東京下町の歴史を楽しんだり、浅草やグルメを堪能しながら観光名所を巡る東京下町の観光情報誌

[2014年1月 更新]

浅草の代表的なお土産「人形焼き」のお店を紹介

浅草の土産はいろいろなものがあるけど、そのなかでも代表的な「人形焼き」を紹介。仲見世通りでもっとも古い人形焼き屋など、お店によってその形はさまざま。食べ比べも楽しいよ。

浅草の代表的なお土産「人形焼き」のお店を紹介

お土産・ショッピング

「人形焼き」

東京下町、浅草で買っていく定番のお土産といえば「人形焼き」が挙げられる。
カステラのなかにこし餡や白餡が入ったもので、さまざまな型で焼かれている。餡入りのものや餡なしのものがあり、餡なしはカステラ焼きと呼ばれることもある。
浅草寺近くの店は、たいてい店内で焼いており、焼きたてを販売している。機械式のものや手焼きのものがあるが、いずれも工場での大量生産品と違い、焼きたてがもっともおいしい。

形は店によってさまざま。餡の種類なども店によって異なる。いくつか紹介しよう。

「木村家本店」

明治元年創業。仲見世通りで人形焼きを売ったのは、この店が最初だという。浅草寺にもっとも近い場所で、お客さんもひっきりなしに訪れる。店内での手焼きを販売していて、その様子を見ることもできる。
形は鳩、五重塔、提灯、雷の4種類。雷様の作りが細かくて食べるのがもったいないくらい。

仲見世通りのいちばん奥の店

商品は餡入りや餡なしなど、多彩

手作業で焼いている様子が見られる

個数もさまざま

スポットデータ

【木村家本店】
住所:東京都台東区浅草2-3-1
URL:http://www.kimura-ya.co.jp/
TEL:03-3841-7055

「人形焼き 亀屋」

仲見世通りの真ん中あたりに位置するお店。ここも手焼きの様子が見られる。ひとつの型に6種類の形があり、凝った模様もある。
「すぐ食べますか? 焼きたてにしましょうね」という優しい言葉をかけて販売している。持ち帰りの場合も、焼きたてを入れた紙袋をすぐにビニール袋に入れると紙が熱でクシャクシャになってしまうので、「少ししたらこの袋に入れてくださいね」とビニール袋を別に渡してくれる心遣いがある。
形は6種類。亀の裏に「かめや」の文字がある。
すべて手焼きで作られた人形焼きは、カステラ部分がどこか懐かしさを感じさせる素朴な味。餡がしっかり入っている。

多くのお客さんが立ち止まる

焼きたてはおいしい

これが亀屋の全6種類

ひとつの型で6種類焼ける

全種類+ひとつが入った7個入りは500円

「三鳩堂」

「亀屋」よりも浅草寺本堂寄りの店。機械で焼いている様子が見られる。店頭にたくさんの人形焼きがバラで置かれ、10個入りなどの袋入りもある。たまにタイムサービスで安くなることもある。
形は鳩、提灯、五重塔の3種類だが、どれもどこかコミカルな形をしていてかわいいのが特徴。

どれもぷっくりした形

半端な数でもその場で袋に入れてくれる

この価格がタイムサービスになると・・・・・・

「紀文堂総本店」

風雷神門(雷門)から浅草駅方面へ向かったところにある明治23年創業の老舗。門外不出の製法で生み出される人形焼きは、黒餡と白餡があり、それぞれ形によって違っている。
また、餡なしの「うずらカステーラ焼」「松竹梅カステーラ焼」も人気がある。

黒餡の入った顔型

こちらは白餡

贈り物にもいい「松竹梅カステーラ焼」

「うずらカステーラ焼」もお土産として人気が高い

浅草のれん街の「紀文堂総本店」