日光の歴史を楽しんだり、温泉やグルメを堪能しながら観光名所を巡る日光の観光情報誌

[2014年4月 更新]

日光市街地~中禅寺湖方面の蕎麦屋でオプションや、サイドメニューと共に味わう蕎麦

東武日光駅から足を運びやすい蕎麦屋さんで、地元の名産(山菜・湯波)や天ぷらと共に蕎麦を食べよう!

※ここで記載されている価格は2014年4月1日現在の税込み価格です

「元祖ゆばそば」魚要 

日光の名物「湯波」を全国に知らしめた蕎麦屋「魚要」で
「元祖ゆばそば」を食べよう

今や日光に来たら、「湯波」を食べていくのが当たり前。このあたりで食事すると、うどんや蕎麦だけでなく、いろんなものに「湯波」が付いてくる。しかし平成の初め頃までは、湯波はそんなに観光客にヒットする商品ではなかった。湯波をここまで日光メジャーに仕上げたのは、実はこの「魚要」なのだ。

「魚要」はもともと、大正時代に初代・小川要蔵が始めた魚屋。だから名前を「魚要」という。魚屋から食堂に変わったが、昭和の初めには蕎麦の専門店になった。やはり日光は蕎麦の名産地。そして観光地にあるからこそ、お客さんに一番自慢のものを食べてもらいたい、という気持ちがあったのだろう。

蕎麦は今市の玄そばを使い、店内にある石臼で挽き、小麦粉をつなぎに、二八で作る。だしは鰹のみを使用する。

25年ほど前、日光の名物・湯波をトッピングしてみたらどうだろう、と考えて、湯波をメニューに取り入れた。この試みは多分、全国的にも初の試みで、こんな蕎麦は他になかったという。

当時は湯波の存在さえ観光客には知られていなかったらしい。「ゆなみ、って読むの?」ときょとんとするお客さんに「それはね、ゆばっていって、豆乳に熱を加え、表面に張った薄皮を引き上げたものなの…」といちいち、基本的なことから説明するほどだったそうだ。

魚要さんのこの苦労が実ってか、年月は掛かったものの、湯波は日光名物として大ブレイク。「元祖ゆばそば」の看板が誇らしげに、店の前に掲げられている。

ちなみにここの「元祖ゆばそば」1200円に入っているものは湯波の老舗ブランド「日光湯波ふじや」のもので、揚巻湯波二切れと、高野豆腐を巻いた長寿湯波、ゼンマイを巻いたゼンマイ巻きの合計4つが入っている。

さて実はここには、もうひとつレコメンドしたい蕎麦がある。「鴨南蛮そば」1000円だ。歯ごたえがあるが、さくっと歯で切れる食べやすい鴨に、ネギ、木の芽山椒などを入れたもの。これから5月の連休くらいからだと、ワラビも入ってくる。ワラビというと、塩漬けして提供されるのが普通だ。しかし魚要のワラビは、あく抜きしただけのものなので、他では得られない、ぬるぬる感&シャキシャキ感が存分に味わえる。この時期の「鴨南蛮そば」は、いつにもまして「魚要」一押しのメニューとなる。

このあたりの店では珍しく、蕎麦粉を使ったサイドメニューも充実。「そばがき」320円はお茶碗にたっぷり提供されて、まずは量にびっくり。蕎麦通なら是非食べていきたい。

「そばの焼き味噌」320円は赤みそに、ネギ、鰹節、そして蕎麦の実を入れたもので、これをオーダーすると、つい栃木産の日本酒も頼んでみたくなってしまう。日本酒は「純米酒 日光桜坂」1600円がある。飲みきれなかったら、4合瓶ごと持ち帰って行って欲しいそう。

甘いものが好きならば、「そばあいす」280円をオーダーしよう。蕎麦でできたアイスに、香ばしい蕎麦の実をパラパラ振りかけて食べるのだが、ほんのり甘く、上品な最中をいただいているかのようだ。

これが「元祖ゆばそば」

これが「元祖ゆばそば」

「鴨南蛮そば」

「鴨南蛮そば」

「そばがき」

「そばがき」

「そばの焼き味噌」

「そばの焼き味噌」

「そばあいす」

「そばあいす」

「日本酒」

「日本酒」

「元祖ゆばそば」の看板が目印!
東武日光駅から神橋に向かう、日光街道の中心に立地しながら、静かに過ごせる!

