日光の歴史を楽しんだり、温泉やグルメを堪能しながら観光名所を巡る日光の観光情報誌

[2014年4月 更新]

毎年恒例の「日光そばまつり」に参加する!

蕎麦の産地として名高い日光の、蕎麦祭りに参加してみよう!
存分に食べ較べしてみよう!

毎年恒例の「日光そばまつり」に参加する!

日光観光スポット

「日光そばまつり」

毎年、新蕎麦の季節・11月になると、蕎麦のメッカである今市に蕎麦屋が集まり、食べ較べできるイベント「日光そばまつり」が行われる。日光市を含む栃木県からはもちろんのこと、北海道・福島・茨城・埼玉・千葉・東京・福井など、県内外から蕎麦屋が集まり、各店の蕎麦を楽しめるのだ。

祭りの期間は3日。和太鼓やおはやし、三味線など音楽あり、料理パフォーマンスあり、と地元の人達が自慢の芸を披露、おおいに楽しむスケジュール構成になっている。もちろんそば打ち体験教室も…。そば以外にも地産地消・食育フェアや、物産コーナーがあって、洋菓子・煎餅・イワナ・山菜・湯波など日光自慢の様々な食べ物を提供してくれる。

このイベントの主催は「日光手打ちそばの会」だ。そもそもは平成5年に今市市内の手打ちそば店32軒が集まって、「今市手打ちそばの会」設立し、平成14年から「今市そばまつり」をスタートさせた。平成18年に今市が日光に統合されてからは「日光そばまつり」と名前がかわり、平成20年には日光市内の手打ちそば店106軒が参加して「日光手打ちそばの会」になっている。「今市そばまつり」時代から通算すると、この「そばまつり」は、今年ではや13年になる、今や市民が毎年心待ちにしているイベントなのだ。



今年(平成26年)の「日光そばまつり」開催は、11月22日(土)~24日(月・祝)3日間。このイベントに併せて、全麺協認定全国素人そば打ち段位認定大会も行われる。
詳細は7月頃からおいおい決まってくるので、ネットをチェックして!

地元民の楽しみ! もちろん県外からも参加

地元民の楽しみ! もちろん県外からも参加

家族で温かな蕎麦をすすります!

家族で温かな蕎麦をすすります!

紅葉の季節。日光に最も人が集まるシーズン!

紅葉の季節。日光に最も人が集まるシーズン!

イワナなど、日光自慢の食材が集まって、食べ歩きもできます!

イワナなど、日光自慢の食材が集まって、食べ歩きもできます!

スポットデータ

日光そばまつり

【日光そばまつり】
期間:11月22日(土)~24日(月・祝)
会場:日光だいや川公園(日光市瀬川844)
問い合わせ:日光そばまつり事務局(観光部観光振興課内)0288-21-5170
URL:http://www.city.nikko.lg.jp/shinkou/kankou/imaichi/event/
sobamatsuri.html

※期間中は東武日光線下今市駅及び東武日光駅から、無料シャトルバス運行

スポットデータ

素人そば打ち段位認定大会

【素人そば打ち段位認定大会】
期間:11月22日(土)~24日(月・祝)のうちの2日間(未定)
会場:今市運動公園体育センター(日光市今市1659)
問い合わせ:段位認定大会事務局(産業環境日農林課内)0288-21-5172
※期間中は、日光そばまつり会場から無料シャトルバス運行