鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017in東武鉄道開催!

TOBU are GO!GO! archive

東武 are GO!GO! アーカイブ

イベントの記事

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017in東武鉄道開催!

更新日 2017年12月

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017in東武鉄道開催!

「鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017in東武鉄道」を開催!約半世紀ぶりに復活したSL「大樹」にちなんで、かつて当社を走っていたSLが展示されている駅など、様々な駅や施設を巡りながらスタンプを集めちゃいましょう!オリジナルの賞品をゲットできたり、さらに抽選でオリジナルポスターが当たるチャンスも!SLの魅力を堪能しながらスタンプを集めましょう!

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017in東武鉄道開催!メニュー

  1. 鉄道むすめ&SLスタンプラリー20717in東武鉄道開催!
  2. 鉄道むすめのご紹介
  3. スタンプラリーと一緒にSLを訪ねる
  4. スタンプラリーと一緒に楽しむ旅情報

第361回 SLに手を振ろうハイキングのご紹介

開催期間

2017年12月8日(金)〜2018年3月25日(日)

参加方法

スタンプ設置か所や東武線各駅 ( 無人駅および押上・相老・赤城・新藤原 ・東上線の各駅を除く ) で配布しているスタンプ台紙を入手のうえご参加ください。

コース紹介

路線概略図

スタンプラリー路線概略図

  • 鬼怒川みやびコース

    スタンプ設置か所 (4か所 )
    ◆宇都宮線 おもちゃのまち駅 改札外 ( 壬生えみこ )
    ◆日光線 下今市駅 改札外ギャラリー ( 春日部しあ )
    ◆鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 改札内 ( 鬼怒川みやび )
    ◆特急「スペーシア」車内3号車・車内販売カウンター ( 栗橋あかな )
    ※車内販売営業区間は北千住〜下今市間のみです
    ※車内でのスタンプ設置は、車内販売員が乗務する列車に限ります。
    スタンプの押印の際は、車内販売員にお声掛けください。
    また、JR相互直通特急はスタンプ 設置対象外となります。

  • 栗橋みなみコース

    スタンプ設置か所 (4か所 )
    ◆東武スカイツリーライン 浅草駅 改札内 ( 渡瀬きぬ )
    ◆東武スカイツリーライン 東向島駅 改札外 ( 川越あさか )
    ◆東武スカイツリーライン 東武動物公園駅 改札外 ( 姫宮なな )
    ◆日光線 栗橋駅 改札外 ( 栗橋みなみ )

スタンプイメージ

スタンプイメージ

スタンプ台紙設置場所

東武線各駅
(無人駅および押上・相老・赤城・新藤原・東上線の各駅を除く)

スタンプ台紙イメージ

スタンプ台紙表イメージ

スタンプ台紙表面イメージ

スタンプ台紙裏イメージ

スタンプ台紙裏面イメージ

賞品情報

  • 鬼怒川みやびコース賞

    鬼怒川みやびコースの4コのスタンプを集めると
    「鉄道むすめオリジナル缶バッジ」を
    先着2,000名様にプレゼント

  • 鉄道むすめオリジナル缶バッチイメージ

    鉄道むすめ
    オリジナル缶バッチイメージ

  • 栗橋みなみコース賞

    栗橋みなみコースの4コのスタンプを集めると
    「鉄道むすめ オリジナル缶バッジ」を
    先着2,000名様にプレゼント

  • 鉄道むすめオリジナル缶バッチイメージ

    鉄道むすめ
    オリジナル缶バッチイメージ

  • コンプリート賞

    スタンプ8コをコンプリートされた方には
    「鉄道むすめ缶バッジを飾るオリジナルトート」を
    先着2,000名様にプレゼント

  • 鉄道むすめオリジナルトートイメージ

    鉄道むすめ
    オリジナルトートイメージ

抽選でポスターをプレゼント A賞「 鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017in 東武鉄道」 B賞「 鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017in 東武鉄道」

※スタンプ台紙はお一人様1枚までとさせて頂きます。
※賞品がなくなり次第の終了となります。

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道 B1ポスター

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道 B1ポスターイメージ

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道 B3ポスター

鉄道むすめ&SLスタンプラリー2017 in 東武鉄道 B3ポスターイメージ

賞品引換場所

・浅草駅旅行センター(定期券発売窓口)
[対応時間 7時30分〜20時00分]

浅草駅旅行センター賞品引換場所

・鬼怒川・川治温泉観光情報センター(鬼怒川線 鬼怒川温泉駅前)
[対応時間 9時00分〜17時00分]

鬼怒川・川治温泉観光情報センター賞品引換場所

※賞品引換期間:2017年12月8日(金)〜2018年3月25日(日)

賞品引換期間

2017年12月8日(金)〜2018年3月25日(日)

