両毛の歴史を楽しんだり、グルメを堪能しながら観光名所を巡る両毛の観光情報誌

[2013年9月 更新]

その他の両毛グルメ

栃木県佐野市の名物「いもフライ」と「耳うどん」、足利市の名物、「ポテト入り焼きそば」と「足利しゅうまい」。名前だけだとどんなものかわからないね。ちょっと変わった屋台カフェも紹介。

「いもフライ」いでい焼きそば店

栃木県佐野市の名物いもフライ

蒸したジャガイモを串刺しにして衣をつけて揚げたもの。ソースをたっぷりかけて食べる、B級グルメだ。

栃木県南部で昔からたくさん採れたジャガイモは、かなりの頻度で多くの人に食されていた。リヤカーで食べやすくしたポテト炒めやフライを安価で売り歩いていた時代もあるといわれる。
佐野市を出発して足利市や群馬県まで売り歩いていたという話もあり、それが両毛エリアにいまも残るいもフライ、ポテト入り焼きそばなどに繋がっているようだ。
そういった意味では佐野市が「いもフライの発祥は佐野」と謳うのも間違いではないのかもしれない。

現在佐野市には25以上の店舗でいもフライを提供している。多くのお店が持ち帰り専用だ。1本40~80円という安価で、頼めばすぐに出てくるし、温かいものをすぐに食べることができる。まさに佐野市のファストフードだ。
ミツハフルーツソースの早川食品内には「いもフライの会事務局」がある。ほとんどの店がミツハソースか半久食品のマドロスソースを使用しているのだろう。いずれも地元産のソースだ。
ただし、店によってはふたつをブレンドしたオリジナルを使っているところもある。

東武佐野線の線路近くに店を構えた「いでい焼きそば店」は、佐野市でいちばん古いいもフライの店といわれている。
「ジャンボいもフライ」というだけあり、ジャガイモも大きめ。さらに衣もかなり分厚い。この厚い衣がモチモチの食感を出しているのが大きな特徴。そのせいかたっぷりかけられたソースもそれほどしつこく感じない。
1本80円のいもフライと350円の焼きそばがメニューに並ぶ。
「いもフライ20本ちょうだい」というお客さんもいた。

でかいジャガイモが4~5個刺さっている。それでもペロリと食べられるから不思議。おやつにちょうどいい

店舗データ

住所:佐野市上台町2096
TEL:0283-23-1545
営業時間:10:00~19:00 月曜休

「ポテト入り焼きそば」はとや

栃木県足利市のB級グルメ焼きそば

足利市のB級グルメとして町をあげて応援しているのが、「ポテト入り焼きそば」。
大正時代、栃木県南部ではジャガイモがたくさん採れたことから、ネギと一緒に炒めて子どものおやつとして食べられていた。また、さまざまなものを屋台で売り歩く文化があり、そのポテト炒めも屋台の定番商品だったという。
最初は醤油炒めだったが、地元のソース会社がソースをかけることを提案し、それが定着。戦後、そこに麺が入れられポテト入り焼きそばが生まれたという。
昭和30年代には屋台の焼きそば売りもよく見かけられたらしい。

鑁阿寺の北門を出てすぐ目の前にある小さなお好み焼き屋「はとや」。
この店で、お好み焼き、もんじゃ焼きと並んで人気なのが「ポテト入り焼きそば」。焼きそばの上に、蒸したじゃがいもがゴロゴロと乗っているのだ。焼きたての焼きそばとほくほくのポテトの上ににたっぷりの青のりがふりかかり、店でブレンドしたオリジナルソースとよく合う。この満足感で400円だというから驚き。持ち帰り用は、さらにお肉も入ってなぜか350円とお得。

「はとや」の店主は結婚を機に40年前、関西からこの地へ移り住んだ。
「関西風の味つけをこの地で広めたい」と思い、お店をオープン。ポテト入り焼きそばは、地元の月星ソースを使用するところが多いが、「はとや」ではオリジナルブレンドソースを使っている。
関西弁の店主と奥様の、温かい人柄と確かな味が人気を呼び、「足利市に行ったら必ず立ち寄る」という観光客も多い。

この店でポテト入り焼きそばと並んで人気なのが、外見はたい焼き、中身はお好み焼きの「お好みたい焼き」。しゃきしゃきのキャベツとマヨネーズ、ソースが口の中で生地にからまり、しょうががピリっと効いている。
あんやクリームなどの甘いたい焼きもある。

「はとや」のポテト入り焼きそば

店舗データ

住所:栃木県足利市家富町2247
TEL:0284-42-6998
営業時間:12:00~20:00

「足利しゅうまい」大日茶屋

肉の入っていないしゅうまいが人気!?