店舗データ

魚要

【魚要】
住所:日光市御幸町593
URL:http://www.e-nikko.org/shop_detail755.shtml
TEL:0288-54-0333
営業時間:11:00~15:00、17:00~19:00
定休日:不定休
●東武日光線東武日光駅から東武バス「中禅寺温泉」行き他に乗って郷土センター下車、すぐ

「ゆばそば」日光そば処 たくみ庵

「日光そば処 たくみ庵」で蕎麦と共に
極上のつゆと、とろける湯波を食べる

田母沢御用邸公園を出てすぐの場所にあって、眺めもたいへん良い蕎麦屋が「日光そば処 たくみ庵」。2010年に田母沢記念公園の一部開発に伴い、日光市が「ここに蕎麦屋を」と計画して、匠(たくみ)町の住民に託してスタートした店なのだ。

初代オーナーが蕎麦好きで、研究に研究を重ねて、たいへんな努力の末、素人が始めたとは思えないレシピを開発した。観光地にありがちな「場所と雰囲気はいいけど、味はちょっとね…」と言われるようなお店ではない。

蕎麦粉は日光・今市の名物だが、これに北海道産のものをブレンドして打っている。水は裏見の滝の方から引いてきたもの。これで蕎麦が美味しくならないわけがない。

とくに力を入れているのが、つゆで、これがめっぽう美味い。北海道の利尻昆布と日高昆布・高知県の宗田節とサバを使っていて、お客様ひとりにお出しする一杯のつゆの価格は、相当な価格になっているのだそう。もちろん二番だしなど取ってはいない。

さてメニューから何を選ぶか迷ったら、この蕎麦と、つゆ、さらに日光名産の湯波を使った、温かな「ゆばそば」1150円をおすすめしたい。これはびっくりするくらい美味しい。このあたりの食堂や蕎麦屋に行けば、どこでも湯波を使ったメニューがあるのが当然。しかしそれは、湯波をトッピングして上にちょこんとのせているのが普通。しかし「日光そば処 たくみ庵」の「ゆばそば」は違う。溶いて、卵とじのようにしてあるのだ。このゆばは、日光の豆腐・湯波の専門店「松葉屋」に特別に、「蕎麦に合うように」とオーダーして特別に作ってもらっているものなのだ。

湯波をすでに食している人にでも、湯波の新食感を味わうために、この「ゆばそば」は是非一度試してみて欲しい。

冷たいお蕎麦では「天ざる」1250円も「ゆばそば」と同じくらい人気のメニューだ。現在だとピーマン、蓮根、カボチャ、舞茸などが具材だが、「たくみ庵」では「地産地消」をモットーにしているから、ほぼ地元のもの。とくに舞茸は日光で人気の洋食レストラン&カフェ「明治の館」が経営する農場から、蕎麦向きに作ったものを卸してもらっているという。天ぷらに付ける抹茶塩も、店でブレンドしているもので、きりっと美味しい。

このほかに青じそドレッシングの掛かった「ゆばこんにゃく」「季節のお漬け物」が付いて、口元をさっぱりさせてくれる。観光で歩き疲れ、ぺこぺこになったお腹を充分に満たしてくれるだろう。

ちなみに「ざるそば」は、よそに較べて30グラムほど、量を多めにしているので、お得感があることも書いておこう。

「ゆばそば」

「ゆばそば」

「天ざる」

「天ざる」

田母沢御用邸公園を出てすぐの場所に位置する。抜群の立地

田母沢御用邸公園を出てすぐの場所に位置する。抜群の立地

奥の角の部屋が最高に眺めがいい

奥の角の部屋が最高に眺めがいい

「匠町」の住民が手掛けているお店だから「たくみ庵」

「匠町」の住民が手掛けているお店だから「たくみ庵」

懐かしの瓶コカコーラも

懐かしの瓶コカコーラも

湯波が玉子とじ状態に!
蕎麦の量が大盛りアップされてる「ざるそば」

店舗データ

日光そば処 たくみ庵

住所:日光市匠町7-46
URL:http://www.nikko-teuchisoba.org/tenpo_details.shtml
TEL:0288-53-6323
営業時間:11:00~14:00
定休日:火曜
●東武日光線東武日光駅から東武バス「中禅寺温泉」行き他に乗って田母沢下車、徒歩約2分

