会津の歴史を楽しんだり、温泉やグルメを堪能しながら観光名所を巡る会津の観光情報誌

[2013年8月 更新]

「岩魚味噌(いよみそ)」

南会津郡檜枝岐村産のスグレモノお土産「岩魚味噌(いよみそ)」を紹介。檜枝岐村各所のほか、尾瀬沼近くの沼山峠や御池でも売られているよ。「岩魚味噌」ってなんだろう?

岩魚味噌(いよみそ)イメージ

お土産・ショッピング

「岩魚味噌(いよみそ)」

檜枝岐にはイワナの養殖場があり、そこでは尾瀬国立公園の帝釈山から湧き出る清流を引き込んで孵化から丁寧に育てている。
この「岩魚味噌」はそんな檜枝岐の大自然で育ったイワナを焼き、身を細かくほぐして会津の芳醇な味噌に混ぜこんだ、檜枝岐産の商品。第52回全国推奨観光土産品審査会『農林水産大臣賞』を受賞している。

うるち米を使った、檜枝岐村に古くから伝わる「ばんでいもち」にも使用されているもので、ひと瓶にイワナ1尾が入っている。

そのまま舐めるようにいただくと、会津の濃厚な味噌をそのまま味わえて日本酒にピッタリ。もちろん白ご飯に乗せて食べても格別。ネギを炒めてから「岩魚味噌」を和えても、おいしくいただける。
おかずとしても、つまみとしても、そして料理にアクセントを加える調味料としても重宝する逸品。
食通、酒好き、料理好きな人へのお土産におすすめ。

檜枝岐村の土産物屋や旅館など、各所で売られているし、檜枝岐村からバスで約60分の尾瀬沼への入口となる沼山峠や、その手前で一般車が行ける最終地の御池でも販売している。
檜枝岐村に宿泊し、御池まで来てそのまま帰る場合は、御池で購入するのがおすすめ。そうすれば檜枝岐村で途中下車せず駅まで行ける。

「岩魚味噌」(1050円)

檜枝岐村内の各所、御池、沼山峠で販売している

一般車が来られる最終地「道の駅 御池」。ここから沼山峠まではシャトルバスが30分に1本運行している

スポットデータ

【道の駅 御池】
住所:福島県南会津郡桧枝岐村字燧ケ岳1
URL:http://www.ozejin-yamagoya.jp/rest.html
営業時間:休憩所8:00~17:00(休日6:30~17:00)、食堂11:00~15:30