東武野田線(東武アーバンパークライン)、東武スカイツリーライン、宇都宮線など東武鉄道の電車展望動画や、観光・イベント・グルメ情報をご紹介。

TOBU are GO!GO! archive

東武 are GO!GO! アーカイブ

キャンペーンの記事

新型特急車両「リバティ」も登場!
平成29年4月21日ダイヤ改正を実施!

更新日 2017年3月

新型特急車両「リバティ」も登場!平成29年4月21日ダイヤ改正を実施

東武鉄道では、2017年4月21日(金)に東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークラインなどでダイヤ改正を行います。従来から運転している日光線特急「スペーシア」と伊勢崎線特急「りょうもう」号に加え、26年ぶりの新型特急車両となる「リバティ」の営業運転を開始。特急列車の利便性がさらに向上し、観光や通勤など目的に合わせて幅広くご利用いただけます。

新型特急車両「リバティ」も登場!平成29年4月21日ダイヤ改正を実施 メニュー

  1. 新型特急リバティ導入
  2. その他ダイヤ改正 概要
  3. 新型特急リバティが加わった東武沿線の観光情報をチェック

新型特急リバティ導入

新型特急列車リバティ導入の特徴

特徴1
利便性アップ!6両編成を3両ずつ分割・併結可能にした車両。
特徴2
下今市など、途中駅での乗換なしで目的地への到着が可能に。
特徴3
移動しやすく!都心~日光・鬼怒川方面の特急列車が
平日5本・土休日9本増発。
特徴4
会津へも便利に!野岩鉄道・会津鉄道に乗り入れ、
浅草~会津田島まで直通する特急列車が8本増発。
特徴5
通勤らくちん!朝・夕通勤時間帯に、浅草~春日部間、
東武アーバンパークラインまで運転する特急列車を新設。
下り列車はせんげん台に新規停車。

車両概要

新型特急リバティ
オペレーションシステム
1編成3両固定の「併結・分轄」を可能にした仕様で、目的地に合わせたシームレスなご利用を実現。
エコロジー
車体には軽量化を図り、前照灯や室内照明にLEDを採用することで消費電力を低減するなど環境負荷をトータルに低減。
ファシリティー
社内でのWi-Fi環境の整備や車いすスペース・車いす対応トイレの設置を行うなど、便利と安心の設備が充実。
デザイン
車体基本色の「シャンパンベージュ」でおおらかで豊かな時の流れを、側面の「フォレストグリーン」で特急の格式と沿線の緑豊かな自然を表現。
新型特急リバティ 車両の詳しい情報

新設される列車

  • リバティけごん:浅草~東武日光(一部新栃木)
  • リバティ会津:浅草~会津田島
  • リバティきぬ:新藤原→浅草
  • リバティりょうもう:浅草→館林
  • スカイツリーライナー:浅草~春日部
  • アーバンパークライナー:浅草→大宮・野田市/大宮→運河

特急列車リバティの停車駅

リバティけごん・リバティきぬ・リバティ会津

リバティけごん・きぬ・会津停車駅図

リバティけごん・リバティりょうもう

リバティけごん・りょうもう停車駅図

スカイツリーライナー

スカイツリーライナー停車駅図

アーバンパークライナー

アーバンパークライナー停車駅図

リバティ会津、リバティきぬ、リバティけごんで日光・鬼怒川・会津をお得に周遊!

日光・鬼怒川・会津エリアにおける周遊観光の利便性向上等を目的に、特急「リバティ会津」、「リバティきぬ」、「リバティけごん」においては、下今市以北停車駅相互間(下今市~東武日光間、下今市~会津田島間)のみ乗車の場合に限り、乗車券のみでご乗車いただけます(ただし乗車券のみでのご乗車の場合、座席の指定は行いません。 座席の指定を行う場合は特急券が必要です)。

ページトップへ戻る

季節運転の廃止及び平日・土休日ダイヤへの変更

日光・鬼怒川方面への特急列車の運転日について、従来の季節(繁忙期・閑散期)による設定を廃止し、新たに平日・土休日別ダイヤを設定することで、お客さまにより分かりやすい列車設定にします。

一部特急列車の板倉東洋大前駅停車

現行ダイヤでは、「けごん1号」(浅草7:30発・板倉東洋大前8:26着)のみが実施している板倉東洋大前駅への停車について、同駅停車列車の運転時刻繰り上げと、夕時間帯の上り特急列車の同駅停車を新設します。これにより、近隣ゴルフ場をご利用されるお客さまの行き帰りにご乗車しやすい特急列車設定となります。

  • リバティけごん1号(浅草6:30発・板倉東洋大前7:26着)
    ※停車列車を現行より1時間繰り上げ
  • けごん36号(板倉東洋大前16:19発・浅草17:15着)
    ※新規停車

特急りょうもうの全列車久喜停車

現行ダイヤでは、久喜駅を通過している一部特急列車について、全て久喜駅に停車することとし、当社沿線から都心に通勤されているお客さまの利便性向上を図ります。

全特急列車のとうきょうスカイツリー駅停車

現行ダイヤでは、とうきょうスカイツリー駅を通過している一部特急列車について、全てとうきょうスカイツリー駅に停車することとし、開業5周年を迎える東京スカイツリータウンへのアクセス向上を図ります。

東武日光~鬼怒川温泉間の直通列車増発

東武日光→下今市→鬼怒川温泉の直通列車を2本増発し3本/日、鬼怒川温泉→下今市→東武日光の直通列車を6本増発し7本/日とします。
日光エリアの周遊がさらに便利になります。

ページトップへ戻る

新型特急リバティが加わった東武沿線の観光情報

[日光]
奥深い日光の歴史を知り旅に深みを

もっとも画期的な節目となったのは、1617年(元和3年)、徳川幕府によって初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現が鎮座されたこと。
これまで山岳信仰の聖地だった日光が、家康や家光の霊廟を祀ったことで、幕府直轄の地となった。

日光 中禅寺湖

[鬼怒川]
温泉の歴史は江戸時代までさかのぼる

当初は大名や僧侶のみが利用可能だったが、明治以降一般の人にも開放されるようになった。
鬼怒川温泉駅前に立つ、「鬼怒太」の像やふれあい橋の鬼の絵階段など、さまざまな鬼にも出会える。

鬼怒川 ふれあい橋の鬼の絵階段

[会津]
江戸の町にいるような気分に

宿場町として栄えた大内宿。会津藩をはじめ新発田藩、村上藩などの参勤交代や江戸廻米の運搬路として重要な役割を果たしていた。
今では多くの観光客を迎え入れる県内有数の観光地となった。

会津 大内宿

[館林]
群馬三大うどんに数えられている館林のうどん

ユーモラスな姿に思わず微笑んでしまう「分福茶釜の釜玉うどん」。ふたを開いてみると、なかには温かいうどんが盛られ、さまざまな具がのっている。添えられた出汁醤油を少しずつかけていただくと、温泉玉子がうどんにとろりとからまっていい感じ。

館林 分福茶釜の釜玉うどん

[浅草]
楽しく作ってお土産までもらえちゃう

浅草寺近くにある「雷5656茶屋」で雷おこし製造体験ができる。
自分たちで作った雷おこしももらえるし、さらにおこし種と水飴とピーナッツがそれぞれ2回分入ったセットがもらえる。

浅草 雷おこし製造体験

キャンペーン一覧へ戻る