足利氏宅跡として国の史跡に指定されている鑁阿寺。現在でも、四方に門を設け、寺の境内の周りには土盛りと堀がめぐっており、鎌倉時代前後の武家屋敷の面影が残されている。市民に「大日様」と呼ばれ親しまれている鑁阿寺(大日苑)の南門付近にあるのが、休憩処・お土産処の「大日茶屋」。

2012年3月末より閉店していたものの、同年10月に店内を改装し、リニューアルオープン。現在も地元住民や観光客など多くの人で賑わっている。

栃木県足利市の名物、「足利しゅうまい」のいちばんの特徴は、肉が使われておらず、玉ねぎたっぷりで中身が白いこと。
足利市ではこのしゅうまいが古くから庶民に親しまれている。

少し辛めのソースでいただく大日茶屋のしゅうまいは、「蒸し」と「揚げ」がある。
年配の方からは「懐かしい味」、観光客からは「珍しい」と大人気。
「東京ソラマチ®」にある栃木県のアンテナショップ「とちまるショップ」でも好評だ。

ほかにも、こんにゃくに甘い味噌だれがかかっている「味噌おでん」や、茹でたじゃがいも入りの足利市名物「ポテト入り焼きそば」もおすすめ。
四季折々の景色を眺めながらのんびりした時間を過ごしたい。

足利しゅうまいは、売店で購入することができる

店舗データ

住所:栃木県足利市家富町2220 鑁阿寺境内
TEL:0284-55-4554
営業時間:9:00~17:00

「ホットコーヒー」カフェアラジン

メニューは1品だけの屋台カフェ

栃木県足利市に一風変わったカフェがある。
屋台カフェだ。
40年以上、ほとんど場所を変えずに営業している「カフェアラジン」は、先代が船のコックをやっていたという。海外をまわっているときに中東の珈琲屋台に感動し、日本でもはじめようと思ったらしい。現在は2代目店主がお兄さんと一緒に店を経営している。

メニューはネルドリップで淹れるホットコーヒー(400円)のみ。
だいたい17時~0時までの営業時間だが、梅雨前は14時くらいからオープンしている。もちろんその日の天候にもよる。屋台だから。
横にはテーブル席もあり、陽が暮れたらランプに灯りが点る。
冬は寒さ対策で麻のカーテンがかけられる。

先代からの馴染み客のほか、コーヒー好きな若者たちにも人気があり、県外からのお客さんも来るという。

屋台コーヒーで40年以上営業というのは珍しい

店舗データ

住所:国道293号線沿いの足利女子高校近く
営業時間:17:00~0:00(季節、天候によって変動あり)

「耳うどん、大根そば」そば処 勝味屋

佐野の耳うどんが食べられる店

厄払いで有名な佐野厄除け大師のある栃木県佐野市で、「魔除け」として食べられているのが、耳の形になっているうどん粉が入った「耳うどん」だ。鬼の耳に見立てたこの郷土料理を食べれば、悪魔が悪口を聞かないため魔除け効果があるといわれている。
創業40年以上の「そば処勝味屋」では、7年前からメニューに仲間入り。以来、多くの観光客に親しまれている。

「耳」の生地は、麺と同じうどん生地を定規で直径5㎝ほどに切り、ひとつひとつ耳の形に折っている。とても手間がかかるが、「珍しいメニューがあるほうがお客さんに喜んでもらえるし、郷土食を多くの人に知ってほしい」という店主の思いで毎日愛情を込めて作られている。
耳うどんはけんちん味とカレー味、しょうゆ味の3種類。豚肉、しめじ、しいたけ、なるとに野菜と具だくさん。カレー味、しょうゆ味もボリュームたっぷりだ。
それぞれ、「耳」のもちもちの食感とベースの汁がよく合い、満足感がある。

耳うどんと同じく人気なのが、「大根そば」。佐野では、そばといえば細切りの大根が乗っているのがスタンダードな食べ方で、麺とまぜてそばと同じようにいただくという。
家庭では生の大根を乗せることが多いが、こちらでは茹でてあるため柔らかく食べやすい。天ぷら付きは、特大のエビ天と野菜天4種、大根そばと小鉢で1150円とお得。
ほかにも、寿司5貫、そば、サラダ、小鉢、飲み物がつく寿司セット(1050円)もおすすめ。

「耳うどん」(800円)。厚焼き玉子、しいたけ、鶏肉、カニカマ、なると、野菜と具だくさん。しょうゆ味の耳うどん

店舗データ

住所:栃木県佐野市高萩町506-2
TEL:0283-23-0032
営業時間:11:30~14:30、17:00~19:30