会津の歴史を楽しんだり、温泉やグルメを堪能しながら観光名所を巡る会津の観光情報誌

[2013年12月 更新]

「大内宿」の手焼きせんべい

「大内宿」の「山形屋」ではさまざまな種類の手焼きせんべいが売られていて、ついついいろいろな種類を買ってしまう。店頭で炭火焼きをする大判煎餅の「大内丸」は行列ができるほどの人気。

「大内宿」の手焼きせんべいイメージ

お土産・ショッピング

「手焼せんべい」山形屋

大内宿のちょうど真ん中あたりに位置する「山形屋」は、江戸時代の家屋を完全修復し、その姿を現代に蘇らせた情緒あふれる民宿だ。縁側や馬宿、坂戸、囲炉裏など、藩政時代にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな気分に浸ることができる。

宿泊はもちろん、そばや郷土料理などの食事が楽しめる食事処もあるし、お土産も買うこともできる。
なかでもおすすめなのが、炭を起こし、一枚一枚丁寧に焼く「手焼せんべい 大内丸」だ。
タレの濃さも選べるので、それぞれの味を食べ比べてみるのもおすすめ。

大きなせんべいを割って作る「割餅」を秘伝の醤油タレにつけ込んだ商品も数多く揃っている。こちらもタレの「一度づけ」「二度づけ」がある。

表面だけでなく、タレが中までしみ込んだ「ぬれかり餅」も人気が高い。
タレづけから乾燥までを4日がかりで、手間暇かけて作られるだけあり、リピーターも多いという。ひと袋に3種類のぬれかり餅が同梱されているので、自分好みを見つけてみよう。

ねぎ味噌、甘味噌、じゅうねん味噌、にんにくからしなど、味噌味のせんべいも各種取り揃えていて、どれもこれもまた美味。
それぞれにこだわりの味噌を調合し、1枚ずつ丹念に塗り込んで焼く味噌せんべいは、品切れになることも多いという人気ぶりなのだ。

どの手焼せんべいも地方発送を行っているので、お土産に持ち帰った後もお気に入りをお取り寄せできるのがうれしい。

お土産を買う前に、まずはぷーんと香ばしい薫りが漂う店頭で、大内宿ならではのいにしえの風情を堪能しながら、焼きたての一枚をいただこう。江戸時代の行商人、はたまた参勤交代の藩主の気分が味わえるかもしれない。

『割り餅せんべい(一度づけ)』140g 550円
『割り餅せんべい(二度づけ)』140g 580円
『ぬれかり餅』140g 550円
『味噌味せんべい』1枚 130円
『手焼きせんべい 大内丸』1枚 250円

その場で焼きたてが食べられる「大内丸」は行列ができるほどの人気

醤油にくぐらせて、焼く。この量で味の濃さを調整してくれる

香ばしい匂いが立ちこめる

海苔を巻いた大判の煎餅

濃い口、薄口、おこげなど、好みに応じて焼いてくれる

「山形屋」。食事処も人気が高い

「割餅正油」

ソース味はお好み焼きのソースのような味

「ぬれかり餅」と「大辛子」

「ぬれかり餅」は種類によって煎餅の硬さも違う

スポットデータ

【山形屋】
住所:福島県南会津郡下郷町大字大内字山本43
TEL:0241-68-2932