶の木平方面に遊歩道が設けられている。

明智平ロープウェーをもっと見る

中禅寺湖機船

立ち寄りできるコースも
[中禅寺湖機船]

男体山の噴火によって流れ出た溶岩が、大谷川をせき止めてできたと言われる。存分に楽しみたいなら、菖蒲ヶ浜、立木観音に立ち寄る約55分間の名所お廻りコースがおすすめ。

中禅寺湖機船をもっと見る

千手ヶ浜

日本百景にも選定
[千手ヶ浜]

「千手ヶ浜」には低公害バスで行くことができる。バスからの景色も貴重なので、見逃さずに日光の美しさを堪能してみては。中禅寺湖遊覧船を楽しんで近くで下船するという方法もある。

千手ヶ浜をもっと見る

湯元温泉

硫黄泉と大自然の中でゆったり
[湯元温泉]

自然に囲まれた秘境なので、自然に身を委ねて、壮大さや美しさを全身で感じられる温泉地。源泉からは硫黄泉がボコボコと地中から湧き出ていて、場所によって温度が違う。

湯元温泉をもっと見る

日光東照宮

5000以上ある動物の木彫り像
[日光東照宮]

各動物には意味があり、それを知りながら見るのも楽しい。例えば「眠り猫」は、眠っているように見えて、実は角度によっては目を開けているようにも見え、いつでも飛びかかれる体勢をとっているともいわれている。

日光東照宮をもっと見る

日光二荒山神社

三社からなる広大な神社
[日光二荒山神社]

日光東照宮の西にある本社、中禅寺湖畔の中宮祠、男体山山頂の奥宮の三社からなる。境内には御神木に加え、夫婦杉や親子杉、霊泉などさまざまな祈願場所が。

日光二荒山神社をもっと見る

日光山輪王寺

かなりのエネルギーを持つ三仏堂
[日光山輪王寺]

明治初年の神仏分離令以降、東照宮と二荒山神社と合わせて「二社一寺」と称されるようになった。日光三社権現本地仏という高さ8.5mの三体の大仏様は必見。

日光山輪王寺をもっと見る

東武ワールドスクウェア

約140万人の名演技にも注目
[東武ワールドスクウェア]

25分の1の大きさで精巧に作られた世界各地の歴史的建築物を展示している中には、各国の人々(人形)が生活のひとこまを演じている。貸し出されている双眼鏡でじっくりと見てみるのも楽しい。

東武ワールドスクウェアをもっと見る

湯西川温泉

平家落人伝説が残る
[湯西川温泉]

古くから残る「平家集落」を見ることができる。川沿いを突き当たりまで歩くと、湯前橋の横に平家落人の菩提寺といわれる「慈光寺」が。その横にある「平家そば 志おや」では、名物平家そばが食べられる。

湯西川温泉をもっと見る

その他にもおすすめしたいスポットがあります

鬼怒川温泉

遊び場も多い温泉地
[鬼怒川温泉]

プチ世界旅行ができる「東武ワールドスクウェア」、江戸時代の雰囲気を体験できる「江戸ワンダーランド 日光江戸村」がある。

霧降高原

高原の草木と素晴らしい眺望
[霧降高原]

標高1300から1400mに広がる高原では様々な草木を楽しめるほか、運がよければ雲海を見ることも。

お問い合わせ

東武鉄道お客さまセンター
TEL:03-5962-0102
[受付時間:8:30~19:00 年中無休ただし年末年始を除く] 
※電話番号はお間違えのないようご注意ください。

ページトップへ戻る

日光・鬼怒川エリアの四季に出会う旅

日光エリア

千手ヶ浜のクリンソウ

白、薄紫、紫の花が集まる
「クリンソウ」を楽しむ
[千手ヶ浜]

6月上旬から花が開きはじめ約1カ月観賞できる。多年草で寒さに強く暑さに弱いため、ここ奥日光のような山間部の水辺に自生していることが多い。

千手ヶ浜のクリンソウをもっと見る

戦場ヶ原のワタスゲ

白いホワホワの綿穂がかわいい
「ワタスゲ」の群生
[戦場ヶ原]

6月上旬から見ごろとなる植物のひとつ。。小さくてホワリとした白い穂が群生しているさまは、確かに癒される。ぜひ実際にゆらゆらと揺れる綿帽子たちを見に行ってほしい。

戦場ヶ原のワタスゲをもっと見る

霧降高原 ニッコウキスゲ

日光を代表する花ともいえる
「ニッコウキスゲ」
[霧降高原]

黄色い花が海のように広がる光景が多くの人の目を引き、足を止めさせる。

竜頭の滝 ウゴクミツバツツジ

水の流れを応援しているかのような
「ウゴクミツバツツジ」
[竜頭の滝]

勇ましさを感じる竜頭の滝とトウゴクミツバツツジのコントラストは、写真に収めるのも楽しい。

マックラ滝

森のなかの荘厳な雰囲気の滝
[マックラ滝]

落差30m程、滝の幅は全体で約10m。北向きの滝は全国でも珍しいといわれている。

華厳の滝

四季によって水量や表情を変える
[華厳の滝]

自然に削られていった岩壁やまわりの山々、夏の深緑など、見事な景観をしっかりと心に焼き付けてほしい。

大笹牧場

広大な敷地の放牧育成牧場
[大笹牧場]

草を食む牛たちを見ていると、なんとものどかな気持ちになること間違いなし。

明智平ロープウェイ

標高1373mからの展望が楽しめる
[明智平ロープウェイ]

西側に見える中禅寺湖・華厳滝・男体山の風景は、いつの季節に見ても雄大さと美しさで引き込まれてしまう。

小田代原

絵画のなかに佇んでいるような気分になる
[小田代原]

小田代原自然研究路で見られる1本のシラカンバは、「小田代原の貴婦人」という愛称で親しまれている。

湯ノ湖

同じ色がひとつもない秋の景色
[湯ノ湖]

深緑が気持ちいい夏もおすすめだが、10月中旬ごろからの紅葉・黄葉時期はまさに息を呑むような美しい景色。

半月山展望台

疲れもふっとぶ絶景
[半月山展望台]

男体山、中禅寺湖、八丁出島、日光白根山が、赤、黄、茶、緑といった秋の衣装をまとっている。

鬼怒川エリア

栃木県日光市「鬼怒川ラフティング」

水しぶきをあげて楽しむ大人の
水遊び!
[鬼怒川ラフティング]

初心者でも楽しめる人気アトラクション。スリル満点でもあるのだが、水量が安定する夏は水のなかに飛び込んだり小さな滝に打たれたりして楽しく遊ぶこともできる冒険ツアーだ。

栃木県日光市「鬼怒川ラフティング」をもっと見る

瀬戸合峡

「とちぎの景勝100選」のひとつ
[瀬戸合峡]

川俣ダム正面の岩壁に架けられた吊り橋があり、多くの人が絶景の紅葉を観に訪れている。

ページトップへ戻る

きっぷ一覧へ戻る