日光の歴史を楽しんだり、温泉やグルメを堪能しながら観光名所を巡る日光の観光情報誌

[2014年1月 更新]

神橋近辺・中禅寺湖付近・鬼怒川温泉の、クラシカル洋食グルメを味わう

「ハヤシライス」「ハンバーグ」「オムライス」「グラタン」など懐かしの洋食や、日光名物の「虹鱒のムニエル」を、日光の美しい景色と建物の中で優雅に食しょう!

「和風ハンバーグセット」&「ゆばグラタンセット」
カフェ&レストラン 匠 

明治時代にタイムスリップしたようなカフェは、国の登録有形文化財

日光に来たなら必ず通る「神橋」のたもとにある、なんともレトロな建物が「日光物産商会」。ここは明治後期に、日光金谷ホテルのおみやげショップとして建てられたものだった。昭和3年からはホテルから独立して、飲食店なども経営。リニューアルもあったが、今でも基本的に昔のままのインテリアを使い、明治時代の雰囲気を存分に残して営業していて、本館部分は国の登録有形文化財に指定されている。

この「日光物産商会」の二階部分にあたるのが、「カフェレストラン 匠」だ。レストランの部屋は、「ばらの間」「牡丹の間」「菊花の間」「あやめの間」など名前が付けられていて、木彫りの飾りのネームプレートが飾られている。実は明治36年に大火に遭い、建物が焼失してしまっているのだが、同38年に「どうせ立て直すなら」と、遊び心でいっぱいのインテリアにしたそうなのだ。どの部屋も趣向が違うし、まるで映画の1シーンに入りこんでしまったかのような気分にさせてくれる。

ここでオーダーしたいのが、人気ナンバーワンのメニュー「ゆばグラタンセット」だ。この土地の名産品ゆばをまるめて揚げて、水に1日浸して、3回油抜きして・・・、と手間を掛けたものを入れこんだもので、小海老やキノコとあわさり、豆乳を隠し味にしたトロトロのホワイトソースの食感と共に、絶大な人気を得ている。これにフレンチドレッシングを掛けたレタス、オニオンスライス、にんじんの千切りを加えたサラダが付く。

この「ゆばグラタンセット」はここ10年ほどの人気メニューだが、「あえてこの建物ではクラシカルなメニューを食してみたい」というなら、おすすめは「ハンバーグセット」だ。デミグラソースと和風ソースがチョイスできるが、大人気なのは「和風ソース」で、「ゆばグラタンセット」の次にオーダーが多い。しょうゆやみりんを使ってさっぱりさせながら、にんにくや生姜で味にインパクトと深みを出している。こちらにはにんじんのグラッセ、いんげんのソテー、ポテトのフリッターが添えられる。

いずれのセットも1575円で、金谷ホテルベーカリーの人気のパン、ぶどうパンとコッペパンが付く。ライスにチェンジすることも可だ。ドリンクは378円プラスで、珈琲か紅茶をオーダーできる。

このほかにもビーフステーキやハンバーグなど、昔懐かしい洋食のメニューがたくさん並ぶが、「時間がなくて」という方は、珈琲472円~、ケーキセット892円~などもあるので、是非少しの時間でも「匠」に立ち寄って、明治時代にタイムスリップしてみて欲しい。他では体験できないひとときを味わえるだろう。

●2月中旬から「あやめの間」にて「鉢石宿のおひなさま」展を開催。無料なので、是非見ていってください!

店一番の人気メニュー「ゆばグラタン」

「和風ハンバーグ 和風ソース」。コクがあるのに、さっぱりしているから食べ飽きない!

「ばらの間」。明治時代から使い続けている調度品が多いそう

二階から入っていくと、懐かしの看板が

日光物産紹介の二階部分が「匠」

店舗データ

【カフェレストラン 匠】
住所:栃木県日光市上鉢石町1024
URL:http://www.bussanshokai.com/
TEL:0288-54-1108
営業時間:カフェ10:00~、レストラン11:00~、ラストオーダー17:00頃まで
定休日:無

「ハヤシライス」明治の館

メイド姿のウェイトレスにお給仕される、大人のための「極上の洋食」

東照宮にお参りして神橋の近くまで戻ってきたら、あと5分ほど足を伸ばして、国登録有形文化財登録の「明治の館」に出掛けてみよう。ここは明治時代後期に建てられた、ジョージアン様式の洋館で、もとレコード会社「日本コロムビア」の前身をつくり、日本の「蓄音機の父」と呼ばれたアメリカ人、F・W・ホーンの別荘として使われていたものだった。

その後所有者は何度か変わっていったが、昭和52年に、当時の姿そのままに「明治の館」という名前の西洋料理店としてデビューすることとなった。入り口に入ると、黒のワンピースに白のエプロンを着けた、メイド姿をしたウェイトレスさんがお出迎えしてくれて、ちょっとドキドキさせられてしまう。

