両毛の歴史を楽しんだり、グルメを堪能しながら観光名所を巡る両毛の観光情報誌

[2013年12月 更新]

大泉町でインターナショナルなイベントを楽しむ

年に一度のカルナバルから毎月開催のグルメ企画まで。群馬県邑楽郡大泉町でエキゾチックなイベントに参加しよう。

大泉町でインターナショナルなイベントを楽しむ

写真提供=大泉町観光協会

日常の大泉町を訪ねるだけでも十分ブラジル気分は満喫できるが、せっかくなら年に一度開催されている「大泉カルナバル」を見に行きたい。最寄りの駅は東武小泉線西小泉駅。浅草駅から東武線りょうもうで館林駅まで約1時間、そこから東武小泉線に乗り継いで約18分で到着だ。

大泉町へ向かうのは東武小泉線。二両編成の電車がトコトコ走る

「大泉カルナバル」は2007年(平成19年)から開催されている大イベント。地元大泉はもちろんのこと、日本各地のサンバサンバチームが一堂に会してそのダンスを競い合う。
この日はサンバ以外にもさまざまなブラジルのダンスや音楽が演奏され、豊かなブラジルの文化に出会える。
またシュラスコをはじめとするブラジル料理を中心とした屋台が軒を連ね、食べながら、飲みながら、まさに五感でブラジルを体感できることだろう。例年、開催は9月の第二土日曜日。2013年には9月の21・22日に開催された。

豪華絢爛な衣装でサンバの一日が始まる(写真提供=大泉町観光協会)

そんなに先まで待てないという向きには、毎月第四土曜日に開かれている「活きな世界ののグルメ横丁」はいかがだろうか。
こちらはブラジルをはじめ、ペルー、インド、ヨルダン、インドネシア、韓国、パキスタンなど、世界各国料理の屋台が一同に集まるイベントだ。リーズナブルな値段で世界のグルメを堪能できるとあって、大勢の人が屋台を次から次へとハシゴしている。また音楽イベントも同時に開催され、ステージでは日本、ブラジルとさまざまな音楽が演奏されている。なかでも地元大泉町のご当地アイドル「CoCoRo学園」のステージは人気が高く、彼女たちは大泉町の観光PR大使にも任命されている。
いずれのイベントも、出かける際には事前に大泉町観光協会で日程等を確認しておきたい。

ブラジルの伝統料理であるパステウ。これはなかにチーズが入ったもの