東武野田線(東武アーバンパークライン)、東武スカイツリーライン、宇都宮線など東武鉄道の電車展望動画や、観光・イベント・グルメ情報をご紹介。

TOBU are GO!GO! archive

東武 are GO!GO! アーカイブ

イベントの記事

第369回コスモス満開!羽生をめぐるハイキング

更新日 2018年10月

第369回コスモス満開!羽生をめぐるハイキング

参加無料当日自由参加の「東武健康ハイキング」。2018年10月10日(水)~10月17日(水)は「コスモス満開!羽生をめぐるハイキング」を実施。コスモスの名所である羽生ではコスモスの花の見ごろである10月中下旬頃には、さまざまな種類のコスモスが美しく咲き乱れます。周辺の観光・グルメ情報もチェックしてハイキングを楽しみましょう!

第369回コスモス満開!羽生をめぐるハイキング メニュー

  1. 第369回コスモス満開!羽生をめぐるハイキングのご紹介
  2. 自由に散策したい!館林ハイキングコース
  3. 羽生市の周辺には何があるの?足を延ばして行ける観光・グルメスポットをご紹介
  4. お得なきっぷのご紹介

第369回コスモス満開!羽生をめぐるハイキングのご紹介

コース概要

  • 羽生駅
  • 羽生市民プラザ(受付)
  • 正光寺(清水卯三郎の墓)
  • 永明寺(古墳)
  • 田舎教師の像
  • 羽生水郷公園
  • キヤッセ羽生【10/15休館】(ゴール)
  • コスモス畑
  • 羽生駅

開催日

2018年10月10日(水)~10月17日(水)

スタート受付時間

10:00~11:30

スタート受付場所

羽生市民プラザ(「羽生駅」下車、東口徒歩約10分)

ノベルティ

ノベルティ

「第369回コスモス満開!羽生をめぐるハイキング」に参加された方には
「薄型カバー付ふせんセット」
プレゼント!

  • ※お1人様1点限りとさせて頂きます
  • ※ノベルティのお引換はゴール受付で行います

イベント情報

ハイキングとご一緒に羽生の秋のイベントをお楽しみ下さい

秋のわくわく公園まつり

  • 開催日:10月13日(土)・14日(日)
  • 場所:キヤッセ羽生・羽生水郷公園

コスモスフェスティバル

  • 開催日:10月14日(日)
  • 場所:コスモス畑

参加注意事項

  • コース内に道路を横断する箇所があります。自動車には十分注意してください。
  • 道路歩行時は、道幅にかかわらず、横に広がらず、対向する人の妨げにならないように注意しましょう。
  • 歩行中の喫煙はおやめください。
  • 花や木は、折ったり、抜かないでください。
  • 当ハイキングは、速さを競う大会ではありません。自分のペースで自由に歩いてください。
  • 当社では、ご参加される皆様の健康増進のため、当ハイキング会を行っております。心臓疾患や傷病、ケガ、事故などの責任は当社では負いかねます。自己の責任において健康管理を十分にし、開催当日に体の不調や異常を感じた時は参加を見合わせてください。
  • ご案内・参加注意事項その他により、受付を一時中断する場合がございます。
  • コースはモデルコースとなります。ご自由に市内散策をお楽しみください。
  • 個人の敷地に出入りする場合は、必ず許可を得て見学して下さい。

楽しい仲間たちと元気に歩きましょう!東武健康ハイキング

「東武健康ハイキング」は、東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークラインエリアと、東武東上線エリアが一緒になって開催する、楽しいイベントです。どちらも風光明媚な自然の風景や、歴史に彩られた寺社。 そして、その土地ならではの自慢の味も楽しめます。どちらのエリアハイキングに参加されてもOK。

東武健康ハイキング 東武健康ハイキングを詳しく見る

お問い合わせ

東武鉄道お客さまセンター
TEL:03-5962-0102
[営業時間:8:30~19:00 年中無休ただし年末年始を除く]
※電話番号はお間違えのないようご注意ください。

ページトップへ戻る

自由に散策したい!館林ハイキングコース

館林ハイキングコース

「東武健康ハイキング」への参加ではなく、自分で自由に散策したい・・・という方には、羽生市からもほど近い館林ハイキングコースはいかが?城沼のほとりに点在する名所・史跡や良質な小麦から作られるうどんも楽しめるコースです。

館林ハイキングコースを詳しく見る

ページトップへ戻る

羽生市の周辺には何があるの?足を延ばして行ける観光・グルメスポットをご紹介

「浮き城」と呼ばれる名城「忍城」

戦国時代に築城された関東七名城のひとつ、忍城が埼玉県行田市あります。大きくはありませんが、綺麗な形をしています。豊臣秀吉の関東平定の際、石田三成による水攻めに耐え抜いたため、「浮き城」と呼ばれるようになりました。

忍城

たくさんのタヌキから自分好みをおひとつ

「うどんの里」であり、分福茶釜のお寺があり、小麦粉産業で発展した町館林市。町中ではさまざまなたぬきと出会え、お土産も充実した品揃え。お気に入りのたぬきを探してみては。

「茂林寺」前の土産物屋

愛くるしい器でおいしさ倍増の「分福茶釜の釜玉うどん」

良質の小麦の産地として知られてきた館林市では多くのうどん屋さんが点在しています。お食事処「花やま」では、かわいらしい器ではこばれてくるうどんが人気。具だくさんなのがうれしい温かいうどんです。

分福茶釜の釜玉うどん

昔話「分福茶釜」いわれのお寺・茂林寺では、たくさんのたぬき像がお出迎え

誰でも一度は耳にしたことのある昔話「分福茶釜」の舞台となった群馬県館林市。「茂林寺」の山門をくぐると、さまざまな姿をしたタヌキの像が計22体も左右に並んでいます。ここがタヌキと所縁が深いお寺であることがよくわかります。

茂林

縁起物でもあるたぬきの置物に

館林市内では駅や公園など、さまざまな場所でユーモラスなタヌキの置物に出会うことができます。縁起物だったり、商売が繁盛したりするという意味合いがあるらしいタヌキの置物。街を歩くだけで縁起が良くなる・・・かも。

たぬきの置物

お得なきっぷのご紹介

館林まで足を延ばすならこちらのきっぷが便利でお得

ふらっと両毛 東武フリーパス

  • 両毛エリアの電車・バスが乗り降り自由。
  • 協賛店・施設の特典付き。
きっぷの情報を詳しく見る

イベント一覧へ戻る