注意事項

※駅構内に入場する際には、入場券をお買い求めください。
※スタンプ台紙はお一人様1枚までとさせて頂きます。
※スタンプラリーにご参加されるときは、時間にゆとりをお持ちになり安全に快適に、東武鉄道 沿線の旅をお楽しみください。
※スタンプの設置されている特急列車の時刻をお確かめください。(指定列車の確認をお願いします)
※賞品の受け渡し場所と対応時間をお確かめください。(現地到着後に賞品対応出来ない場合があります)
※賞品がなくなり次第の終了となります。
※「鉄道むすめ」はトミーテックが展開する、全国の鉄道事業者の制服を着たキャラクターです。
※「壬生えみこ」はおもちゃのまち活性化キャラクターです。今回はゲストキャラクターとして、鉄道むすめ&SLスタンプラリーに参加しています。
※「姫宮なな」は東武鉄道お客さまセンターのイメージキャラクターです。

お問い合わせ

東武鉄道お客さまセンター
TEL:03-5962-0102
受付時間:8:30〜19:00 年中無休 ただし年末年始を除く

ページトップへ戻る

鉄道むすめのご紹介

「鉄道むすめ」は、全国各地の鉄道事業者で実際に活躍する、様々な職種の制服を着たキャラクター達が登場するトミーテックの人気コンテンツです。 東武鉄道では、駅務係の「栗橋みなみ」など様々なキャラクターが登場するほか、お客さまセンターコミュニケーターの「姫宮なな」、おもちゃのまち駅の駅務係「壬生えみこ」がゲストキャラクターとして参加しています。

鬼怒川みやび
栗橋みなみ
川越あさか
姫宮なな
春日部しあ
渡瀬きぬ
栗橋あかな
壬生えみこ

※「壬生えみこ」はおもちゃのまち活性化キャラクターです。今回はゲストキャラクターとして、鉄道むすめ&SLスタンプラリーに参加しています。
※「姫宮なな」はゲストキャラクターとして、鉄道むすめ&SLスタンプラリーに参加しています。

ページトップへ戻る

スタンプラリーと一緒にSLを訪れる

下今市駅 SL「大樹」

下今市駅SL「大樹」

東武博物館 B1形5号機関車

東武博物館 B1形5号機関車

宮代町役場 B4形40号機関車

宮代町役場 B4形40号機関車

おもちゃのまち A3形58号機関車(鹿島参宮鉄道5号機関車)

おもちゃのまち A3形58号機関車(鹿島参宮鉄道5号機関車)

スタンプラリーと一緒に楽しむ旅情報

鬼怒川みやびコース

おもちゃの歴史と古墳をを楽しめる「おもちゃのまち」

1960年代から現在に至るおもちゃの歴史を楽しみ、国指定の史跡となっている古墳を訪ねて歴史のロマンも感じれる。 思わず「懐かしい!」を声を上げてしまうおもちゃを発見もあるかもしれません。

「おもちゃのまち」

世界一長い並木道、日光杉並木の魅力「今市ウォーキング」

ギネスブックにも、世界一長い並木道として登録されている日光杉並木街道を楽しみながら、二宮尊徳翁ゆかりの史跡などが緑豊かな町中に点在しており、そば、酒などの味めぐりも楽しめます。

「今市ウォーキング」

観光客が200万人を超える人気の温泉郷「鬼怒川温泉」

歴史ある鬼怒川温泉は、ほとんどの湯宿が日帰り温泉入浴の受付けを行っている。また、町営の鬼怒川公園岩風呂もあるので、宿泊先以外のお湯も楽しめる人気の温泉郷。

「鬼怒川温泉」

栗橋みなみコース

駄菓子屋で食べる「もんじゃ焼き」

今では、老若男女に親しまれる定番メニュー「もんじゃ焼き」。もともとは間食、つまりおやつのようなもので主食にはなっていなかったもんじゃ焼き。そんな歴史も感じながら「もんじゃ焼き」を食すのも魅力の一つ。

「もんじゃ焼き」

変わらぬ花々の美しさが広がる「向島百花園」

国の史跡および名勝に指定される向島百花園2月上旬から3月上旬まで毎年開催される「梅まつり」を皮切りに、ソメイヨシノ、フジと次々に春の見ものとなる花々が咲き誇る。あなたも、春を探しに出かけてみては?

「向島百花園」

日光街道の宿場町粕壁を散歩

江戸時代の五街道のひとつ、日光街道にある 粕壁宿は、東武動物公園から少し足を延ばすとたどり着く、江戸日本橋から数えて4番目の宿場町。さまざまな歴史遺産が残る春日部市。春日部市は、まだまだたくさん見どころがある町。

日光街道の宿場町粕壁

北関東随一の「蔵の街」を、栗橋から足を延ばして散策

日光東照宮を目指す朝廷の勅使が通った「例幣使街道」の宿場町として、そして舟運による江戸との交易によっておおいに栄え、「蔵の街」となった面影を今も多く残す栃木の街並み。その魅力を感じながら散策するのも楽しみの一つ。

北関東随一の「蔵の街」

イベント一覧へ戻る