さてここでは昔懐かしい洋食のメニューがずらり揃うのだが、人気メニューベスト3は1位オムライス、2位ハヤシライス、3位ビーフカリーライスだ。1位のオムライスについては姉妹店の「遊晏山房」に譲ることとして、今回は2位のハヤシライス1890円を紹介してもらった。

ハヤシライスに掛けるのはデミグラソースだが、まずはシェフのこだわりで、小麦粉を色が変わるまでじっくり煎る。こうすることによって、隠し味としてほんのり苦みを出すことができるからだ。次に牛肉、牛骨、出し、野菜などを加えてフォンドボーを作る。その後は練炭を入れて火をかけっぱなしにして、なんと最低でも1週間は寝かせているのだ。その後はワインやトマトなどで味を整える。具にはタマネギ、マッシュルーム、牛肉を入れて、最後にグリーンピースで飾り付けする。見た目はいたってシンプル。なのに味わいは底なしに深く、濃厚な一品で、感動させられてしまう。

お米にもこだわりがあり、栃木の自慢、鹿沼のコシヒカリを使用。「極上の洋食」を味わうには、あまりにも完璧な組み合わせだといえよう。

さて食後の飲み物とスウィーツの、人気ナンバーワンについても、書いておこう。「明治の館の葡萄果汁」630円は当館のオリジナルで、甲州のベリーAをそのまま絞ったもの。スウィーツは「ニルバーナ」という名前のチーズケーキ525円だ。なぜニルバーナかというと・・・。このケーキの試作品を食べた坊さんが「まるで涅槃(ニルバーナ)にいったかのような錯覚に陥るような美味しさだ」と讃えたからだとか。

石造りの壁に囲まれた、美しい玄関

お店に入ると大勢のウェイトレスさんがお出迎え!

見た目はシンプルだけど、中は複雑な味の「ハヤシライス」!

一階の席

店舗データ

【明治の館】
住所:栃木県日光市山内2339-1
URL:http://www.meiji-yakata.com/
TEL:0288-53-3751
営業時間:11:00~、ラストオーダー19:30
定休日:無休

「オムライス」遊晏山房(ゆうあんさんぼう)

オムライスと共に味わう、大人のための贅沢時間

ホーン氏の別荘だった西洋料理店「明治の館」の裏に回って庭を歩くと、緑の中からもう1軒、小さな家が現れる。こちらはかつてホーン氏の別荘に勤めていたメイド達の家だったもの。現在は石造りの家を大幅にリノベーションして、平成12年から「明治の館」の別館として、より高級なレストランとして経営されている(建物は国登録有形文化財登録)。

建物自体はこじんまりとしているが、緑に囲まれた隠れ家的存在の趣き。インテリアはというと、この家の雰囲気にぴったり合うよう、窓のゆがみガラスや床のタイルは明治時代のものをそのままに、重厚な木製家具は北海道から取り寄せるなど徹底的なこだわりを見せている。食器類も多治見焼きの皿、ビイドロのグラスなど惜しみなくブランドものを使用。「本当のリュクス」というものを知りたい大人のための大人のレストランにふさわしい調度品揃いといえよう。

さて食事類はというと、こちらもリュクス! 手間ひま掛けた西洋料理を出す「明治の館」をさらにグレードアップさせている。特に自信を持っておすすめされるのが「オムライス」2100円だ。

デミグラソースの作り方については「明治の館」で語ってもらったが、こちらでは濃厚さを求めて3週間は煮込み続ける。ワインも調理用ではなく、ボルドーワインを使用するという贅沢さ。

卵は「明治の館」ではフワフワ感を求めるために、3個使用する。が、ここではやや硬めに仕上げたいため、2個使用する。なぜ硬めにするか・・・。ここから先は、行ってから実際知ってみたい人には読むのをストップして欲しい。実はこれは遊晏山房スタッフからお客様へのサプライズで・・・、なんと中から特選とちぎ和牛がゴロリと出てくるのだ!