「ゆばせいろそば」そば処 弦庵

副菜がたっぷり付いて、驚きの価格!
お客さんと蕎麦を熱愛する店主の店「そば処 弦庵」

観光地の食事は価格が高めなのがお約束だが、ここ「そば処 弦庵」は安くてボリュームがたっぷり、副菜などいろいろ付いてサービス力150%。しかも味のほうも満足できるとあって、訪れるお客さんの間で話題になっている。

東武日光駅から神橋方面を目指して、日光街道を歩くこと約10分。右手にペンション風の水色のお洒落な建物が現れる。およそ蕎麦屋さんぽくないが、この駐車場の奥が「弦庵」だ。もともとこの家に住むご主人は、大の蕎麦好き。そこで平成19年に、脱サラをして、蕎麦屋を始めたのだ。この辺りの蕎麦屋開業事情と毛色が変わっている。

また日光辺りだと蕎麦は今市産のものを使うが、ここは違う。店主が「江戸東京蕎麦の会」で蕎麦打ちを学んでいるので、蕎麦はこの会からのお取り寄せで、日本一の蕎麦とも名高い、茨城の常陸秋蕎麦を石臼で引いたものを使っているのだ。蕎麦がテーブルに運ばれたとたん、蕎麦の香りが立つ。小麦粉をつなぎに使った二八蕎麦で、だしは高知のブランド・宗田鰹をブレンドした、かつおだしだ。

人気のメニューナンバーワンは、冷たいお蕎麦だと「ゆばせいろそば」1300円。日光の名物・湯波を添えたものだ。実は弦庵は、ブランド湯波屋さんに囲まれている。左隣の日光湯波の老舗ブランド「日光湯波ふじや」の「長寿湯波(高野豆腐を入れたもの」と、向かいの「海老屋長造」の甘い巻き湯波の2種が付いてくる。

これだけでもブランド力とボリューム力があるのだが、さらに、おいなり1個・煮物・漬け物・フルーツ(ある時はトマトのシロップ漬けに変更)に、たっぷりの杏仁豆腐まで付いて1300円という破格のお値段。さらにサプライズがあって、食後にコーヒーか紅茶を出してくれる。

温かいお蕎麦の人気ナンバーワンは「日光ゆばそば」1100円。もちろんこちらにも副菜がいろいろ付いている。「ゆばせいろそば」と違うのは、杏仁豆腐が付いていない点だ。

シンプルな「せいろそば」650円をオーダーしても、おいなり、煮物・漬け物・フルーツは付いてくるので、これに「日光ゆばさし」(日光湯波ふじやのもの)700円や、「野菜天ぷら」(栃木産の野菜がメイン。栃木名物の柚を使った柚塩付き)500円をオーダーするのもいいかもしれない。

さて「そば処 弦庵」は、なぜこんなにサービスしてくれるかというと、店主自身が「これくらい食べないと、満足できないから」だそう。蕎麦屋を始めてもまだ「毎日蕎麦を食べても飽きない」と言う店主は、ものすごく優しいお人柄で、蕎麦を通して、ひとを愛しているだなあ、と感じさせた。

グルメで常に蕎麦研究に熱心な店主は、食べ歩きが趣味とのこと。食べ歩いた先で、また新しい発見をするのも楽しいらしい。今後またお客さんを驚かせるメニューやアレンジが生まれるかもしれない…。

「ゆばせいろそば」

「ゆばせいろそば」

「日光ゆばそば」

「日光ゆばそば」

サプライズのコーヒー。紅茶もOK!

サプライズのコーヒー。紅茶もOK!

「野菜天ぷら」

「野菜天ぷら」

「日光ゆばさし」

「日光ゆばさし」

洋風な洒落た家で、蕎麦屋をやっています!

洋風な洒落た家で、蕎麦屋をやっています!

「弦楽器が大好きだから」とマンドリン他、弦楽器をディスプレイ
蕎麦はここ辺りでは珍しく、常陸秋蕎麦を使っている

店舗データ

そば処 弦庵

【そば処 弦庵】
住所:日光市鉢石町810
URL:http://www5.plala.or.jp/nikkou-genan/
TEL:0288-53-3618
営業時間:11:30~15:00
定休日:火曜
●東武日光線東武日光駅から東武バス「中禅寺温泉」行き他に乗って日光総合支所前下車、徒歩約1分

「ゆばそば」龍頭之茶屋

滝を目の前に、蕎麦を食べる至福の時間を過ごす
最高のロケーション立地茶屋「龍頭之茶屋」

日光三大名瀑のひとつ「龍頭之滝」の真向かいに喫茶スペースを持った、恐ろしく眺めのよい茶屋がここ「龍頭之茶屋」だ。創業したのは、この土地に住む室根家の、明治26年生まれのおじいちゃんだった。はっきりしないが、どうやら滝を見に来たお客さんにお茶を出すことから始まり、そのうち蕎麦も出すようになったという。蕎麦はこのあたりの名物だからだ。昭和37年の記録には、蕎麦一杯70円、と書かれているそうだ(ちなみに現在は700円)。

長き茶屋の歴史の間に、人気メニューの変動はあるが、今一番、人気の蕎麦はやはり日光の名物湯波をあしらった「ゆばそば」700円だ。癖のないさらりとした蕎麦に、かつおと鯖で取った、やや薄めのだしで食べる。日光市街では濃いめのだしが多いだけに、ちょっと意外な感じだ。

湯波はほんのり甘く、山菜は激うまだ。ほとんどが仕入れで、地元のものであることにあまりこだわりを持ったりはしていないらしい。しかし確実に美味い。どうやらそれは作り手のセンスのおかげでは、と思っていたが…。「近くの地獄沢の水で調理しているからね。美味しい理由はそれだけですよ」とさらりとかわされた。

さて蕎麦だけで物足りなくなったら、ここでは是非、「龍頭之茶屋」一押しの、お雑煮や団子も試してもらいたい。「ぞう煮」500円は揚げた餅3個を山菜そばのつゆで食べるもので、室根家の台所から生まれた、天下一品のオリジナルメニューなのだそうだ。癖になる美味さで、リピーターが最も多いという。付け合わせのきゅうりの南蛮漬けは、日光の名物・紫蘇巻き唐辛子を使ったもので、これまたキリリと美味しい。

スウィーツをご所望、とあれば、「おぐらだんご」400円を。よもぎ団子に小豆を入れたもので、甘過ぎないから、一皿に乗った8個を、ぺろりといってしまう。

「みたらしだんご」400円は白玉団子に甘辛い蜜を掛けたもので、こちらもホッとさせてくれる、ほの甘さが嬉しい。

どちらも施無畏(せむい)団子といって、ここでしか味わえない名物団子を使っている。

さて絶景の風景を目の前に、どれもお値段はお安め。もれなくお茶も付いてくる。どうしてなのか聞いてみたら、「うちはセルフサービスだから気軽に入ってもらえればいいの。とにかく滝があってのことですからね」とまた控えめに、さらりとかわされてしまった。いろは坂を行く観光客の皆さんには是非、この心持ちのいい茶屋に、立ち寄っていって欲しい。

「ゆばそば」

「ゆばそば」

「ぞう煮」

「ぞう煮」

「おぐらだんご」

「おぐらだんご」

「みたらしだんご」

「みたらしだんご」

景観とぴったりそぐった建物に感激!

景観とぴったりそぐった建物に感激!

店内一番奥まで行くと、セルフサービスカウンターがある

店内一番奥まで行くと、セルフサービスカウンターがある

龍の髭のような滝の形なので「龍頭の滝」と名付けられた
滝の正面席をキープできたらラッキー!

店舗データ

龍頭之茶屋

【龍頭之茶屋】
住所:日光市中宮祠2485
URL:http://www.nikko-ryuzu.jp/freepage_11_1.html
TEL:0288-55-0157
営業時間:9:30~16:00(GW期間中は9:00~17:00)
定休日:無休
●東武日光線東武日光駅から東武バス「湯元温泉」行きに乗って龍頭之滝下車、徒歩約1分