贅沢を極めた「オムライス」。お皿は多治見焼きのもの

北九州のギヤマンのグラスで提供されるお水に、うっとり

「明治の館」の裏にひっそりと位置する

店舗データ

【遊晏山房(ゆうあんさんぼう)】
住所:栃木県日光市山内2339-1
URL:http://www.meiji-yakata.com/
TEL:0288-53-3751
営業時間:11:00~、ラストオーダー19:30
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

「虹鱒のムニエル シェ・ホシノ風」&「伊達鶏のロティ、ニンニクバター風味」
欧州浪漫館 シェ・ホシノ

素材と日本人好みの味にこだわった、本格的フランス料理

「シェ・ホシノ」とは、フランス語で「星野さんの家」という意味。館主の星野さんが「かつて中禅寺湖にあった、欧州の文化と香りが漂う古き良き時代を取り戻したい」という気持ちを込めて、伝説のシェフ音羽和紀氏の指導を仰ぎながら、イメージとメニューを練り上げて、平成3年に完成させたレストランだ。

レストランの建物は、これまた星野さんのこだわりを貫いた、南フランスの一軒家をイメージしたつくり。しかも中禅寺を目の前にできる、好立地だ。もちろん料理もフレンチがメイン。

中禅寺湖あたりは、夕食付きの旅館が多いとあって、お客さんはどうしてもディナーよりかは、ランチタイムが多くなる。人気のランチタイムのコースはみっつ。魚料理か肉料理のひとつを選び、パンとデザート、カフェが付いて2100円。それにアントレ1品を足すと2620円、2品を足すと3150円になる。
※ただしメイン料理で姫鱒を選ぶとプラス310円、とちぎ和牛を選ぶとプラス2400円、デザート盛り合わせを頼むとプラス210円

魚料理の人気ナンバーワンは「虹鱒のムニエル シェ・ホシノ風」だ。清滝の星野養鱒所から週3回仕入れているもので、バターとサラダオイルを合わせて焼き上げる。ソースは鶏のだしにお醤油を、バターとあわせて作る。なぜ醤油かというと、パンだけでなく、ご飯を希望するお客さんにも美味しく食べてもらえるように、という配慮からだ。隠し味にレモンが入っているから、とてもさっぱりした日本人好みのムニエルに仕上がっている。それにじゃがいものグラタンと、にんじんのグラッセを付け合わせにいただく。

肉料理の人気ナンバーワンは「伊達鶏のロティ、ニンニクバター風味」。伊達鶏をエルブ・ド・プロヴァンスと呼ばれる乾燥ハーブ(タイム、ローズマリー、ローリエ、セージ、イタリアンパセリ、エストラゴン)をまぶし、にんにくとオリーブオイルで焼き上げた上に、ズッキーニ、たまねぎ、トマト、ナス、パプリカで作った、南仏料理の定番ラタトィユソースを合わせたものだ。量はたっぷりあるけれど、さっぱりとしているから、女性でもあっという間に平らげてしまうだろう。

アントレは「温泉卵の生ユバ添え」「ヤシオマスのエスカベージュ」など5種類の中からチョイスする。この日は「本日のオードブル」で、「伊達鶏のパテ・ド・カンパーニュ」を出してもらった。これはフランス料理でおなじみの「田舎風ミートパテ」をアレンジしたもので、伊達鶏のレバー、モモ肉に豚の脂を挽き、タイム、パセリなどのハーブ類、タマネギ、生クリーム、ブランデーなどのほかにさらに鶏のだしを加えて練り上げマリネして蒸し焼きにしたもので、複雑な味わいを楽しめる。

これにシェ・ホシノ自家製のピクルスと、フランス語で「エギュイエット」と呼ばれる、低温調理した伊達鶏の胸肉にオリーブソースを掛けたものもひとくちずつ、いただくことができる。

最後のしめにはもちろん、デザート。本日のデザート、自家製シャーベットなど4種類の中から、本日は一番人気だという、「ゴマ風味のプリン」を迷わず選択。こちらはフランス料理でいう「ブラマンジェ」で、ブラマンジェはそもそもアーモンドの香りをミルクにうつして作るもの。シェ・ホシノでは、アーモンドの代わりにゴマを使ったところ、女性の間で大人気に。甘さは抑えめで、砂糖ではなくグラニュー糖を使用している。

このほかにもランチにはスパゲティやハンバーグのセットもあるし、ディナータイムは田舎道コース3360円、欧州浪漫コース6300円、ビストロコース4510円、わんぱくメニュー2100円なども。中禅寺湖まで来たら、是非立ち寄ってみて欲しいレストランだ。

「伊達鶏のロティ、ニンニクバター風味」

「虹鱒のムニエル シェ・ホシノ風」

アントレの「伊達鶏のパテ・ド・カンパーニュ」

「ゴマ風味のプリン」

中禅寺湖の真ん前に位置する、「シェ・ホシノ」

広々とした、開放的な内装

レストランから望む中禅寺湖

二階にはアンティークコレクションの数々が

店舗データ

【欧州浪漫館 シェ・ホシノ】
住所:栃木県日光市宮祠2478
URL:http://hitosara.com/0004008556/
TEL:0288-55-0212
営業時間:ランチタイム11:30~ラストオーダー15:00/ディナータイム18:00~ラストオーダー20:00
定休日:木曜 ※3月までは不定休日あり。7/20~8/31、10/10~11/3の間は無休